Blogブログ

Mink Deville/Return To Magenta(ミンク・デヴィル/リターン・トゥ・マゼンタ)

『Return To Magenta』

1978年にリリースされた『Return To Magenta』は、セカンドアルバム。このアルバムは、バンドのオリジナルメンバー全員をフィーチャーした最後のアルバムとなった。

Mink Deville

Willy DeVille/ウィリー・デヴィル(William Paul BorseyJr 1950年8月25日– 2009年8月6日)コネチカット州スタンフォード 生まれ。、 アメリカのシンガーソングライター。Mink DeVille(1974–1986)のリード・ヴォーカル兼ギタリストとして活躍。バンド解散後はウィリー・デヴィル名義でソロ・アーティストとして活動する。デヴィルの曲は、ラテン、ブルース、R&R、ドゥーワップ、ケイジャン、キャバレー、ソウル・ミュージックをベースにしており、端正でエモーショナルなその音楽はロマンティック・ソウルと評されることもある。2009年8月6日に膵臓癌のため死去。享年56歳。マーク・ノップラー、ピーター・ウルフ、ボブ・ディランなど彼を敬愛するアーティストも数多く、所謂ミュージシャン’ズミュージシャンでもある。

Mink Deville  album discigraphy

Mink DeVille(1974–1986)はニューヨーク・パンクの発祥の地として知られるナイトクラブ”CBGBの”ハウスバンドとしてスタートした。(当時の音源はバンドが3曲を寄稿したバンドのコンピレーションアルバムである『Live atCBGB’s』で聴くことが出来る)バンドは 1977 年から 1985 年にかけて 6 枚のアルバムをリリース。フロントマンのウィリー・デヴィルを除いて、バンドのオリジナル・メンバーは最初の 2 枚のアルバム のみである。メンバーはアルバム・リリースを重ねるごとに変わっていき、ほぼデヴィルのワンマン・バンドだったと言える。CBGBを根城にしていたことからパンク・バンドと思われがちだが、非常にタイトなプレイをする良質なR&R、R&Bのグループである。

197CABRETTA(ブログ)

1978 RETURN TO MAGENTA (ブログ)

1980 LE CHAT BLEU(ブログ)

1981 COUP DE GRACE (ブログ)

1983   WHERE ANGELS FEAR TO TREAD (ブログ)

1985 SPORTIN’ LIFE(ブログ)

1986 ミンク・デヴィルは220日にニューヨーク市で最後のコンサートを行った。

 

Willy DeVille album discigraphy

1987 MIRACLE(ブログ)

1990 VICTORY MIXTURE

1992 BACKSTREET OF DESIRE

1993 WILLY  De VILLE LIVE

1995 BIG EASY FANTASY

1995 LOUP GAROUA

1999 HORSE OF A DIFFERENT COLOR

2002 ACOUSTIC TRIO LIVE IN BERLIN

2004 CROW JANE ALLEY

2008 PISTOLA

 

Mink DeVille Story  2nd Album 『Return To Magenta』

デビューアルバム『Cabretta』はビルボード200チャートで最高位186位に達し、Village Voiceの投票で1977年の29番目のベストアルバムに選ばた。またシングル『Spanish Stroll』は全英チャート20位を記録した。ボズ・スキャッグスは、2013年のアルバム『メンフィス』で「Mixed Up, Shook Up Girl」と「Cadillac Walk」をカヴァーした。

セカンド・アルバム、『Return to Magenta』は、デヴィルとプロデューサーのジャック・ニッチェとスティーブ・ダグラスがいくつかの曲にストリングアレンジを採用したことを除いて、Cabrettaと同じ流れで製作された。このアルバムでは、ドクター・ジョンがキーボードを演奏し、前作に続きダグラスがサックスを演奏した。レコーディング・セッション中に、バンドはポール・シュレイダーの”ハードコア”のBGM用に「Easy Slider」と「Guardian Angel」の 2 曲を録音した。また、映画「Cruising」のサウンドトラック用に「Heat of the Moment」、「Pullin」 、「My String」の 3 曲を録音し、ジャック・ニッチェによってプロデュースされた。(この 3 曲は、ウィリー デビルの 1987 年のアルバム Miracle の CD リイシューに収録されている) 「It’s So Easy」は、クエンティン・タランティーノ監督の映画『グラインドハウス: デス・プルーフ』のサウンドトラックにも収録されている。A3. A’ Train LadyはDavid Formanと、B1.  Just Your FriendsはJack Nitzcheとの共作。A4.Roleneは、ミンク・デヴィルの前作、『Cabretta』Cadillac Walkを書いたMoonMartinの曲である。

クリーブランドのWMMSの音楽ディレクターであるキッドレオは史上8番目に優れたロックアルバムと評した。アルバムを宣伝するために、ミンク・デヴィルは1978年にエルビス・コステロとニック・ロウと一緒にアメリカをツアーに出発した。

3rd AlbumLE CHAT BLEUに続く

『Return To Magenta』

Track List

A1.Guardian Angel  A2. Soul Twist  A3. A’ Train Lady  A4. Rolene  A5. Desperate Days

B1.  Just Your Friends  B2. Steady Drivin’ Man  B3. Easy Slider  B4. I Broke That Promise  B5. Confidence to Kill

 

Personnel

Willy Deville – guitar, harmonica,vocals  Louis X Erlanger – guitar, vocals  Bobby Leonards – piano, keyboards  Rubén Sigüenza – bass  Thomas R. “Manfred” Allen, Jr. – drums  Mac Rebennack(Dr. John) – piano,88s and reminiscent tonalities  Steve Douglas – saxophone  Jackie Kelso – saxophone  Max & Bees – background vocals  Cleon Douglas – background vocals  David Forman – vocals, background vocals

Produced and Arraned by Jack Nitzche

 

Side  A

オープニングナンバーのA1.Guardian Angel はゆったりした大きなウネリのR&B。繊細なストリングスアレンジが美しい。 A2. Soul Twist  はノリノリのロッキン・チューン。デヴィルの熱いヴォーカルとタイトな演奏が心地良い。A3. A’ Train Lady ヴォーカルのハモりが聴かせるR&B。A4. Rolene は横ノリのロックンロール。A5. Desperate Daysはラテン・ミーツ・ロック・ステディとでも言えばよいか、前作に収録されていたスパニッシュ・ストロールの系譜の軽快で楽しい曲。

Side B

B面頭のB1.  Just Your Friends はアコースティックギターとカスタネット、ハーモニカが印象的に使用された一味違うスロー・ロック。ストリングスアレンジも秀逸。B2. Steady Drivin’ Man はイントロのブルージーなギターもカッコいいジャングル・ビート。 B3. Easy Slider は女性コーラスを配した、ニューオーリンズタッチの楽しいナンバー。 B4. I Broke That Promiseはデヴィルのヴォーカルが切なく美しい、メロディアスなロッカ・バラード。クロージング・ナンバーのB5. Confidence to Killはブギー調のロック・ナンバー。

『Return To Magenta』YAHOO!ショッピング

関連記事