Blogブログ

TOM WAITS/NIGHTHAWKS AT THE DINER(トム・ウェイツ/娼婦たちの晩餐)

NIGHTHAWKS AT THE DINER

ジャズ・ミュージシャンをバックに配したライブ・アルバムとなる1975年リリースの3rdアルバム。新人アーティストにとっては異例の書き下ろしのライブ・アルバム。

トム・ウェイツ(Tom Waits、本名:Thomas Alan Waits、1949年12月7日生まれ)は、アメリカカリフォルニア出身のシンガーソングライター、俳優。1970年代初頭にロサンゼルスのクラブで歌うようになる。1971年、初のデモ・テープを制作。(この時の音源は、1990年代にコンピレーション・アルバム『Early Years Vol.1』(1991年)『同 Vol.2』(1993年)として世に出る)

〜アサイラム・レコード期〜 1972年、アサイラム・レコードと契約し、1973年にアルバム『Closing Time 』でデビュー。商業的には成功しなかったが、同作収録曲「オール55」をイーグルスがカヴァーして話題となった。1974年、ジャズ色を強めた2ndアルバム『The Heart Of Saturday Night』(ブログ)リリース。1975年、ライブ・アルバム『Nighthawks At The Diner』(ブログ)リリース。1976年、初のヨーロッパ・ツアーと3rdアルバム『Small Change』(ブログ)で初めて全米アルバム・チャートのトップ100にランク・イン(最高位89位)。1977年1月には初の日本ツアーを行う。同年4thアルバム『Foreign Affairs 異国の出来事』(ブログ)リリース。ベット・ミドラーとのデュエットを披露した。1978年3月には、二度目の日本公演を行う。同年5thアルバム『Blue Valentine 』(ブログ)リリース。また、映画『パラダイス・アレイ』で俳優デビューを果たす。1980年、ピアノよりもギターを全面に出した6thアルバム『Heartattack and Vine』(ブログ)をリリース。この年、以後長きに渡ってトムの盟友となるベーシスト、グレッグ・コーエン、妻となるキャスリーン・ブレナン、映画監督のフランシス・フォード・コッポラらと出会う。1982年、トムが初めて音楽を担当した映画作品『One From The Heart』(監督:フランシス・フォード・コッポラ)公開。(トムは俳優としても端役で出演)クリスタル・ゲイルとの連名による同名のサウンド・トラック・アルバムはアカデミー編曲・歌曲賞にノミネートされた。1985年、ベスト盤 『Anthology』(ブログ)リリース。

〜アイランド・レコード期〜 1983年、実験的な音作りの7thアルバム『Swordfishtrombones 』リリース。19858thアルバム『Rain Dogs』(ブログ)キース・リチャーズの参加が話題となった。(翌年ウェイツはストーンズのアルバム『Dirty Work』に参加した)1986年、初主演映画『Down  By Law』公開。19879thアルバム『Franks Wild Years』リリース。アルバムに伴うツアーの模様は録音・録画され、1988年、ライブ・アルバム『Big Time』及び同名ドキュメンタリー映画として発表された。1992年、再びリチャーズと共演した10thアルバム『Bone Machine』で、最優秀オルタナティヴ・レコード賞を受賞。1993年、トムが音楽を担当したミュージカル11thアルバム『The Black Rider リリース。

〜アンタイ・レコード期〜 1999年、アンタイ・レコードに移籍、12thアルバム『Mule Variations 』は初めて全米トップ40入りを果たし、ノルウェーなアルバム・チャートでは1位を獲得した。同作はグラミー賞のベスト・コンテンポラリー・フォーク・アルバム部門を受賞。2002年、13thアルバム『 Blood Money』 、14thアルバム『Alice』 (両方とも、トムとキャスリーンが関わったミュージカルの楽曲を再録音したもの)を同日にリリース。2004年、15thアルバム『Real Gone 』は、ピアノを一切使わないという新境地を見せた。2006年、アルバム未収録だった楽曲と新曲を合計54曲収録した3枚組CD16thアルバム 『Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards 』リリース。2009年ライブ・アルバム『Glitter and Doom Live』リリース。2011年、新録音のスタジオ・アルバムとしては7年振りの作品17thアルバム『Bad as Me 』 リリース。久しぶりのキース・リチャーズの参加を得た同作でデビュー以来初の全米トップ10入りを果たし、ノルウェーでは自身にとって2度目のアルバム・チャート1位獲得を果たした。2018年書籍『トム・ウェイツが語るトム・ウェイツ』(ブログ)リリース。

『NIGHTHAWKS AT THE DINER』

Personal Are : TOM WAITS = Vo+P+G、MIKE MELVOIN = P+Electric Piano、PETE CHRISTLIEB = TSax、JIM HUGHART  =Upright Bass、BILL GOODWIN = Dr

SONG LIST : A-1 EMOTIONAL WEATHER REPORT、A-2 ON A FOGGY NIGHT、A-3 EGGS AND SAUSAGE、B-1 BETTER OFF WITHOUT A WIFE、B-2 NIGHTHAWK POSTCARDS、C-1 WARM  BEER AND COLD WOMEN、C-2 PUTNAM COUNTY、C-3 SPARE PARTS Ⅰ、D-1 NOBODY、D-2 BIG JOE AND PHANTOM、D-3 SPARE PARTS Ⅱ and closing

 

今やアメリカのロック・ミュージシャンの重鎮ともいえるトム・ウェイツ1975年といえば彼はまだ2枚のアルバムを出して間がない25歳。そしてこのアルバムは、プロデューサーのボーンズ・ハウの「トムからもっとジャズ魂を引き出したい」との熱意から生まれた素晴らしい作品。録音は1975730日と31日。12ステージ(4回のライブ)は全て満席。ウッド・ベースのジム・ヒューバートによると45日缶詰め状態でみっちりリハーサルをしたとのこと。おかげでレコーディングは淡々と進み、彼のキャリアの中でもレコーディング期間が最短のアルバムとなった。

オーケストラも余裕で収容できるレコード・プラント・スタジオ(キャスター付きの移動型コンソールが完備されている!) を利用することを思い付く。予備の部屋にテーブル、椅子を並べ客を入れれば即席のナイトクラブの完成だ。ついでにバー・カウンターも設置し、テーブルにはポテト・チップスを用意した。ろれつが怪しく、酔っ払った風を演出しているが、本人がインタビューで語っているように、そのようなペルソナを演じているとのことで、この辺はショーマン・シップと彼の頭の良さが窺える。それから、このアルバムから登場した感のあるスポークン・ワード(ライブでは以前から取り入れている)はビートニク作家のジャック・ケルアックがジャズ・ピアニストのスティーブ・アレンの演奏をバックにポエトリーを披露するアルバムに触発され取り入れたようだ。(若い頃のトムはケルアックから多大な影響を受けている。また故チャールズ・、ブコウスキーを現代最高の作家の一人と公言している)いつものようにかなり雰囲気のあるアルバム・ジャケットは画家エドワード・ホッパーの作品でタイトルもそのまんまの”ナイトホークス”に着想を得ている。

 

1st2nd〜を受けてのライブかと思いきや、初お披露目の曲ばかり。トムはA-2D-2の2曲でギターを担当。ピアノは曲によって弾いている感じで、ヴォーカルに専念している曲もある。サックスは全く入らない曲が何曲かある。A-1 EMOTIONAL WEATHER REPORT:トムはヴォーカルのみ。スィンギーな演奏に乗って歌うというよりは語りに近いトムの声。会場の雰囲気の良さが伝わってくる。A-2 ON A FOGGY NIGHT:スローでムーディーなナンバー。この曲でのトムはギター。かなりハギレの強いパーカッシブなストロークが、乾ききった良い音で鳴っている。A-3 EGGS AND SAUSAGE:イントロの語りで会場を沸かせるトム。わざと拙い風のピアノのソロも本人だろうか。

B-1 BETTER OFF WITHOUT A WIFE:ハッピー・バースデーのイントロから始まるスポークン・ワードの弾き語りでスタート。客席からは終始笑いが起こり、そこから本篇に入る。ラストは再びハッピー・バースデーで終わる。B-2 NIGHTHAWK POSTCARDS:スローなジャズ・ブルース。途中何度か倍テンになりまたスローに戻るという芸当はまさにジャズ。バック・ミュージシャンに煽られるようにトムの語りも熱くなる。

C-1 WARM  BEER AND COLD WOMEN:胸にグッとくる、これぞトム・ウェイツ!なバラード。バックの演奏もトムのヴォーカルに寄り添う感じで素晴らしい。C-2 PUTNAM COUNTY:しっとり聴かせる曲。ベースは弓弾きしていて、曲の雰囲気にとても合っている。C-3 SPARE PARTS Ⅰ:スィンギーな演奏に戻り、客もハンドクラップするイントロ。いわゆるマイナーのジャズ・ブルース。グルービーで心地良い。トムのヴォーカルはラップのようにも聴こえる。

D-1 NOBODY:トムのピアノとベース、ドラムのシンプルなトリオの演奏。この感じがまた素晴らしい。D-2 BIG JOE AND PHANTOM:吐き捨てるように歌う、トムがギターの曲。ドラムが聴こえなくて(入ってない?)アップライトベースと枯れたアコギの絡みが切なく美しい。D-3 SPARE PARTS Ⅱ and closing:ジャズ・ブルースをバックにメンバーを紹介しながらのスポークン・ワードで大喝采の中エンディングを迎える。

『Small Change』に続く

 

『NIGHTHAWKS AT THE DINER』TOWER RECORDS ONLINE

『NIGHTHAWKS AT THE DINER』YAHOO!ショッピング

『NIGHTHAWKS AT THE DINER』楽天

関連記事