Blogブログ

書籍 完全版 Johnny Thunders/イン・コールド・ブラッド

『 Johnny Thunders/イン・コールド・ブラッド完全版』日本では長らく絶版だった伝記が、新たに日本版のみのテキスト、多数の写真も追加した新訳・完全版で20227月にリリースされた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Johnny Thunders(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「ニューヨーク・ドールズ」を経て、自ら率いる「ハーブレイカーズ」などで活動した。

ニューヨーク・ドールズ

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。ジョニーはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。翌年、2作目の『悪徳のジャングル』(ブログ)発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。

ハートブレイカーズ

ジョニーとジェリーは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでジョニーはリード・ボーカルも兼任する。間もなくリチャードが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。セックス・ピストルズと連れ立ってツアー(アナーキー・ツアー)も行っている。

ハートブレイカーズ解散後、ジョニーはロンドンに留まり、1978年に豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作ソー・アローン』を発表。

ソロ・ディスコグラフィー

1978『ソー・アローン』(ブログ) – So Alone

1983『イン・コールド・ブラッド』(ブログ) – In Cold Blood

1983年『ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー』-Diary of a Lover

1983年『ハート・ミーHurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『ケ・セラ・セラQue Sera Sera

1988『コピー・キャッツ』(ブログ) – Copy Cats with パティ・パラディン

19914月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。38歳。

2015年、生涯を追ったドキュメンタリー映画『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』が公開。

 

その他の作品

1991 『What Goes Around』(ブログ)

1992 『The First, The Last』(ブログ)(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』(ブログ)

1993『Live At Mothers』(ブログ)

2009 『Sticks & Stones』(ブログ)

2014  『Real Times EP』(ブログ)

2015  『Daddy Rollin Stone EP』(ブログ)

2015 live at the Village Gate』(ブログ)

2016 Vive La Revolution!(ブログ)

2019  Yonkers Demo Live 1975/1976

2020  『Que Sera Sera Resurrected』(ブログ)

2020『Johnny Thunders Complete Works』(ブログ)

2021 『Live In Osaka 91 & Detroit 80』(ブログ)

———————————————————————————————-

Johnny Thunders/イン・コールド・ブラッド完全版

初版と比べると、全編に渡って内容も写真も格段に充実した内容となっている。特に写真に関しては、これまで見かけたことのないモノも多くヴィジュアル的にも見応えのある一冊になった。この一冊でサンダースのキャリアが忠実に辿れると思う。

初版から今回の再発までの間に著者のアントニア女史は新たな関係者からの証言を随分丁寧に緻密に折り込んでいる。初版には無かった、サンダース最後の来日公演や亡くなるまでの足跡も丹念に書き込まれている。

特に胸に迫るのが盟友ジェリー・ノーランの証言。サンダースが日本へ向けて発つ前の、2人が過ごした一場面は涙なくしては読めないほどに心に深く刺さるシーンだ。

個人的に永らく疑問に思っていたのは、

1.キャリア後期のサンダースは何故ニューオーリンズに固執していたのか?

2.同じくキャリア後期、社会的なメッセージ性のある作品が増えたのはどのようなきっかけがあったからか?

などであるが、これらもその答えはこの本の中にある。

2022年でサンダースは生誕70年。サンダースやNYパンクを知らない若い世代にも是非目を通して欲しいと思う一冊である。

初版イン・コールド・ブラッドのブログはこちら初版 イン・コールド・ブラッド ブログ

Johnny Thunders/イン・コールド・ブラッド完全版 タワーレコード・オンライン

Johnny Thunders/イン・コールド・ブラッド完全版 Yahoo!ショッピング

関連記事