Blogブログ

PRIMAL SCREAM/RIOT CITY BLUES(プライマル・スクリーム/ライオット・シティー・ブルース)

 

『Riot City Blues』

通算8枚目、2006リリース、プライマル史上、また2000年以降で最高のロックンロールアルバム

 

 

プライマルスクリーム  

プライマル・スクリームは1982年にスコットランドのグラスゴーでボビー・ギレスピーとジム・ビーティによって結成されたロックバンドである。 プライマル・スクリームはその長きにわたる活動の中で、音楽性を多分に変化させてきており、アルバム毎にかなり趣向が変わるのが特徴である。

ヒストリー

1984年、バンドはクリエイション・レコーズと契約し、ビーティが作り出す12弦ギターの音色が特徴的な「オール・フォール・ダウン」、「クリスタル・クレッセント」というシングル2枚を発売した。(レビューには、しばしザ・バーズ、スモール・フェイセズなどが引き合いに出され )

1987年、ファーストアルバム『ソニック・フラワー・グルーブ』を発売。メディアの高い評価とは裏腹に商業的な成功は収められなかった。

1989年に発売されたセルフタイトルのセカンドアルバム『プライマル・スクリーム』は、ガレージ色の濃いアルバムとなった。アルバムはインディチャートでトップとなる。

1991年「ローデッド」を含むバンドの出世作『スクリーマデリカ』発売。アルバムは50万枚のヒットを飛ばした。

1994年、70年代中期のローリング・ストーンズを模倣したような内容の『ギブ・アウト・バット・ドント・ギブ・アップ』発売。

1997年「コワルスキー」を先行シングルに、『バニシング・ポイント』発売。ダブの影響が色濃い作風となった。『バニシング・ポイント』は1971年アメリカで公開されたロード・ムービーで公開から年月が経った当時でもカルト的な人気を持っていた。アルバムタイトルはこの映画から採られたもので、「コワルスキー」はこの映画の主人公の名前である。同曲中には映画の中から取られた台詞、音声がいくつもサンプリングされている。

同年10月にはエイドリアン・シャーウッドによるダブ・リミックス・アルバム『エコー・デック』発売。

0001月に発売された『XTRMNTR(エクスターミネーター)』はクリエイション・レコーズ最後のアルバムとなった。今までにない政治的姿勢を打ち出した攻撃的な歌詞が並んだ。売り上げはさほど伸びかったものの、多数のメディアから好意的なレビューを贈られた。

2002年「ミス・ルシファー」を先行シングルに『イーブル・ヒート』発売。前作の路線を継承しつつパンクっぽさは減った。

20066『Riot City Blues 』(ブログ)発売。近作のエレクトロニクス路線から大きく転換したストレートなロックンロール・アルバムになった。

20087月、Bユニークレーベル移籍後第1弾となるアルバム『ビューティフル・フューチャー』発表。

2013年、イグニッション・レコードから5年ぶりのスタジオ・アルバム『モア・ライト』リリース。同アルバムではジェイソン・フォークナー(元ジェリーフィッシュ)大部分の曲でベースを弾いた。

2016年『カオスモシス』リリース。

2018年10月『Give Out But Don’t Give Up: The Original Memphis Recordings』(ブログ)

リリース。                    

2019年『Maximum Rock & Roll The Singles vol.1』(ブログ)『Maximum Rock & Roll The Singles vol.2』(ブログ)リリース。

2021年『Riot City Blues Sessions』(ブログ)リリース。

 

 

『Riot City Blues』

1.Country Girl、2.Nitty Gritty、3.Suicide Sally & Johnny Guitar、4.When The Bomb Drops、5.Little Death、6.The 99th Floor、7.We’re Gonna Boogie、8.Dolls、9.Hell’s Comin’ Down、10.Sometimes I Feel So Lonely

 

1,Country Girl

イギリスで5位のスマッシュヒットを記録したオープニングナンバー。アンドリューイネスの弾くマンドリンが意外だが曲によくマッチしている。プロモーションビデオも相当カッコいい。

2 ,Nitty Gritty

ちょい横のルーズでグルーヴィーなナンバー。ボビーのボーカルがブルーノートの音階で、いかにもブリティッシュビートって感じで、黒っぽくてグッとくる!

3 ,Suicide Sally & Johnny Guitar

なんともカッコいいタイトル、曲ものっけから超ハイテンションのガレージ、舌足らずなボビーの声もイカしたパンクナンバー!

4 ,When The Bomb Drops

この曲にはなんとエコー&ザ・バニーメンのギタリスト、ウィル・サージェントがリードギターで参加したミディアムナンバー。これまでのプライマルにはないサイケな浮遊感漂う音色が新しく感じる。

5, Little Death

スローナンバー。この曲も上記のウィルがギターで参加している。歌詞カードがないので意味は分からないが、ちょっと重いテーマなのだろうか。

6, The 99th Floor

気持ち良いハープが引っ張るアップテンポなガレージっぽさも全面に出たブルースナンバー。カッコいいとしかいいようがない。

7 ,We’re Gonna Boogie

これは現代版チェスレコーディングみたいな雰囲気のブギーナンバー。ジョン・リーみたいにワンコードで引っ張る曲。こういう曲は実は非常に難しい。ライナーによるとハープはメンバーが吹いてるみたい。

8, Dolls

ストーンズというよりタイトル通りニューヨークドールズばりの横ノリロックンロール。なんだけど、要所要所にパンクっぽさがあって飽きない。パンク以降のバンドはルーズさもほどほどで気持ち良い。アリソンモシャート(ザ・キルズ/このバンドも僕が大好きなバンドの一つだ!)のバッキングボーカルもGoo!

9 ,Hell’s Comin’ Down

バイオリン(フィドル?)が入った軽快なアイルランドフレーバー漂う曲。バックボーンの深さを感じます。     

10 ,Sometimes I Feel So Lonely

オリジナルアルバムではラストを飾るスローナンバー。オルガン、マンドリン、ハープ、女性コーラスが入ったゴスペルっぽい穏やかな曲。

Bonus Track

11 ,Stone Ta To The Bone

スライドギターがグイグイくるブギーナンバー。7とは真逆でボトムが低く重い音なんだけど、テンポは軽快なワンコードブルース。

12 ,Gimmie Some Truth

ジョンレノンのカバー。70年代の初期UKパンクバンドみたいなダイナミックな音で、もちろんカッコよろしく文句なし。ギターの音がいいー。

13 ,Suicide Sally & Johnny Guitar

これは3のライブバージョン。爆音で楽しみたい。

『Riot City Blues』 TOWER RECORDS ONLINE

『Riot City Blues』YAHOO!ショッピング

『Riot City Blues』楽天

関連記事