Blogブログ

DR.FEELGOOD / MALPRACTICE(ドクター・フィールグッド / 不正療法)

『MALPRACTICE』

『Malpractice』はDr. Feelgoodの2ndアルバム、1975年の1stアルバム『 Down By The Jetty 』の翌年1976年にリリースされた

 

ドクター・フィールグッド(Dr. Feelgood)は、イギリスのロックバンド。1970年代初頭からパブロックシーンを牽引し、パンク・ロックへの橋渡しをした重要なバンドである。

 

DR.FEELGOOD

Dr. Feelgood : Lee Brilleaux – guitar, harmonica, lead vocals、Wilko Johnson – guitar, backing vocals、The Big Figure – drums、John B. Sparks – bass

1971年にウィルコ・ジョンソン、リー・ブリロー、ジョン・B・スパークス、ビッグ・フィガーでドクター・フィールグッドが結成される。粗野で卑猥かつクレイジーな彼らのステージパフォーマンスはパンク・ロック前夜の若者を魅了、1975年、アルバム『 Down By The Jetty  』でメジャー・デビュー。’76年、セカンド・アルバム Malpractice~不正療法』』をリリース。同年、ライブ・アルバム『Stupidity ~殺人病棟』が全英チャートで1位を獲得する。大成功を収めたものの、バンド内での不和が悪化し、4作目の『Sneakin’ Suspicion』完成と同時に1977年ウィルコは脱退。第一期のドクター・フィールグッドは終わりを告げる。

 

ウィルコ・ジョンソン(Wilko Johnson、1947年7月12日 )は、イングランドのギタリスト、ソングライター、ボーカリスト。ドクター・フィールグッドのオリジナル・メンバー。エセックス州、キャンベイ・アイランド出身。フィンガー・ピッキングとカール・コードがトレード・マークのギタリスト。大学卒業後、、教師をしながらドクター・フィールグッドに参加する(後にロックバンドに在籍している教師は教育上好ましくないということで教師をクビになってしまった)。

ドクター・フィールグッド脱退後もジョンソンは、ソリッドセンダース、ウィルコ・ジョンソン・バンド、またイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズ IAN DURY & THE BLOCKHEADSのアルバム『ラーフター』、ジョニー・サンダース『ケ・セラ・セラ』JOHNNY THUNDERS /QUE SERA SERA( RESURECTED) へ参加するなど活動は多岐に渡る。頻繁に来日しており、親日家としても知られていた。2022年11月21日、自宅にて逝去。享年75歳。

 

『MALPRACTICE』

Track list

A1. I Can Tell、2. Going Back Home、3. Back in the Night、4. Another Man、5. Rolling and Tumbling、6. Don’t Let Your Daddy Know、

B1. Watch Your Step、2. Don’t You Just Know It、3. Riot in Cell Block No. 9、4. Because You’re Mine、5. You Shouldn’t Call the Doctor (If You Can’t Afford the Bills)

Personnel

Lee Brilleaux – guitar, harmonica, lead vocals、Wilko Johnson – guitar, backing vocals、The Big Figure – drums、John B. Sparks – bass、Bob Andrews – piano, keyboards, saxophone

基本的には4人の演奏を主体とした3コードのナンバーが並ぶ。明記していない曲は全てジョンソン作。

A1. I Can Tell

オリジナルはボ・ディドリー。ブリローのダミ声ヴォーカル、バキバキでシャープなジョンソンのギターが炸裂するオープニング・ナンバー。フィールグッドは原曲より少しアップ・テンポにプレーしている。この曲はジョニー・サンダースも取り上げていた。

2. Going Back Home

リスペクトするギタリスト、ジョニー・キッド&パイレーツのミック・グリーンとジョンソンの共作のブギー・ナンバー。ソロはイケイケなノリのブリローのハープで、実に溌剌とした勢いのあるプレー。

3. Back in the Night

ミディアム・テンポのチューン。この曲ではジョンソンはスライド・ギターを披露している。サイドメンの一糸乱れぬ演奏が実にタイト。

4. Another Man

ジョンソンのバッキング・ギターがクセになるロッキン・チューン。切れ味が鋭く、その上微妙なハーフ・チョーキングのニュアンスさえも交えるカッティングには驚く。

5. Rolling and Tumbling

御大マディ・ウォーターズのオリジナル。原曲のアコースティックでアーシーなブルースを4人は重くタイトに演奏している。ここでもスライド・ギターが堪能出来る。

6. Don’t Let Your Daddy Know

スパークスのウォーキング・ベースが気持ち良いミディアム・チューン。ブリローのハープ・ソロ、ジョンソンのギター・ソロ、どちらも非常に表現力豊かな演奏。バッキングで聴かれるブリローのロング・トーンのハープは実に気持ちが良い。

B1. Watch Your Step

アメリカのブルース・マン、ボビー・パーカー作。ジョンソンのギターとユニゾンのスパークスのベース、ビッグ・フィギュアのズンドコドラムが炸裂するブルース。ここでは比較的原曲に忠実にプレーしている。

2. Don’t You Just Know It

アメリカのR&Bピアニスト、ヒューイピアノスミス作。この曲では控えめながらボブ・アンドリュースのピアノが聴ける。カッティングを効果的に交えたジョンソンのギター・ソロが秀逸。ジャイブっぽいオリジナルを、また違った雰囲気で演奏している。こういう曲も彼らのルーツなのだと思うと、非常に興味深い。

3. Riot in Cell Block No. 9

リーバー&ストーラー作、Robinsのヒット曲。ややジャジーな雰囲気のあるこの曲をフィールグッドはヘビーなスロー・ブルースに仕上げている。ジャキジャキのジョンソンのダブル・トラックのギターがカッコ良い。

4. Because You’re Mine

同じパブ・ロック界のニック・ロウとジョンソンの共作の16ビート・ナンバー。ジョンソンの表情豊かなギターの独壇場のような1曲。

5. You Shouldn’t Call the Doctor (If You Can’t Afford the Bills)

ジョンソンオリジナルのアッパーなロッキン・チューン。ファンキーなアンドリュースのピアノが4人のプレーを煽り広がりをもたせている。

6. Route

『MALPRACTICE』YAHOO!ショッピング

『MALPRACTICE』楽天

↓Please Share!!

関連記事