Blogブログ

TELEVISION/MARQUEE MOON((テレヴィジョン/マーキー・ムーン)

MARQUEE MOON

ヘナヘナなヴォーカルの向こうに強靭なアティテュードが見える。1977年のニューヨークで産まれた不朽の名作、テレヴィジョンの1st

 

TELEVISION(テレビジョン)Tom Verlaine ; Guitar, Vocals、 RichardLloyd;Guitar,BackingVocals、Billy Ficca ; Drums、Fred Smith ; Bass, Backing Vocals4人。

ヒストリー:1971年、トム・ヴァーレイン、リチャード・ヘル(ベース、のちにハートブレイカーズ、ヴォイドイズ)、ビリー・フィッカの3人は、テレヴィジョンの前身ネオンボーイズを結成するものの、すぐに解散。バラバラになっていたが74年初頭に再結集、ギタリスト、リチャード・ロイドを加えて4人組となる。CBGBやマクシズ・カンサス・シティなどのライブハウスで腕を磨いた彼らは、ローワー・イーストサイドで絶大な人気を得る。ヘルの脱退後、ブロンディーに在籍していたフレッド・スミスが加入し、全盛期のメンバーが出揃う。以下はデビューから2ndアルバムをリリース後、解散するまでの経緯。

1975年「Little Johnny Jewel 」をインディーズのオーク・レコードから発表。(当時としては破格の1万枚以上売れたとのこと)。その後ニューヨーク滞在中のブライアン・イーノにより数曲レコーディングが行われるが、未発に終わる(この音源は後に海賊盤「Double Exposure』として流出する、これも名盤)

1976DOORSドアーズが所属していたという理由からエレクトラと契約。

197721stアルバム『 Marquee Moon』発表。7月シングル「Prove It / Venus 」発表。

19784月、2ndアルバム 『Adventure』 、シングル「Foxhole / Careful」発表。7月シングル「Glory / Ain’t That Nothin’ 」発表。

19788月、ニューヨークで行われた6日間のライブの後、呆気なく解散。

1982年ライブ・アルバム 『The Blow Up』    リリース。

1992年、14年ぶりに再結成され、オリジナルアルバムとしては3作目の『Television』を発表、同時に再結成ライブも行なった。 同年、ライブ・アルバム『Live at the Academy』リリース。

1993年に再び活動を休止するも、2001年再々結成。

2003年、ライブ・アルバム 『Live at the Old Waldorf』 リリース。

2007616日、ギターのリチャード・ロイドが脱退。その後テレヴィジョンは、ヴァーレインのソロに参加していたジミー・リップをメンバーに迎えて活動を継続中。

 

『MAQUEE MOON』

Track List

A1.See No Evil、2.Venus、3.Friction、4.Marquee Moon

Side A

シンプルでエッジの効いたリズムギター、追いかけるようにそこに乗る鋭利なリードギターのメロディー。強靭でタフなリズム隊、喉からしぼり出すように唄うヴァーレインの声が緊張感を煽る。ゾクゾクするようなオープニング・ナンバー、A1.See No Evilで幕を開ける。

軽い変化球的ミディアムナンバー、A2.Venus、はヴォーカルのメロディラインと、それに呼応する流麗なギターとの絡みが一体となったかのようで美しい。ギターソロの冒頭ヴァイオリン奏法でうまくムードを出している。また、各楽器の有機的なアレンジが何度聴いても飽きない。

ブルージーな響きのコード感がスリリングなA3.Friction。ブイブイ鳴るスミスのベースが気持ち良い。本作ではA1とこの曲は比較的ストレートなロックの部類に入る。メンバーのコーラスも非常に堅実で、ヴァーレインのヴォーカルを盛り立てている。因みにこの曲はエコー&ザ・バニーメンがカバーしていた。

A4.Marquee Moon は裏拍から入るリズムギターに一つずつ音が重なっていく官能的なイントロで始まる、長尺なのに最後まで全く飽きさせない、実にドラマティックなアレンジのなされた曲。。ギター・ソロもかなり長く、ジャムバンドの様相。ヴァーレインで得意の痙攣するようなフレーズを随所に散りばめている。余談だが、ヴァーレインはコルトレーン等のスピリチュアル・ジャズも好んでいたと、目にした記憶がある。そういった影響がこのような演奏スタイルを形成していったのかもしれない。

Side B

B1.Elevation、よく歌うベースラインが印象的なナンバー。昔から思っているのだけど、この曲のサビ部分のリズム、よくこんなリズムをメンバーが一体となって一糸乱れずこなせると関心してしまう。滑らかなギターソロはロイド。

B2.Guiding Light、はロマンティックでピアノの響きも美しい1曲。この曲もあまり全面には出ていないもののギターは大変緻密にアレンジされている。

B3.Prove Itはテレヴィジョン的R&Bといったところか、本作の中では1番親しみやすい印象の曲。とはいえ、そこは一筋縄にいかず、サビ部分は、ヒトクセある演奏を聴かせて、単純には終わらない流れに仕上げてある。

B4.Torn Curtain、タイトル曲に負けず劣らずの官能的でドラマティックなスロー・ナンバー。本作ではこの曲とB2にだけピアノが入っていて、より抒情的で荘厳な、エンディングに相応しい仕上がりになっている。ソウルフルなヴァーレインのソロも素晴らしい。

『MARQUEE MOON』TOWER RECORDS ONLINE

『MARQUEE MOON』YAHOO!ショッピング

『MAQUEE MOON』楽天

 

関連記事