Blogブログ

JOHNNY THUNDERS & THE HEARTBREAKERS/LIVE AT MOTHERS

ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ最初期を捉えたライブ・アルバム『Live At Mothers』。

 

Johnny Thunders(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「ニューヨーク・ドールズ」を経て、自ら率いる「ハーブレイカーズ」などで活動した。

ニューヨーク・ドールズ

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。ジョニーはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。翌年、2作目の『悪徳のジャングル』(ブログ)発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。

ハートブレイカーズ

ジョニーとジェリーは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでジョニーはリード・ボーカルも兼任する。間もなくリチャードが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。セックス・ピストルズと連れ立ってツアー(アナーキー・ツアー)も行っている。

ハートブレイカーズ解散後、ジョニーはロンドンに留まり、1978年に豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作ソー・アローン』を発表。

ソロ・ディスコグラフィー

1978『ソー・アローン』(ブログ) – So Alone

1983『イン・コールド・ブラッド』(ブログ) – In Cold Blood

1983年『ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー』-Diary of a Lover

1983年『ハート・ミーHurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『ケ・セラ・セラQue Sera Sera

1988『コピー・キャッツ』(ブログ) – Copy Cats with パティ・パラディン

19914月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。38歳。

2015年、生涯を追ったドキュメンタリー映画『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』が公開。

 

その他の作品

1991 『What Goes Around』(ブログ)

1992 『THE FIRST, THE LAST』(ブログ)(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』(ブログ)

1993『Live At Mothers』(ブログ)

2009 『Sticks & Stones』(ブログ)

2014  『Real Times EP』(ブログ)

2015  『DADDY ROLLIN STONE EP』(ブログ)

2015 live at the Village Gate』(ブログ)

2016Vive La Revolution!(ブログ)

2019  Yonkers Demo Live 1975/1976

2020  『Que Sera Sera Resurrected』(ブログ)

2020 『Johnny Thunders Complete Works』(ブログ)

2021『Live In Osaka 91 & Detroit 80』(ブログ)

———————————————————————————————-

 

インナースリーブ↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LIVE AT MOTHERS

1、LOVE COMES IN SPURTS

2、CHINESE ROCKS

3、PIRATE LOVE

4、CAN’T KEEP MY EYES ON YOU

5、HURT ME

6、SO ALONE

7、NEW PLEASURE

8、BLANK GENERATION

1976年11月16日、まだ黄金期のメンバーが揃う前、リチャード・ヘルがベース+ヴォーカルの時の、ニューヨークはマザーズでのライブである。ドールズよりもシンプルでストレート、ギミックなしのいさぎよい演奏が聴ける。なんとなく緊張感が漂って感じるのは、すでにサンダースとヘルとの間で確執が生まれていたのだろうか。ラスが加入して以降のスピード、ドライブ感はないが、これはこれでカッコいいライブである。

演奏のテンポが全体的に遅いのはまだ良しとして、驚くのはジョニーのヴォーカル曲の少なさだ。ハートブレイカーズの曲はサビ部分は概ねユニゾンでコーラスなので、声はたびたび聴けるとしても、何せジョニーのリード・ヴォーカル曲が、3「パイレート・ラブ」と6、「ソー・アローン」のみである。あの名曲バラード、「ハート・ミー」さえもヘルのヴォーカルなのには最初はかなり驚いた。(もっとも、ヘルのヴォーカルが悪いわけではない)

リチャード・ヘルはベース・プレイヤーとしては物足りないところはあるが、パフォーマーとしては申し分ない。また、テレヴィジョンの前身バンドを作り、ハートブレイカーズの立ち上げに立ち合い、その後やっと自身のバンド、ヴォイドイズを結成した。割と早いテンポで良い詞、良い曲を書き、しかもその後も結構量産し続けている、才能のある人だと思う。このままこのバンドを続けていたなら、3人のフロント・マンは皆歌えるし(ハモれるし)、メンバーみんな作曲も出来るし、第2のビートルズも夢ではなかったろうにと本気で思う。(もっとも、ビリー・ラスの加入で演奏は圧倒的に素晴らしくなったのだけど)この頃のハートブレイカーズのことを某イギリスの音楽ライターが残した「現存する世界で1番カッコいいバンド」との称号は嘘ではないだろう。

Live At Mothers  Yahoo!ショッピング

関連記事