Blogブログ

Johnny Thunders/Que Sera Sera (ケ・セラ・セラ)Resurrected

完全に生まれ変わっている!

———————————————————————————————

Johnny Thunders(ジョニー・サンダース1952715-1991423日、アメリカ)シンガー・ソングライター、ロックンローラー。パンク・ロックに多大なる影響を与えたニューヨーク・アンダーグラウンド・ロック・アーティストの一人。「ニューヨーク・ドールズ」を経て、自ら率いる「ハーブレイカーズ」などで活動した。

ニューヨーク・ドールズ

1971年、デヴィッド・ヨハンセン等と共にニューヨーク・ドールズ結成。ジョニーはリード・ギターを務めた。1973年デビュー・アルバム『ニューヨーク・ドールズ』発表。翌年、2作目の『悪徳のジャングル』(ブログ)発表。1975年、日本公演直前にジョニーとジェリー・ノーラン(ドラムス)はニューヨーク・ドールズを脱退。

ハートブレイカーズ

ジョニーとジェリーは、元テレビジョンのリチャード・ヘル(ベース)とウォルター・ルー(ギター)と共にジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズハートブレイカーズ)を結成。ここでジョニーはリード・ボーカルも兼任する。間もなくリチャードが脱退し、ビリー・ラスを後任に迎える。バンドはロンドンに渡り、1977年に唯一のオリジナル・アルバム『L.A.M.F. を発表。セックス・ピストルズと連れ立ってツアー(アナーキー・ツアー)も行っている。

ハートブレイカーズ解散後、ジョニーはロンドンに留まり、1978年に豪華ゲストが大挙参加したソロ・デビュー作ソー・アローン』を発表。

ソロ・ディスコグラフィー

1978『ソー・アローン』(ブログ) – So Alone

1983『イン・コールド・ブラッド』(ブログ) – In Cold Blood

1983年『ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー』-Diary of a Lover

1983年『ハート・ミーHurt Me アコースティック・ギター弾き語り作品

1985年『ケ・セラ・セラQue Sera Sera

1988『コピー・キャッツ』(ブログ) – Copy Cats with パティ・パラディン

19914月、4度目の来日公演後、423日、ニューオーリンズのホテルで死亡、死因はオーバー・ドーズとも言われてるが、真相は謎に包まれている。38歳。

2015年、生涯を追ったドキュメンタリー映画『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』が公開。

 

その他の作品

1991 『What Goes Around』(ブログ)

1992 『The First, The Last』(ブログ)(The Living Dead名義)

1992『Living Dead The All Stars featuring Johnny Thunders』(ブログ)

1993『Live At Mothers』(ブログ)

2009 『Sticks & Stones』(ブログ)

2014  『Real Times EP』(ブログ)

2015  『Daddy Rollin Stone EP』(ブログ)

2015 live at the Village Gate』(ブログ)

2016 Vive La Revolution!(ブログ)

2019  Yonkers Demo Live 1975/1976

2020  『Que Sera Sera Resurrected』(ブログ)

2020 『Johnny Thunders Complete Works』(ブログ)

2021『Live In Osaka 91 & Detroit 80』(ブログ)

———————————————————————————————-

 

1985年に発売されたアルバム「ケ・セラ・セラ」がリミックスによって、生まれ変わった。ただ音質が良くなったとかいうレベルではなく、本当に生まれ変わった!

ライナーノーツのアラン・ハウザー氏によると、レコーディングされたものの使われていなかった音源を追加するというプロジェクトがそもそもの始まりだったよう。

元ヴァイブレーターズで現スタジオ・オーナーのパット・コリアー氏に数曲のリミックスを頼んだところ、その仕上がりがあまりに素晴らしかった。オリジナル・アルバムが潜在的な能力を十分に発揮していないことが分かり、全曲リミックスしよう!ということになったのだそう。

ライナーノーツはフォト満載でとても豪華↑

同じくインナーにはジョニー本でお馴染みのニーナ・アントーニアさんの手記があり触れてあるのだけど、この頃って音楽業界的にもジョニー個人にも色々あり過ぎて、良くないことが重なって大変だったよう。こういった背景にも踏み込んでいてとても興味深い読み物となっている。

さて、音源のことを語るとリザレクティッド盤は、低音がしっかり出て、ジョニーのギターも爆音になって、オリジナル盤より賑やかに、ロック色が明らかに濃くなっていて想像以上の仕上がり。断然カッコよくなっている。またアルバム未収録でシングルで発売された表題曲やジェリー・ノーラン作のカウントダウン・ラブなど聴きどころ満載。

加えて、この時期の未発表だったヨーロッパでのライブのディスク1枚、更にオリジナルのディスクもちゃんと付けてくれていて、生まれ変わり盤と合わせて計3枚と気配りもとても嬉しいボリューミーな作品。

ライブ・ディスクはジェノバ(これはスタジオ音源?)が1〜6、アムステルダムが7〜13、リヨンが14〜18曲目。

メンバーはブラック・キャッツの2人、Keith Yon(ベース)、 Tony St Helene(ドラム)がリズム隊として、古い曲でも、なかなか骨太でタイトな演奏で頑張っている。

気になるギタリストはジェノバがHenri Paul、アムステルダムがMatt Kellett、リヨンがMichael  Thimrenの3人。ヘンリー・ポールはジョニーとたびたび一緒にやってるから分かるけど、あとの2人は分からない。音質、演奏の内容ともにヘンリー・ポールと演ってる6曲がベストかなと思う。

きっとジョニーも天国で喜んでいる1枚です。

Que Sera Sera Resurrected  タワーレコード・オンライン

Que Sera Sera Resurrected  Yahoo!ショッピング

関連記事