Blogブログ

Willy DeVille/MIRACLE(ウィリー・デヴィル/ミラクル)

1987年リリースのアルバム『MIRACLE』ミンク・デヴィル解散後ウィリー・デヴィルが発表した最初のソロアルバム。マーク・ノップラー・プロデュース!(ダイアー・ストレイツのギター、ヴォーカル)

Mink Deville

Willy DeVille/ウィリー・デヴィル(William Paul BorseyJr 1950年8月25日– 2009年8月6日)コネチカット州スタンフォード 生まれ。、 アメリカのシンガーソングライター。Mink DeVille(1974–1986)のリード・ヴォーカル兼ギタリストとして活躍。バンド解散後はウィリー・デヴィル名義でソロ・アーティストとして活動する。デヴィルの曲は、ラテン、ブルース、R&R、ドゥーワップ、ケイジャン、キャバレー、ソウル・ミュージックをベースにしており、端正でエモーショナルなその音楽はロマンティック・ソウルと評されることもある。2009年8月6日に膵臓癌のため死去。享年56歳。マークノップラー、ピーターウルフ、ボブ・ディランなど彼を敬愛するアーティストも数多く、所謂ミュージシャン’ズミュージシャンでもある。

Mink Deville album discigraphy

Mink DeVille(1974–1986)はニューヨーク・パンクの発祥の地として知られるナイトクラブ”CBGBの”ハウスバンドとしてスタートした。(当時の音源はバンドが3曲を寄稿したバンドのコンピレーションアルバムである『Live atCBGB’s』で聴くことが出来る)バンドは 1977 年から 1985 年にかけて 6 枚のアルバムをリリース。フロントマンのウィリー・デヴィルを除いて、バンドのオリジナル・メンバーは最初の 2 枚のアルバム のみである。メンバーはアルバム・リリースを重ねるごとに変わっていき、ほぼデヴィルのワンマン・バンドだったと言える。CBGBを根城にしていたことからパンク・バンドと思われがちだが、非常にタイトなプレイをする良質なR&R、R&Bのグループである。

197CABRETTA(ブログ)

1978 RETURN TO MAGENTA (ブログ)

1980 LE CHAT BLEU(ブログ)

1981 COUP DE GRACE (ブログ)

1983   WHERE ANGELS FEAR TO TREAD (ブログ)

1985 SPORTIN’ LIFE(ブログ)

1986 ミンク・デヴィルは220日にニューヨーク市で最後のコンサートを行った。

 

Willy DeVille album discigraphy

1987 MIRACLE(ブログ)

1990 VICTORY MIXTURE

1992 BACKSTREET OF DESIRE

1993 WILLY  De VILLE LIVE

1995 BIG EASY FANTASY

1995 LOUP GAROUA

1999 HORSE OF A DIFFERENT COLOR

2002 ACOUSTIC TRIO LIVE IN BERLIN

2004 CROW JANE ALLEY

2008 PISTOLA

 

『MIRACLE」

Track List

A1.Gun Control、2.Could You Would You?、3.Heart and Soul、4.Assassin of Love、5.Spanish Jack

B1.Miracle、2.Angel Eyes、3.Nightfalls、4.Southern Politician、5.Storybook Love

 

 Personnel

Willy DeVille – vocals, background vocals、Mark Knopfler – guitar、Chet  Atkins – guitar、Errol “Crusher” Bennett – percussion、Vicki Brown  – background vocals、Margot Buchanan – background vocals、Mickey Feat – bass, background vocals、Guy Fletcher – keyboards. background vocals、Jamie Lane – drums、Jeff Porcaro – drums ( A.2 B.1)

デヴィルを心底リスペクトしていたダイアー・ストレイツ(イギリスのロック・バンド)のマーク・ノップラーがサイドマン(ギター)兼プロデューサーを務め、ロンドンでレコーディングされたウィリー・デヴィルの1stアルバムである。

アルバム全体としては、これまでのミンク・デヴィルの作品と大きくは変わらない、丁寧に歌い込まれた、上質なルーツ・ミュージックという印象。ノップラーというパートナーを得て、デヴィルは存分に持ち味を出し尽くしている。

オープニング・ナンバーのA-1Gun Control」は一聴してノップラーのモノと分かるギターが大きくフューチャーされている、シブい大人のR&B。A2.「Could You Would You?」は御大ヴァン・モリソンのカバー。A3.Heart and Soul」はチェット・アトキンスがギターで3日している。A-5Spanish Jack」はデヴィルとノップラーによる共作。音数は少ないながらもアコースティックなアレンジで奥行きを感じるトーキング・ブルース風、アンニュイでクールな雰囲気の漂うナンバー。B-2 Angel Eyes」は同名のジャズ・スタンダードではなくデヴィルのオリジナル、ラテンR&Bとでも言うべきポップで明るいナンバー。B-「Nightfalls」は滋味深い感動的なバラード。B-4「 Southern Politicianはノップラーのギター・リフがふんだんに取り入れられた、シンプルながらも味わいのあるブルージーなトラック。アルバム・ラストを飾るB-5「 Storybook Love」は、映画「プリンセス・ブライド」のテーマソングで、1987年にアカデミー賞にノミネートされた。 DeVilleは、その年のアカデミー賞のテレビ放送でこの曲を演奏した。

『MIRACLE』TOWER RECORDS ONLINE

『MIRACLE』YAHOO!ショッピング

関連記事