Blogブログ

TOM WAITS/ANTHOLOGY(トム・ウェイツ/アンソロジー)

『ANTHOLOGY』

ANTHOLOGY」はトム・ウェイツ、アサイラム・レコード所属時の選りすぐりの名曲を集めたベスト・アルバム。1985年にリリースされた。

トム・ウェイツ(Tom Waits、本名:Thomas Alan Waits、1949年12月7日生まれ)は、アメリカカリフォルニア出身のシンガーソングライター、俳優。1970年代初頭にロサンゼルスのクラブで歌うようになる。1971年、初のデモ・テープを制作。(この時の音源は、1990年代にコンピレーション・アルバム『Early Years Vol.1』(1991年)『同 Vol.2』(1993年)として世に出る)

〜アサイラム・レコード期〜 1972年、アサイラム・レコードと契約し、1973年にアルバム『Closing Time 』でデビュー。商業的には成功しなかったが、同作収録曲「オール55」をイーグルスがカヴァーして話題となった。1974年、ジャズ色を強めた2ndアルバム『The Heart Of Saturday Night』(ブログ)リリース。1975年、ライブ・アルバム『Nighthawks At The Diner』(ブログ)リリース。1976年、初のヨーロッパ・ツアーと3rdアルバム『Small Change』(ブログ)で初めて全米アルバム・チャートのトップ100にランク・イン(最高位89位)。1977年1月には初の日本ツアーを行う。同年4thアルバム『Foreign Affairs 異国の出来事』(ブログ)リリース。ベット・ミドラーとのデュエットを披露した。1978年3月には、二度目の日本公演を行う。同年5thアルバム『Blue Valentine 』(ブログ)リリース。また、映画『パラダイス・アレイ』で俳優デビューを果たす。1980年、ピアノよりもギターを全面に出した6thアルバム『Heartattack and Vine』(ブログ)をリリース。この年、以後長きに渡ってトムの盟友となるベーシスト、グレッグ・コーエン、妻となるキャスリーン・ブレナン、映画監督のフランシス・フォード・コッポラらと出会う。1982年、トムが初めて音楽を担当した映画作品『One From The Heart』(監督:フランシス・フォード・コッポラ)公開。(トムは俳優としても端役で出演)クリスタル・ゲイルとの連名による同名のサウンド・トラック・アルバムはアカデミー編曲・歌曲賞にノミネートされた。1985年、ベスト盤 『Anthology』(ブログ)リリース。

〜アイランド・レコード期〜 1983年、実験的な音作りの7thアルバム『Swordfishtrombones 』リリース。19858thアルバム『Rain Dogs』(ブログ)キース・リチャーズの参加が話題となった。(翌年ウェイツはストーンズのアルバム『Dirty Work』に参加した)1986年、初主演映画『Down  By Law』公開。19879thアルバム『Franks Wild Years』リリース。アルバムに伴うツアーの模様は録音・録画され、1988年、ライブ・アルバム『Big Time』及び同名ドキュメンタリー映画として発表された。1992年、再びリチャーズと共演した10thアルバム『Bone Machine』で、最優秀オルタナティヴ・レコード賞を受賞。1993年、トムが音楽を担当したミュージカル11thアルバム『The Black Rider リリース。

〜アンタイ・レコード期〜 1999年、アンタイ・レコードに移籍、12thアルバム『Mule Variations 』は初めて全米トップ40入りを果たし、ノルウェーなアルバム・チャートでは1位を獲得した。同作はグラミー賞のベスト・コンテンポラリー・フォーク・アルバム部門を受賞。2002年、13thアルバム『 Blood Money』 、14thアルバム『Alice』 (両方とも、トムとキャスリーンが関わったミュージカルの楽曲を再録音したもの)を同日にリリース。2004年、15thアルバム『Real Gone 』は、ピアノを一切使わないという新境地を見せた。2006年、アルバム未収録だった楽曲と新曲を合計54曲収録した3枚組CD16thアルバム 『Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards 』リリース。2009年ライブ・アルバム『Glitter and Doom Live』リリース。2011年、新録音のスタジオ・アルバムとしては7年振りの作品17thアルバム『Bad as Me 』 リリース。久しぶりのキース・リチャーズの参加を得た同作でデビュー以来初の全米トップ10入りを果たし、ノルウェーでは自身にとって2度目のアルバム・チャート1位獲得を果たした。2018年書籍『トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ』(ブログ)リリース。

 

『ANTHOLOGY』

 Track List

A1 Ol’ 55 A2 Diamonds On My Windshield A3 (Looking For) The Heart Of The Saturday Night A4 I Hope That I Don’t Fall In Love With You A5 Martha A6 Tom Traubert’s Blues A7 The Piano Has Been Drinking (Not Me)

B1 I Never Talk To StrangersB2 Somewhere (From “West Side Story”)B3 Burma Shave B4 Jersey Girl B5 San Diego Serenade B6 A Sight For Sore Eyes

ウェイツがアサイラムに所属していた時のアルバムから選曲されたベスト盤である。(「Nighthawks At The Diner』から選曲されていないのが残念)リリースされた1985年にはウェイツは既にアサイラムを離れていて、アイランドから名作『Rain Dogs』が発売される年である。

それまで、一部の人のみぞ知るカルト的なミュージシャンだったのが、サントラの製作や映画への積極的な出演でこの頃(’85年頃)になると全国的に知名度も上がり、アサイラムはここぞとばかり、ウェイツのネーム・バリューを利用してこの編集盤を企画した、というのは考え過ぎだろうか。

1stアルバム『Closing Time』から3曲。A1 Ol’ 55はウェイツのデビューシングル。イーグルスがカバーしたことで知られる。温もりのあるウッドベースとピアノの絡み、時折り差し込まれる切ないアコギのフレーズがグッとくる名曲。A4 I Hope That I Don’t Fall In Love With You はピアノでなく2本の乾いたアコギが主体になる曲。リラックスしたウェイツの(半ば自虐的な)ヴォーカルが楽しめる。A5 Marthaはメランコリックなウェイツのピアノが堪能出来るバラード。

2ndアルバム『The Heart of Saturday Night』からの3曲。ラップ調のウェイツの声がウッドベースに絡むクールなA2 Diamonds On My Windshield A3 (Looking For) The Heart Of The Saturday Night は初期ウェイツの代名詞ともいえる胸に沁み入るタイトル・ナンバー。B5 San Diego Serenadeはウッドベースのうねりが心地良いスロー・バラード。

4thアルバム『Small Change』からは2曲。ウェイツの声に更に磨き(?)がかかり凄みさえ感じるA6 Tom Traubert’s Blues。酔ってるのはピアノだ、俺じゃないと、自嘲気味に歌うコミカルなA7 The Piano Has Been Drinking (Not Me)。

5thアルバム『Foreign Affairs』からの3曲。ベット・ミドラーとのムーディーなデュエット曲、B1 I Never Talk To Strangersラストにミュート・トランペットが入るものの、全編ピアノ弾き語りのB3 Burma Shave 。ベースとピアノののみの演奏で聴かせるB6 A Sight For Sore Eyes。

6thアルバム『Blue Valentine』からは1曲のみ。美しいストリングスをバックにあのダミ声で歌われるウエストサイドストーリーの挿入歌、B2 Somewhere

7thアルバム『Heartattack and Vine』からも1曲。ウェイツの喉から振り絞る声が感動的な切ないバラードB4 Jersey Girl。

ともあれ、バラエティーに富んだ選曲で、アサイラム所属時の初期トム・ウェイツを知りたい人にはうってつけの作品集ではないだろうか。

関連記事