Blogブログ

JOHNNY THUNDERS & THE HEARTBREAKERS/VIVE LA REVOLUTION!(ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ/ヴィヴ・ラ・レヴォリューション)

『VIVE LA REVOLUTION!』

1977年12月、パリのバタクランで収録されたライブ・アルバム。2016年のレコード・ストア・ディにリリースされた。

JOHNNY THUNDERS

(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「NEW YORK DOLLS」を経て、自ら率いる「THE HEARTBREAKERS」などで活動した。

 

NEW YORK DOLLS

Personnel David Johansen – vo,hp   Johnny Thunders – gt,vo  Sylvain Sylvain – gt,vo  Arthur Kane – ba  Jerry Nolan – ds

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。サンダースはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『NEW YORK DOLLS』発表。翌年、2作目の『TOO MUCH TOO SOON』発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。解散後の1984年『RED PATENT LEATHER』リリース。

 

JOHNNY THUNDERS & THE HEARTBREAKERS DISCOGRAPHY

Personnel  Johnny Thunders – Vocals & GuitarWalter Lure – Guitar、Vocals、Billy Rath – Bass、Jerry Nolan- Ds

サンダースとノーランは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルアー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでサンダースはリード・ボーカルも兼任する。間もなくヘルが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、セックス・ピストルズ、クラッシュ、ダムドらとアナーキー・ツアーに同行。1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。

アルバム表記はリリース年順

1977 L.A.M.F

1979 『live at MAX’S kansas city』

1982 『D.T.K live at SPEAK EASY』

1986  『D.T.K.L.A.M.F』

1991 『What Goes Around』

1993 『Live At Mothers』

1994 L.A.M.F the lost ’77 mixes

2015 live at the Village Gate』

2016 Vive La Revolution!

2019『Yonkers Demo Live 1975/1976』

2021 L.A.M.F the found ’77 masters

 

SOLO DISCOGRAPHY

ハートブレイカーズ解散後、サンダースはロンドンに留まり、豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作『So Alone』を発表。

アルバム表記はリリース年順

1978『So Alone』 

1983『In Cold Blood』 

1983Diary of a Lover

1983Hurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『Que Sera Sera 

1988『Copy Cats』 with パティ・パラディン

1991 4月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。享年38歳。

1992 『The First, The Last』(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』

2009 『Sticks & Stones』

2014  『Real Times EP』

2015  『Daddy Rollin Stone EP』

2015Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』(ドキュメンタリー映画公開)

2020  『Que Sera Sera Resurrected』

2020『Johnny Thunders Complete Works』

2021 『Live In Osaka 91 & Detroit 80』

 

『VIVE LA REVOLUTION!』

A-1.ALL BY MYSELF、A-2.LET GO、A-3.CAN’T KEEP MY COCK IN YOUR MOUTH、A-4.I LOVE YOU、A-5.TOO MUCH JUNKIE BIZNESS

B-1.LONDON BOYS、B-2.GIVE HER A GREAT BIG KISS、B-3.BORN TO LOSE、B-4.ONE TRACK MIND、B-5.DO YOU LOVE ME

C-1.I WANNA BE LOVED、C-2.TAKE A CHANCE WITH ME、C-3.BABY TALK、C-4.CHINESE ROCKS

D-1.ALL BY MYSELF、D-2.GET OFF THE PHONE、D-3.I WANNA BABY LOVED、D-4.I LOVE YOU、D-5.GET OFF THE PHONE、D-6.GET OFF THE PHONE

(ジャケット裏の曲目リストは一部誤りで、上記リストが正しい配列)

レコードAC面は77年、ハートブレイカーズ唯一のオリジナル・スタジオ・アルバム『L.A.M.F』がリリースされた後の、パリのバタクランでのライブ。オリジナル・メンバーのドラムス、ジェリー・ノーランは脱退しており、ここでは後にクラッシュハノイ・ロックスでの活動で知られることになるテリー・チャイムスがドラムを担当している。

サンダースは調子も上々で、ルアー、ラスもいつも通り堅実な演奏である。件のチャイムスのドラムは、オカズの小技は巧みなところを聴かせるが、若干音が軽く、単調なのが残念なところ(準備期間が短かったのかもしれない)やはり、ノーランのドラムの音の太さ、グルーブ、スインギーな音の伸びがサンダースのギターにはマッチしているようだ。とはいえ、このメンバーを相手に、チャイムスはかなり貢献していると思う。

D面はL.A.M.F』のアウトテイク。こちらはドラムはもちろんノーランで、文句なしのプレイで楽しませてくれる。

この後ルアーとラスはサンダースと袂を分かつことになる。年が明けて78年からサンダースはソロ・アーティストとしてのキャリアを歩み始め屈指の名作『SO ALONE』を世に問うことになる。

『VIVE LA REVOLUTION!』YAHOO!ショッピング

関連記事