Blogブログ

Johnny Thunders & Patti Palladin/Copy Cats

このアルバムはジョニーサンダースのキャリアを語る上では取り上げられることが比較的少ない作品だと思う。僕も最初に購入して聴いた時は、全然ロックンロールじゃない、と思ったものだ。しかし、なかなかどうして、ずっと所有していてもサビない、飽きがこない好アルバムなのである。

もともとカバー曲を頻繁に取り上げるミュージシャンではあるが、本作は全曲がカバー曲。しかもオールディーズやR&Bなど、往年の名曲を集めたオールドスクールな作品だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Johnny Thunders(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「ニューヨーク・ドールズ」を経て、自ら率いる「ハーブレイカーズ」などで活動した。

ニューヨーク・ドールズ

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。ジョニーはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。翌年、2作目の『悪徳のジャングル』(ブログ)発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。

ハートブレイカーズ

ジョニーとジェリーは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでジョニーはリード・ボーカルも兼任する。間もなくリチャードが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。セックス・ピストルズと連れ立ってツアー(アナーキー・ツアー)も行っている。

ハートブレイカーズ解散後、ジョニーはロンドンに留まり、1978年に豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作ソー・アローン』を発表。

ソロ・ディスコグラフィー

1978『ソー・アローン』(ブログ) – So Alone

1983『イン・コールド・ブラッド』(ブログ) – In Cold Blood

1983年『ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー』-Diary of a Lover

1983年『ハート・ミーHurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『ケ・セラ・セラQue Sera Sera

1988『コピー・キャッツ』(ブログ) – Copy Cats with パティ・パラディン

19914月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。38歳。

2015年、生涯を追ったドキュメンタリー映画『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』が公開。

 

その他の作品

1991 『What Goes Around』(ブログ)

1992 『The First, The Last』(ブログ)(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』(ブログ)

1993『Live At Mothers』(ブログ)

2009 『Sticks & Stones』(ブログ)

2014  『Real Times EP』(ブログ)

2015  『Daddy Rollin Stone EP』(ブログ)

2015 live at the Village Gate』(ブログ)

2016 Vive La Revolution!(ブログ)

2019  Yonkers Demo Live 1975/1976

2020  『Que Sera Sera Resurrected』(ブログ)

2020 『Johnny Thunders Complete Works』(ブログ)

2021『Live In Osaka 91 & Detroit 80』(ブログ)

———————————————————————————————-

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先ず、アルバム全体通しての安定感、クオリティが素晴らしい。これは、本作でボーカルを務めつつプロデュース、ディレクターも兼任したパティパラディンの手腕だろうか。適度な緊張感を保ちつつエンタテイメントも忘れてないという、この匙加減がなかなか絶妙である。音もかなりキレイに録れてると思う。

それから、管楽器とパーカッションがアルバム全体に上手く配置されている。そのため、音に奥行き、深みが生まれギターアルバムでは作り得ない親しみやすさを演出している。

パックのメンバーは、クレジットによるとリズム隊は概ねパーマネントなメンバーがいて、パーカッションや管は曲により、数人が参加している形だ。

ほとんどの曲でギターを弾いているジョンペリーは僕も好きなオンリーワンズ、そこのギタリスト。この人のつぷれすぎてない(粒立ちの分かるコード感というか)ギターの音がとてもマッチしている。出過ぎないし引きすぎない、主役を立てるギタリストだ。ピッチ、タイム感も良い。ベースとドラムは華やかさはないが、タイトで安定していて悪くない。

6曲目のクロウフィッシュ(エルヴィスのカバー!)のみ盟友ジェリーノーランがドラムとビリーラスがベースを務めている。この曲はシングルで発売されてたようだから、先行シングル?この曲だけ録音された日も違うようだ。

因みに書いておくと、他にジョニーゆかりのミュージシャンはというと、バックボーカルでクリッシーハインド、ウェィンカウンティが数曲で参加している。

で、この作品の唯一僕が残念に思うところはと言えば、ジョニー本人のギターがほとんど(クレジットによると6曲目クロウフィッシュのみジョンペリーと共に記載されてる)入っていないことだ。これは何故なのか。ボーカリストに専念したかったのかな?もう少しギターを弾いて欲しかった。

それがこのアルバムにジョニー色を僕があまり感じなかった要因といえると思う。

更に、ボーカリストとしても、パティに完全に任せきりで一切歌っていない曲が数曲あるのだ。もちろん、当人たちも納得の上で、こういう仕上がりになったのだと思うのだけど。

とは言いつつも、このアルバムでのボーカリスト、パフォーマー、表現者としてのジョニーにはそれを補ってあまりある素晴らしさがある。

1〜2曲目の優しくメローな感じ。4や10のダンサブルな歌いっぷり。6、7のノワールさたっぷりの雰囲気。パティとの掛け合いもかなりいい調子で淀みがない。声色も使え分けたりして、あのヘロヘロ感をあまり感じない。何よりもイキイキと楽しんでいる気がするのだ。

パティパラディンも魅力的な声をしており、ボーカリストとして力量のある女性だと思う。可愛いし。今も活動してるのかな?

91年に亡くなったジョニーサンダース。彼のことが語られる時は大概ジャンキーだとか、ガラが悪いとかばかり書かれるのだけど、それだけじゃない。ビルボードにチャートインしてもおかしくないこんな芳醇で素晴らしい作品を残した優れたミュージシャンであることも覚えておきたいものである。

Johnny Thunders & Patti Palladin/Copy Cats

Copy Cats タワーレコード・オンライン

Copy Cats Yahoo!ショッピング

関連記事