Blogブログ

JOHNNY THUNDERS(ジョニー・サンダース)/SO ALONE

1978年発表のジョニー・サンダースの1stソロ・アルバム。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Johnny Thunders(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「ニューヨーク・ドールズ」を経て、自ら率いる「ハーブレイカーズ」などで活動した。

ニューヨーク・ドールズ

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。ジョニーはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。翌年、2作目の『悪徳のジャングル』(ブログ)発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。

ハートブレイカーズ

ジョニーとジェリーは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでジョニーはリード・ボーカルも兼任する。間もなくリチャードが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。セックス・ピストルズと連れ立ってツアー(アナーキー・ツアー)も行っている。

ハートブレイカーズ解散後、ジョニーはロンドンに留まり、1978年に豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作ソー・アローン』を発表。

ソロ・ディスコグラフィー

1978『ソー・アローン』(ブログ) – So Alone

1983『イン・コールド・ブラッド』(ブログ) – In Cold Blood

1983年『ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー』-Diary of a Lover

1983年『ハート・ミーHurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『ケ・セラ・セラQue Sera Sera

1988『コピー・キャッツ』(ブログ) – Copy Cats with パティ・パラディン

19914月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。38歳。

2015年、生涯を追ったドキュメンタリー映画『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』が公開。

 

その他の作品

1991 『What Goes Around』(ブログ)

1992 『The First, The Last』(ブログ)(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』(ブログ)

1993『Live At Mothers』(ブログ)

2009 『Sticks & Stones』(ブログ)

2014  『Real Times EP』(ブログ)

2015  『Daddy Rollin Stone EP』(ブログ)

2015 live at the Village Gate』(ブログ)

2016 Vive La Revolution!(ブログ)

2019  Yonkers Demo Live 1975/1976

2020  『Que Sera Sera Resurrected』(ブログ)

2020 『Johnny Thunders Complete Works』(ブログ)

2021『Live In Osaka 91 & Detroit 80』(ブログ)

———————————————————————————————-

 

これまでこのブログで既にいくつか取り上げている、フェイバリット・ミュージシャンの1人、ジョニー・サンダース、彼の最高傑作ともいえる隠れた名盤“SO ALONE”。まずは、このジャケット、インナー・スリーブのカッコ良さにしびれて下さい。

ここに来るまで、バンドとしては何枚かのアルバムを発表してはいるものの、つねに不運がつきまとい、心から満足な仕上がりの作品が無かった彼にとって、ようやく納得のいくモノに仕上がった初めてのアルバムが本作である。

10曲のうち、半分はドールズ、ハートブレイカーズ時代から演奏していた曲。実質的な新曲は少ないが、これまで演奏してこなかったハートフルなバラードにトライしていること、全編に漲る熱意はこれ以降のアルバムとは比べものにならないほどである。(と言うとちょっと言い過ぎか)

またジョニーを支えるメンバーの活躍が素晴らしいので、そこを強調したい。ざっくりとした言い方ではあるが、このアルバムは結果的には3つのバックバンドがジョニーを支えた作りになっている。

A:スティーブ・ジョーンズ(ギター、ポール・クック(ドラムスフィル・ライノット(ベース)

スティーブ・ジョーンズとポール・クックはセックス・ピストルズ、フィル・ライノットはシン・リジィのベース+ボーカル。

B:ピーター・ペレット(ギター、ヴォーカルマイク・ケリー(ドラムスポール・グレイ(ベース)

ピーター・ペレットとマイク・ケリーはオンリーワンズ、ポール・グレイはエディ&ザ・ホットロッズ。

C:ポール・グレイ(ベーススティーブ・ニコル(ドラムス)

2人ともエディ&ザ・ホットロッズ。

この3つのバンドをベースに管、鍵盤、コーラスなどが曲によってプラスされる。

収録曲

1 Pipeline

Aのメンバーとジョニーの4人ががっつり組んでタイトに仕上げた強烈なインスト・チューン。

2 You Can’t Put Your Arms Round A Memory

Bのメンバーとジョニーの4人。かねてからピーター・ペレットはジョニーにもっとスローな曲を積極的に演るよう進言していたそう。ボブ・ディランも絶賛したと言われる、ジョニーを語る上では外せないバラード。サビ部分のコーラスは感動的。

3 Great Big Kiss

Aのメンバーにジョニー、ハートブレイカーズ時代からのウォルター・ルアー(ギター)とビリー・ラス(ベース)、プロデューサーのスティーブ・リリーホワイト自らプレイするピアノ、などが加わるカラフルな演奏。

4 Ask Me No Questions

B+ジョニーの4人による優しいスロー・ナンバー。ピーター・ペレットのコーラスがとても合っている。話が少し逸れるがジョニーはオンリーワンズ(ギターのジョン・ペリー抜き)をバックバンドに演奏していた時期がある(リビング・デッド名義でCDも出ている)ジョニーはこのフォームでの演奏がいたく気に入っていたようで、再三ピーター・ペレットに正式に一緒に活動することを依頼していたようだ(もっとも、オンリーワンズ側は自分たちの活動をメインにしたいという理由で、この案は叶わなかったそうだか)このザ・リビング・デッド唯一のアルバム“THE FIRST THE LUST”についてもいつか書きたい。

5 Leave Me Alone

Aのメンバー+ジョニーの4人。この曲はジョニーが以前から歌っていた曲で、当然のことながら演奏はこなれている。ハートブレイカーズの演奏ももちろん良かったが、このメンバーでの演奏もかなりタイトで文句なくカッコ良く、聴きごたえがある。

6 Daddy Rollin’ Stone

Aのメンバー、ジョニーに加えてスティーブ・マリオットがコーラス、ピアノ、ハープで参加したミディアム・チューン。時々このスティーブ・マリオットの参加について否定的なレビューを見ることがあるのだけど、僕はそんなに悪くないと思う。イントロのブルージーなフレーズ、歌の合間に入るハープなど、このアルバムをより深みのあるモノにした1曲だと認識しています。ピストルズの2人も熱演していて、なかなか力量のある人たちです。

7 London Boys

A3人とジョニーのシンプルな演奏。この曲はピストルズの曲ニューヨークへのアンサー・ソング、とか。演奏はもちろん申し分ない。余談ですが、ジョニーはシド・ヴィシャスも加えた元ピストルズの3人とニュー・バンド(ジョニー・サンダース・レヴェル)結成、という話もあったようだが、こちらも立ち消え。実現していればどうなっていたのだろうか。

8 [She’s So] Untouchable

Bにジョニーとジョン・アイリッシュ・アールのサックスが加わるスタイルでの演奏でジョニーオリジナルの曲。切ないメロディーのバラード。サックスで厚みのある音になり、ピーター・ペレットの控えめな澄んだトーンのギターも良く効いている。プルージーなサックスがかなり良い。

9 Subway Train

前曲8のメンバーに加えてクリッシー・ハインドやパティ・パラディンがコーラスに加わる、ニューヨーク・ドールズでプレイされていたミディアム・チューン(ドールズの1stに収録)

10 Downtown

Cのメンバーとジョニーの3人。ボトムの低い重めのトラック。ギミックなしのストレートな演奏に好感が持てる。このエディ&ザ・ホットロッズの組み合わせは”REAL TIMES EP”という4曲入りの10インチ盤で聴くことが出来る。こちらも痛快なカッコ良さなので、またいつか紹介したいと思います。

 

So Alone Yahoo!ショッピング

関連記事