Blogブログ

Mink DeVille/Where Angels Fear To Tread(ミンク・デヴィル/ ホエア・エンジェルス・フィア・トゥ・トレッド)

『Where Angels Fear To Tread』

Where Angels Fear to Tread 』は、Mink DeVille による 5 thアルバム。1983年にリリースされたこのアルバムは、ミンク・デヴィルがアトランティック・レコードに残した2枚目のアルバムである。

Mink DeVille

Willy DeVille/ウィリー・デヴィル(William Paul BorseyJr 1950年8月25日– 2009年8月6日)コネチカット州スタンフォード 生まれ。、 アメリカのシンガーソングライター。Mink DeVille(1974–1986)のリード・ヴォーカル兼ギタリストとして活躍。バンド解散後はウィリー・デヴィル名義でソロ・アーティストとして活動する。デヴィルの曲は、ラテン、ブルース、R&R、ドゥーワップ、ケイジャン、キャバレー、ソウル・ミュージックをベースにしており、端正でエモーショナルなその音楽はロマンティック・ソウルと評されることもある。2009年8月6日に膵臓癌のため死去。享年56歳。マークノップラー、ピーターウルフ、ボブ・ディランなど彼を敬愛するアーティストも数多く、所謂ミュージシャン’ズミュージシャンでもある。

Mink DeVille album discigraphy

Mink DeVille(1974–1986)はニューヨーク・パンクの発祥の地として知られるナイトクラブ”CBGBの”ハウスバンドとしてスタートした。(当時の音源はバンドが3曲を寄稿したバンドのコンピレーションアルバムである『Live atCBGB’s』で聴くことが出来る)バンドは 1977 年から 1985 年にかけて 6 枚のアルバムをリリース。フロントマンのウィリー・デヴィルを除いて、バンドのオリジナル・メンバーは最初の 2 枚のアルバム のみである。メンバーはアルバム・リリースを重ねるごとに変わっていき、ほぼデヴィルのワンマン・バンドだったと言える。CBGBを根城にしていたことからパンク・バンドと思われがちだが、非常にタイトなプレイをする良質なR&R、R&Bのグループである。

197CABRETTA(ブログ)

1978 RETURN TO MAGENTA (ブログ)

1980 LE CHAT BLEU(ブログ)

1981 COUP DE GRACE (ブログ)

1983   WHERE ANGELS FEAR TO TREAD (ブログ)

1985 SPORTIN’ LIFE(ブログ)

1986 ミンク・デヴィルは220日にニューヨーク市で最後のコンサートを行った。

 

Willy DeVille album discigraphy

1987 MIRACLE(ブログ)

1990 VICTORY MIXTURE

1992 BACKSTREET OF DESIRE

1993 WILLY  De VILLE LIVE

1995 BIG EASY FANTASY

1995 LOUP GAROUA

1999 HORSE OF A DIFFERENT COLOR

2002 ACOUSTIC TRIO LIVE IN BERLIN

2004 CROW JANE ALLEY

2008 PISTOLA

 

Mink DeVille Story  5thAlbum

『Where Angels Fear To Tread』

アルバムのタイトルは、ジョニー・マーサーの曲「Fools Rush In (Where Angels Fear to Tread)」に由来するものである。ロック・グループとしてのミンク・デヴィルは、元のバンドから残ったのはリード・シンガーのウィリー・デヴィルだけであり、事実上バンドではなかった。このアルバムでは、デヴィルは自身のラテンのルーツに深く入り込み、サルサ ナンバー「Demasiado Corazon」をレコーディングした。ミンク・デヴィル・バンドのパーカッショニストであるボリス・キンバーグは、「Lilly’s Daddy’s Cadillac」をデヴィルがこれまでに書いた最高の曲の 1 つと語った。 「これはショート・フィルムを思わせる素晴らしい曲。麻薬取引がうまくいかないことについて 3 分間の曲で 1 時間半の映画にもなる」このセッションでは「Stand by Me」のレコーディングも行われ、「Demasiado Corazon」と「Are You Lonely Tonight?」とともに 7 インチ シングルとしてリリースされた。

デヴィルが アトランティックのために録音した2枚のアルバムは、ヨーロッパではよく売れたが、米国では売れなかった。デヴィルの1980年代初期のバンドでピアノとアコーディオンを演奏していたケニー・マーゴリスは、その理由をこう語る。「当時のアメリカではMTV全盛期で、アメリカの大衆は彼の音楽を体験する機会がなかったと思う。ヨーロッパにはMTVがなかった。そのためヨーロッパの人達はさまざまな音楽に対して非常にオープンだった」

シングル「Each Word’s a Beat of My Heart」は、Billboard Hot 100 チャートで 89 位に到達。Allmusic Where Angels Fear to Tread 』について次のように述べている。「なぜ彼らが人気を博さず、ジョージ・ソログッドが人気を博したのかは、80 年代の歴史家が解明すべき謎だ」Trouser Press はアルバムについて「 デヴィルの作詞作曲と歌唱力は最高で、レコードは誠実さと暖かさに溢れている。シンプルでエレガントで素晴らしい」と述べた。

6thAlbum Sportin’ Lifeに続く

『Where Angels Fear To Tread』

Track List

A1. Each Word’s a Beat of My Heart  A2. River of Tears  A3. Demasiado Corazon (Too Much Heart)  A4. Lilly’s Daddy’s Cadillac   A5. Around the Corner

B1. Pick Up the Pieces  B2. Love’s Got a Hold on Me  B3. Keep Your Monkey Away from My Door  B4. Are You Lonely Tonight?    B5. The Moonlight Let Me Down

Personnel are 

Willy Deville – guitar, vocals,background vocals  Ricky Borgia- guitar,background vocals  Kenny margolis -piano,organ,, Accordion, vsynthesizea   Joey Vasta– bass  Louis Cortelezzi – baritone alto tenor saxophone   Joe Galdo – drums, percussion Richie Puente – percussion  Fred Wickstrom – percussion,timpani    Beverly Champion – background vocals  Margaret Reynolds – background vocals   The C Lord C– background vocals

 

Side A

A1. Each Word’s a Beat of My Heartは余裕と風格を感じさせるAOR。このアルバム全体に言えることだが、デヴィルのソング・ライティングのセンスは更に磨きがかかり、ヴォーカルも今まで以上に洗練された感がある。またバックも実に良くデヴィルのヴォーカルを引き立てていると思う。A2. River of Tearsはドラマティックなパーカッション、アコーディオンとマリンバが印象的なミディアム・チューン。A3. Demasiado Corazon (Too Much Heart)  キューバ人になりきったかのようなデヴィル流のやさぐれサルサ。ポップなメロディと軽快なパーカッションが心地良い。完成度の高い1曲。A4. Lilly’s Daddy’s Cadillacはラテンっぽさを加えたR&B。時に語るように歌うデヴィルのヴォーカルの表現力が素晴らしい。抑えた感じのウーマン・トーンのギター・ソロもオシャレ。A3A4は本アルバム中ベスト・トラックに挙げたい。A5. Around the Cornerマリアッチ風バラード。

Side B

B1. Pick Up the Pieces  はデヴィルのヴォーカルに応えているかのようなコルテレッツィのサックスが素晴らしい。B2. Love’s Got a Hold on Me  はポップなドゥーワップ。スラップっぽいベースがリズムの適度なアクセントになっている。B3. Keep Your Monkey Away from My Door  Aメロの語りのような歌い方のデヴィルのヴォーカルが魅力的なオールド・スクールなロッキン・ブルース。B4. Are You Lonely Tonight? は雰囲気がガラリと変わってギターが前面に出たアップ・テンポなロックンロール。ラスト・ナンバーのB5. The Moonlight Let Me Downはドリフターズを髣髴させるような切なくグッとくるR&B。抑えたデヴィルのヴォーカルが胸に迫る。

 

 

『Where Angels Fear To Tread』YAHOO!ショッピング

『Where Angels Fear To Tread』楽天

関連記事