Blogブログ

THE LIVING DEAD(JOHNNY THUNDERS)/THE FIRST, THE LAST

THE LIVING DEAD/THE FIRST, THE LASTジョニー・サンダースジ・オンリー・ワンズによるライブ・アルバムである。

Johnny Thunders(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「ニューヨーク・ドールズ」を経て、自ら率いる「ハーブレイカーズ」などで活動した。

ニューヨーク・ドールズ

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。ジョニーはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。翌年、2作目の『悪徳のジャングル』(ブログ)発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。

ハートブレイカーズ

ジョニーとジェリーは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでジョニーはリード・ボーカルも兼任する。間もなくリチャードが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。セックス・ピストルズと連れ立ってツアー(アナーキー・ツアー)も行っている。

ハートブレイカーズ解散後、ジョニーはロンドンに留まり、1978年に豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作ソー・アローン』を発表。

ソロ・ディスコグラフィー

1978『ソー・アローン』(ブログ) – So Alone

1983『イン・コールド・ブラッド』(ブログ) – In Cold Blood

1983年『ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー』-Diary of a Lover

1983年『ハート・ミーHurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『ケ・セラ・セラQue Sera Sera

1988『コピー・キャッツ』(ブログ) – Copy Cats with パティ・パラディン

19914月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。38歳。

2015年、生涯を追ったドキュメンタリー映画『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』が公開。

 

その他の作品

1991 『What Goes Around』(ブログ)

1992 『The First, The Last』(ブログ)(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』(ブログ)

1993『Live At Mothers』(ブログ)

2009 『Sticks & Stones』(ブログ)

2014  『Real Times EP』(ブログ)

2015  『Daddy Rollin Stone EP』(ブログ)

2015 live at the Village Gate』(ブログ)

2016 Vive La Revolution!(ブログ)

2019  Yonkers Demo Live 1975/1976

2020  『Que Sera Sera Resurrected』(ブログ)

2020 『Johnny Thunders Complete Works』(ブログ)

2021『Live In Osaka 91 & Detroit 80』(ブログ)

———————————————————————————————–

 

24Pにも及ぶブックレット(英字)。写真が多く豪華↑。

ここで紹介するのは、1978年2月18日にイギリス、ロンドンはSPEAKEASYでのライブ。(1stソロ・アルバム『SO ALONE』にとりかかる前のこと、当日のライブ2セットが2枚のディスクにコンパイルされている)。リヴィング・デッドというバンド名は当時、ジョニーがライブの際に使用していたモノで、メンバーは流動的だった。

[TRACK LIST]
CD1
1. PIPELINE
2. DEAD OR ALIVE
3. DADDY ROLLIN’ STONE
4. BE BOP A LULA
5. SUBWAY TRAIN
6. SO ALONE
7. (SHE’S SO) UNTOUCHABLE
8. STEPPING STONE
9. LEAVE ME ALONE
10. PIPELINE

CD2
1. DEAD OR ALIVE
2. DADDY ROLLIN’ STONE
3. BE BOP A LULA
4. SUBWAY TRAIN
5. SO ALONE
6. (SHE’S) UNTAUCHABLE
7. GREAT BIG KISS
8. PETER AND THE PETS
9. STEPPING STONE
10. LEAVE ME ALONE
11. PIPELINE
12. DOWNTOWN
13. DADDY ROLLIN’ STONE

ドールズ時代、ハートブレイカーズ時代の曲もあるが、ほとんどはソー・アローンに収録される曲である。ジョニーのバックを務めるのはあのTHE ONLY ONES。ジョニーはオンリー・ワンズとの活動継続を強く望んでいたし、オンリー・ワンズのメンバーも自身のバンドと並行しての活動ながら、献身的なバックアップをしていて感動的である。

名曲なのにあまり頻繁に演奏しない「デッド・オア・アライブ」や「アンタッチャブル」がこの時点で完成していて、瑞々しい演奏が聴けるのが嬉しい。それからオリジナル・ロックンローラー、ジーン・ヴィンセントの「ビー・バップ・ア・ルーラ」はジョニーの他のライブでは聴いたことのない、珍しいトラックである。

この作品が発売されたのは2008年、ということは録音されてから30年間も眠っていたということになる。ロンドン・パンクが吹き荒れた1978年2月の、スピーク・イージーの夜をそのまま真空パックしたような貴重なライブ・ドキュメントである。

関連記事