Blogブログ

THE ROLLING STONES/GIMMIE SHELTER(ザ・ローリング・ストーンズ/ギミー・シェルター)

アルバム『GIMMIE SHELTER』は1971年にリリースされた企画編集盤。197071年に公開された映画『GIMMIE SHELTER』を再現するアルバムであって厳密なサントラ盤ではない。

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』(ブログ)

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)      

1971『Gimmie Shelter』(ブログ)

1972 『Exile On Main Street』(ブログ)

1973 『Goats Head Soup』(ブログ)

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)     

1976 『Black & Blue』(ブログ)

1986  『Dirty Work 』(ブログ)

1995 『Stripped』(ブログ)

2016 『Blue & Lonesome』(ブログ)

 

『GIMMIE SHELTER』

Personnel:

ミック・ジャガー (vo, g, harp) / キース・リチャーズ (g, vo) / ブライアン・ジョーンズ、ミック・テイラー (g) / チャーリー・ワッツ (ds)

 Track List

A1、 Jumpin’ Jack Flash、  2. Love In Vain、  3. Honky Tonk Women、  4.Street Fighting Man、   5.Sympathy For The Devil、   Gimme Shelter

B1、 Under My Thumb、    2.Time Is On My Side、  3. I’ve Been Loving You Too Long、   4.Fortune Teller、 5. Lady Jane、  6. (I Can’t Get No) Satisfaction

映画『 Gimme Shelter』〜オルタモントの悲劇〜への流れ

1966年、ストーンズは北米ツアーを諸事情により中止。696月、ギタリスト、ブライアン・ジョーンズが死亡。同7月、新メンバー、ミック・テイラーを伴ってジョーンズの追悼ライブをハイド・パークにて行う。その後11月から北米ツアーを3年振りに再開する。映画『GIMMIE SHELTER』はこのツアーを骨子にし撮影が行われた。ツアーは前半が11/711/16と後半が11/2411/302パートに分かれており、後半再開までの1週間のオフに公演以外のストーンズのシーンが撮影された。(因みにこの後半のパートでライブ・アルバム『GET YA YA’S OUT』が収録される)

ツアーの成功に感謝し、ストーンズは無料の屋外公演を企画、会場にサンフランシスコ郊外シェアズ・ポイント・インターナショナル・レースウェイを希望し、その準備が進められた。ところが開催日前日に会場側が開催を拒否、急遽新しい会場に選ばれたのが、40マイル離れたオルタモントのストック・カー・レースである。

前座は、ジェファーソン・エアープレイン、フライング・ブリトー・ブラザーズ、アイク&ティナ・ターナー。50万の聴衆が待つ寒気の中、ストーンズのステージは『JUMPIN’ JACK FLASH』で幕を開ける。「SYMPATHY FOR THE DEVIL』の演奏中、警備を担当したヘルス・エンジェルスと聴衆との間に衝突がステージ前で起こり、黒人少年が刺殺され死亡する。これがロック史に残る「オルタモントの悲劇」である。(結果このライブでは4人の聴衆が死亡、4人の少女が出産したという)

アルバムの内容はというと、冒頭に記した通り、この映画の中での演奏の音源ではなく、既発のシングル、アルバムからの曲をまとめた企画モノである。A面はシングルとしてリリースされヒットした曲、人気曲で構成されており、説明の要はないと思う。B面は実況LPGOT LIVE IF YOU WANT IT!(殆どの曲がスタジオ録音に歓声をダビングした擬似ライブ)からの抜粋。ブライアン・ジョーンズ在籍時の音源である。B3.I’ve Been Loving You Too Longは不世出の天才歌手オーティス・レディングのカバー。御大には遠くおよばないがジャガーは頑張って歌っている。またB6.(I Can’t Get No) Satisfaction逆にレディングがカバーしたことでも知られる。B4.Fortune Tellerはストーンズのオリジナルではなくネヴィル・ブラザーズのカバー。B5. Lady Janeはアルバム『AFTERMATH』に収録されたデッカ時代のストーンズが残した名バラードである。

A面はヒット曲、B面は初期の熱い演奏で、ここまでのストーンズのベスト盤的な側面もあり、持っていて損はない聞き応えのあるアルバムである。

『GIMMIE SHELTER』YAHOO!ショッピング

関連記事