Blogブログ

JOHNNY THUNDERS(ジョニー・サンダース)/REAL TIMES EP

201411 BLACK FRIDAY/RECORD STORE DAYに発売された限定商品、未発表ヴァージョン10インチ盤。

 

    —————————————————————————————

Johnny Thunders(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)

シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「ニューヨーク・ドールズ」を経て、自ら率いる「ハーブレイカーズ」などで活動した。

ニューヨーク・ドールズ

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。ジョニーはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。翌年、2作目の『悪徳のジャングル』(ブログ)発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。

ハートブレイカーズ

ジョニーとジェリーは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでジョニーはリード・ボーカルも兼任する。間もなくリチャードが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。セックス・ピストルズと連れ立ってツアー(アナーキー・ツアー)も行っている。

ハートブレイカーズ解散後、ジョニーはロンドンに留まり、1978年に豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作ソー・アローン』を発表。

ソロ・ディスコグラフィー

1978『ソー・アローン』(ブログ) – So Alone

1983『イン・コールド・ブラッド』(ブログ) – In Cold Blood

1983年『ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー』-Diary of a Lover

1983年『ハート・ミーHurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『ケ・セラ・セラQue Sera Sera

1988『コピー・キャッツ』(ブログ) – Copy Cats with パティ・パラディン

19914月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。38歳。

2015年、生涯を追ったドキュメンタリー映画『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』が公開。

 

その他の作品

1991 『What Goes Around』(ブログ)

1992 『The First, The Last』(ブログ)(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』(ブログ)

1993『Live At Mothers』(ブログ)

2009 『Sticks & Stones』(ブログ)

2014  『Real Times EP』(ブログ)

2015  『Daddy Rollin Stone EP』(ブログ)

2015 live at the Village Gate』(ブログ)

2016 Vive La Revolution!(ブログ)

2019  Yonkers Demo Live 1975/1976

2020  『Que Sera Sera Resurrected』(ブログ)

2020 『Johnny Thunders Complete Works』(ブログ)

2021『Live In Osaka 91 & Detroit 80』(ブログ)

———————————————————————————————-

 

この4曲入りEP78年にリリースされたジョニー・サンダース1stソロアルバムSO ALONEのアウトテイク集。

78年の録音、STEVE LILLYWHITEJOHNNY THUNDERSの共同プロデュース作。

バックを固めるのはEDDIE AND THE HOT RODSPAUL GRAYSTEVE NICOL

4ページ・フォールドアウト・20″x10″ポスター、ライナーノーツ、ダウンロード・コード付の豪華な内容。

なんといっても、録音から約35年経過しての未発表音源のリリースということで、ファンとしては感激以外のなにものでもないのではないだろうか。

上記の通り、基本的にジョニー含め3人での録音。ソー・アローンではピストルズ組がバックを務めているトラックのホットロッズ版といったところか。

ギターのオーバーダブはほとんどなく、シンプルで豪放なジョニーのギターとボーカルが純粋に楽しめるトリオ・スタイルでの4曲。

A-1 LEAVE ME ALONE

楽器の音数では、当然分が悪いのだけど、バック2人の演奏のタイトさ、迫力はオリジナル・バージョンにもひけを取らないのではなかろうか。なによりもジョニーのボーカルにガッツと熱が感じられる好演、世に出て良かったと心から思える1曲です。

A-2 GREAT BIG KISS

ジョニーのギターのイントロに導かれて始まるジョニー・ファンお馴染みのオールディーズ・ナンバー。このセッション全体に言えることだが、ジョニーのギターの音が凄く良い。それからハネたリズムの中で縦横無尽に泳ぐポール・グレイの硬質なベースも、トリオであるが故に成立する音なのかもだけど、カッコいい。オリジナルでのパティ・パラディンとのスポークン・ワードの絡みは当然ジョニー1人で演じる形なのだけど、語りのセンスもある人だったのだなあと今さらながら思う。

B-1 PIPELINE

イントロはジョニーのギターからではなく、珍しくスティックでカウントが入るファンお馴染みのインスト・キラー・ナンバー。演奏は概ねいつも通り。ここでもポール・グレイのベースはギラギラで好きな人はハマる音でしょう。スティーブ・ニコルのドラムもおかず部分などタイトでパワフルで申し分ない。ホットロッズ、流石である。

B-2 LONDON BOYS

オリジナルに比べてテンポがやや遅めで重めタイトな演奏。ギター・ソロの箇所のみオーバーダブしてあるのかな?ソロ自体も特にギミックなくいつもの感じ。ジョニーのボーカルがA面ほど覇気、元気が感じられずそこがちょっと残念だけど悪くない。

亡くなって今となっては30年が過ぎるというのに、こうして新譜がリリースされ続けているジョニー・サンダース。本作は前述したようにオーバーダブは最小限で、未完成といえばそうなのだけど、こうして未発の作品に出会えたことを心から嬉しく思うし、こういう状況がこれからも続いて欲しいものです。

関連記事