Blogブログ

IGGY POP/TV EYE : 1977 LIVE

TV Eye1977 ライヴ (TV Eye Live 1977)は、19785月にリリースされたイギー・ポップのライヴ・アルバムである。

 

ストゥージズ時代

1968108日、MC5とともにエレクトラ・レコードとレコードリリース契約を締結。

196985日、デビュー・アルバム『イギー・ポップ・アンド・ストゥージズ』がリリースされる。プロデューサーはヴェルヴェット・アンダーグラウンドを辞めたばかりのジョン・ケイル。

1970772ndアルバム『ファン・ハウス』リリース。一部の批評家には絶賛されるも商業的にはふるわず。

19732月「イギー&ザ・ストゥージズ」名義でアルバム『ロウ・パワー」リリース。このアルバムも商業的な成功を手にすることは出来ず後に解散する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イギーは1977年にデビッド・ボウイのプロデュースで『イディオット』『ラスト・フォー・ライフ』のアルバム2枚をリリース、商業面、批評面の両面で高い成果を挙げた。しかし、所属のRCAレコードはアメリカで熱心なプロモーションをしてくれなかったことにイギーは不満を募らせていた。RCAとは3枚のアルバムを制作するという契約であったが、2枚のアルバムリリースに伴うツアーの音源でライブ・アルバムを作ることで「3枚目のアルバム」とすることを決めRCAレコードに申請、制作に取り掛かった。

本作のライブ音源は、『イディオット』ツアー及び『ラスト・フォー・ライフ』ツアーでサウンドボード録音されたものが使用されているが、イギー自身も本作を「RCAレコードとの契約を終わらせるために制作した作品」であり、急ごしらえであるために完成度が低いことを認めている。

トラック・リスト

1  T.V. アイ

2  ファンタイム

3  シックスティーン

4  アイ・ガット・ア・ライト

5  ラスト・フォー・ライフ

6  ダート

7  ナイトクラビング

8  アイ・ワナ・ビー・ユア・ドッグ

           ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミュージシャンは以下のように会場によって異なっている。

収録曲中 1, 2, 6, 8(アゴラ・シアター・アンド・ボールルーム)の参加メンバー

イギー・ポップヴォーカル

デヴィッド・ボウイピアノ, シンセサイザー

リッキー・ガードナー    ギター

トニー・セイルズ  ベース

ハント・セイルズ    ドラムス

収録曲中 3, 4, 5, 7(アップタウン・シアター)の参加メンバー

イギー・ポップヴォーカル

ステイシー・ヘイドン  ギター

スコット・サーストン  ギター, ピアノ, ハーモニカ, シンセサイザー

トニー・セイルズ  ベース

ハント・セイルズ    ドラムス

             ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.6がストゥージズ時代のアルバム『ファン・ハウス』、2.7が1stソロアルバム『イディオット』、3.5が2ndソロアルバム『ラスト・フォー・ライフ』、8はストゥージズ時代の3作目『イギー・ポップ・アンド・ストゥージズ』からの選曲。

全体的に若干、音がモコモコしているが、ブートレグレベルと言われるほどの酷さではない。前面に出ているイギーのヴォーカルは精気に満ちて勢いがあり素晴らしい。逆にボウイのキーボード、コーラスは意外にも控えめだが、この人が加わると音が立体的でカラフルになる。また全編通して、トニー・セイルズの歌心にあふれた安定感のあるベースが非常に良い。

4はラウドなツイン・ギターでまんまストゥージズなムード。スコット・サーストンのハーモニカで新しい味付けがされた感のある5、ディスコ・ミュージックっぼかった原曲が、ヘビーなブルースに姿を変えた7、パンク・クラシックとも言える7まで、一気に聴かせる怒涛の36分である。

TV EYE   タワーレコード・オンライン

TV EYE   Yahoo!ショッピング

関連記事