Blogブログ

書籍 初版 Johnny Thunders イン・コールド・ブラッド(ニーナ・アントニア著)

1988年に発刊された書籍『JOHNNY THUNDERS IN COLD BLOOD』/NINA ANTONIA

本書はニーナ・アントニア女史による、ジョニー・サンダースのルポルタージュである。ニューヨーク・ドールズからハートブレイカーズを経て、ソロ・アルバム『ケセラセラ』をレコーディングした頃までをカバーしてある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Johnny Thunders(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「ニューヨーク・ドールズ」を経て、自ら率いる「ハーブレイカーズ」などで活動した。

ニューヨーク・ドールズ

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。ジョニーはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。翌年、2作目の『悪徳のジャングル』(ブログ)発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。

ハートブレイカーズ

ジョニーとジェリーは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでジョニーはリード・ボーカルも兼任する。間もなくリチャードが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。セックス・ピストルズと連れ立ってツアー(アナーキー・ツアー)も行っている。

ハートブレイカーズ解散後、ジョニーはロンドンに留まり、1978年に豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作ソー・アローン』を発表。

ソロ・ディスコグラフィー

1978『ソー・アローン』(ブログ) – So Alone

1983『イン・コールド・ブラッド』(ブログ) – In Cold Blood

1983年『ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー』-Diary of a Lover

1983年『ハート・ミーHurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『ケ・セラ・セラQue Sera Sera

1988『コピー・キャッツ』(ブログ) – Copy Cats with パティ・パラディン

19914月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。38歳。

2015年、生涯を追ったドキュメンタリー映画『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』が公開。

 

その他の作品

1991 『What Goes Around』(ブログ)

1992 『The First, The Last』(ブログ)(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』(ブログ)

1993『Live At Mothers』(ブログ)

2009 『Sticks & Stones』(ブログ)

2014  『Real Times EP』(ブログ)

2015  『Daddy Rollin Stone EP』(ブログ)

2015 live at the Village Gate』(ブログ)

2016 Vive La Revolution!(ブログ)

2019  Yonkers Demo Live 1975/1976

2020  『Que Sera Sera Resurrected』(ブログ)

2020『Johnny Thunders Complete Works』(ブログ)

2021 『Live In Osaka 91 & Detroit 80』(ブログ)


『JOHNNY THUNDERS IN COLD BLOOD』

全編220ページに及ぶノンフィクション(うち写真はおよそ20点ほど) サンダース本人及び周辺の人物への綿密な取材を基に構築された、彼の波乱の足跡を辿る文章で、大変読み応えのある一冊となっている。

最初のページ、この写真だけはカラー↑

当時のフライヤー↑

ニューヨーク・ドールズ時代。サンダースのキャリアのスタートとなるこのバンドは残念ながら、実質数年しか活動していない。この頃の破天荒なエピソードや、メンバーへのインタビューも掲載されている。最大の謎は初代ドラマー、ビリー・マーシアの死についてであるが、このことについても真相は明らかにはされないが、かなり突っ込んだ取材がされている。またグループ崩壊寸前、ドラムのノーランとサンダースが脱退する場面も生々しく記述されている。

ハートブレイカーズ時代!何度も再結成されるものの、このオリジナル・メンバーによる本物の勢いのある期間は、バンド結成からほんの数年。結果ここでもサンダースは、グループが長続きしないという不運につきまとわれる。事あるごとに取り沙汰されるグループ唯一のスタジオアルバム”L.A.M.F”のミックスを巡っての、メンバーそれぞれの意見の相違が興味深い。また、倒産したトラック・レコードから(合法的に)マスター・テープを奪いにいくストーリーを語るクリストファー・ギーケ(当時のサンダースのマネージャー)のインタビューが真に迫っている。

1977年、凱旋ライブのCBGBでデビー・ハリーと↑

↑1stソロ・アルバム『SO ALONE』のジャケット撮影時のワン・ショット。(この写真は当時は採用なれなかったが、2018年リマーカブルからリリースされた『SO ALONESOME』のジャケットとして使用された)

ソロになってからは、前述したハートブレイカーズをはじめ、様々なミュージシャンがサンダースのバックを務めることになる。そういったミュージシャンへのインタビューも数多く、それぞれのジョニー・サンダース観が興味深く綴られていく。

最初の奥様?ジュリーとジュニアと。

音楽ファンでなくとも、ノンフィクション作品として、充分に楽しめる作品となっている。現在絶版になっているようで、なかなか出会えないかもしれないが、本書と、コンプリートワークスで、サンダースのキャリアは概ね把握出来ると思うので、もし目にする機会があれば是非手に取ってみてほしい。

関連記事