Blogブログ

TOM WAITS/HEARTATTACK AND VINE(トム・ウェイツ/ハートアタック・アンド・ヴァイン)

『HEARTATTACK AND VINE』

ブルース・ロックにトライした1980年発表の意欲作『HEARTATTACK AND VINE』はこれまでのトム・ウェイツの作品の中で最も売れたアルバムとなった。

トム・ウェイツ(Tom Waits、本名:Thomas Alan Waits、1949年12月7日生まれ)は、アメリカカリフォルニア出身のシンガーソングライター、俳優。1970年代初頭にロサンゼルスのクラブで歌うようになる。1971年、初のデモ・テープを制作。(この時の音源は、1990年代にコンピレーション・アルバム『Early Years Vol.1』(1991年)『同 Vol.2』(1993年)として世に出る)

〜アサイラム・レコード期〜 1972年、アサイラム・レコードと契約し、1973年にアルバム『Closing Time 』でデビュー。商業的には成功しなかったが、同作収録曲「オール55」をイーグルスがカヴァーして話題となった。1974年、ジャズ色を強めた2ndアルバム『The Heart Of Saturday Night』(ブログ)リリース。1975年、ライブ・アルバム『Nighthawks At The Diner』(ブログ)リリース。1976年、初のヨーロッパ・ツアーと3rdアルバム『Small Change』(ブログ)で初めて全米アルバム・チャートのトップ100にランク・イン(最高位89位)。1977年1月には初の日本ツアーを行う。同年4thアルバム『Foreign Affairs 異国の出来事』(ブログ)リリース。ベット・ミドラーとのデュエットを披露した。1978年3月には、二度目の日本公演を行う。同年5thアルバム『『Blue Valentine 』(ブログ)リリース。また、映画『パラダイス・アレイ』で俳優デビューを果たす。1980年、ピアノよりもギターを全面に出した6thアルバム『Heartattack and Vine』(ブログ)をリリース。この年、以後長きに渡ってトムの盟友となるベーシスト、グレッグ・コーエン、妻となるキャスリーン・ブレナン、映画監督のフランシス・フォード・コッポラらと出会う。1982年、トムが初めて音楽を担当した映画作品『One From The Heart』(監督:フランシス・フォード・コッポラ)公開。(トムは俳優としても端役で出演)クリスタル・ゲイルとの連名による同名のサウンド・トラック・アルバムはアカデミー編曲・歌曲賞にノミネートされた。1985年、ベスト盤 『Anthology』(ブログ)リリース。

〜アイランド・レコード期〜 1983年、実験的な音作りの7thアルバム『Swordfishtrombones 』リリース。19858thアルバム『Rain Dogs』(ブログ)キース・リチャーズの参加が話題となった。(翌年ウェイツはストーンズのアルバム『Dirty Work』に参加した)1986年、初主演映画『Down  By Law』公開。19879thアルバム『Franks Wild Years』リリース。アルバムに伴うツアーの模様は録音・録画され、1988年、ライブ・アルバム『Big Time』及び同名ドキュメンタリー映画として発表された。1992年、再びリチャーズと共演した10thアルバム『Bone Machine』で、最優秀オルタナティヴ・レコード賞を受賞。1993年、トムが音楽を担当したミュージカル11thアルバム『The Black Rider リリース。

〜アンタイ・レコード期〜 1999年、アンタイ・レコードに移籍、12thアルバム『Mule Variations 』(ブログ)は初めて全米トップ40入りを果たし、ノルウェーなアルバム・チャートでは1位を獲得した。同作はグラミー賞のベスト・コンテンポラリー・フォーク・アルバム部門を受賞。2002年、13thアルバム『 Blood Money』 、14thアルバム『Alice』 (両方とも、トムとキャスリーンが関わったミュージカルの楽曲を再録音したもの)を同日にリリース。2004年、15thアルバム『Real Gone 』は、ピアノを一切使わないという新境地を見せた。2006年、アルバム未収録だった楽曲と新曲を合計54曲収録した3枚組CD16thアルバム 『Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards 』リリース。2009年ライブ・アルバム『Glitter and Doom Live』リリース。2011年、新録音のスタジオ・アルバムとしては7年振りの作品17thアルバム『Bad as Me 』 リリース。久しぶりのキース・リチャーズの参加を得た同作でデビュー以来初の全米トップ10入りを果たし、ノルウェーでは自身にとって2度目のアルバム・チャート1位獲得を果たした。2018年書籍『トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ』(ブログ)リリース。

 

『HEARTATTACK AND VINE』

Track List

A1.1.Heartattack And Vine  2. In Shades(Instrumental) 3. Saving All My Love for You 4.Downtown  5. Jersey Girl

B1.1.Til the Money Runs Out  2.On the Nickel  3. Mr. Siegal  4.Ruby’s Arms

Tom Waits – vocals, electric guitar, piano    Bob Alcivar – string arrangement, orchestral arrangement, conductor     Ronnie Barron – Hammond organ, piano    Roland Bautista – electric guitar, twelve-string guitar    Greg Cohen – bass    Victor Feldman – percussion, chimes, glockenspiel     Jim Hughart – bass     Plas Johnson – tenor saxophone, baritone saxophone  Michael Lang – piano    Larry Taylor – bass    “Big John” Thomassie – drums  Jerry Yester – orchestral arrangement, conductor

Heartattack and Vine 』は1980年にリリースされたエレクトラ/アサイラムからの最後のアルバムである。これまでのジャズ路線とは大きく作風が異なり、ブルースに根差したロック・アルバムに仕上がっている。故にこのアルバムには、これまでのウェイツの作品では当たり前だったドラムのブラッシュ・ワークやウッドベース、ミュート・トランペットがあまり登場しない。SSWの、というよりブルース・バンドのアルバムという雰囲気だ。

1981年にキャスリーン・ブレナンと結婚したことで、タバコをやめ酒を控え、一時期はジムにまで通った。おかげで体調とノドの調子が随分良くなった。また、熱烈な音楽マニアでもあるブレナンの影響で、更に音楽的知識を深めたことが、このアルバムにも大きく影響しているようだ。

新作を発表したら、スタジオを出てバンドを組み、34週間リハーサルをして、4ヶ月のツアーに出る、というのがこれまでのウェイツのお決まりのルーティンであったが、この時はツアーには行かず、映画音楽に取りかかった。フランシス・フォード・コッポラ監督の『One From The Heart』である。

『Anthology』に続く。

Side A

オープニング・ナンバー、A1.1.Heartattack And Vine  はミディアムというには遅く、かなり重めのブルース。歪んだギターはウェイツ自身か。2. In Shadesは珍しく、タメのあるR&Bのインストルメンタル。ソウルフルなロニー・バロンのオルガンにシビれる。擬似ライブか、演奏後拍手が入る。3. Saving All My Love for You はこれまでのジャズ路線の曲。ベースはジム・ヒューアートか。ウェイツの歌う赤裸々でストレートなラブ・ソング。4.Downtown  ミディアム・テンポのロッキン・チューン。アクセントのあるグレッグ・コーエンのベースとロニーのオルガン・ソロが良い。このアルバムでは全体を通して、ウェイツは随分リラックスして楽しんで歌っているように感じる。5. Jersey Girl は希望を感じさせるラブ・ソング。ウェイツの曲の中でも屈指の美しさの1曲だと思う。この声でシャララと歌われると、本当に胸に沁みる。この歌はブルース・スプリングスティーンがカバーしていることでも有名。

Side B

B1.1.Til the Money Runs Out はマンボ風なリズムのアッパーなロッキン・ブルース。ウェイツのヴォーカルの表現力の凄まじさを感じる1曲。 2.On the Nickel  はラルフ・ウェイト監督の同名の映画のために作られた。(因みにウェイツはこの映画を絶賛している)ピアノとストリングスのバラード。3. Mr. Siegal  はニューオーリンズ・ジャズの雰囲気が濃厚で芳醇な1曲。ピアノはロニー・バロンだろうか。ウェイツが嬉々として歌っていることが伝わってくる。この感じはこれまでのウェイツの作品にはあまり無かったと思う。アルバム・ラストを飾る 4.Ruby’s Arms。これもウェイツの名作バラード。シンプルなピアノに絡むストリングスがこの上なく美しい。

『HEARTATTACK AND VINE』TOWER RECORDS ONLINE

『HEARTATTACK AND VINE』YAHOO!ショッピング

『HEARTATTACK AND VINE』楽天

関連記事