Blogブログ

THE ROLLING STONES/BLACK & BLUE(ザ・ローリング・ストーンズ/ブラック・アンド・ブルー)

 

BLACK & BLUE』は、1976年リリース。ミック・テイラー脱退後、ロン・ウッドが初めて参加したアルバムである。

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』(ブログ)

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)      

1971『Gimmie Shelter』(ブログ)

1972 『Exile On Main Street』(ブログ)

1973 『Goats Head Soup』(ブログ)

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)     

1976 『Black & Blue』(ブログ)

1986  『Dirty Work 』(ブログ)

1995 『Stripped』(ブログ)

2016 『Blue & Lonesome』(ブログ)

 

『BLACK & BLUE』

 

Personnel:

ミック・ジャガー (vo, g, harp) / キース・リチャーズ (g, vo) / ロン・ウッド (g) / チャーリー・ワッツ (ds) / ビル・ワイマン(b)

 Track List

A1 Hot Stuff 、2.Hand Of Fate、 3. Cherry Oh Baby、   4.Memory Motel

B1 Hey Negrita、 2. Melody、  3.Fool To Cry、  4.Crazy Mama

冒頭に記したようにテイラー脱退直後のオリジナル・アルバムである。そのため、レコーディングは新ギタリストのオーディションを兼ねたものとなった。その後ウッドが正式メンバーとなるわけだが、このレコーディング時期はウッドはフェイセズの活動も続けている状態で、フェイセズ解散後の19762月に正式にストーンズのメンバーとなった。本アルバムの参加ギタリストは結果ハーヴィ・マンデル、ウェイン・パーキンス、ロン・ウッドの3人。ウッドのギターでの参加は3.Cherry Oh Baby、5. Hey Negrita2曲のみである。アルバム全体を通してビリー・プレストンがピアノ、オルガンで大きく貢献している。

Side A 

A1 .Hot Stuff、シングル「Fool To Cry」(アメリカ)のB面に収録された、泥臭さ控えめで比較的洗練された感じのファンク・チューン。ギターはハーヴィ・マンデル。2.Hand Of Fate、はストーンズらしいストレートなロックンロール。ギターはウェイン・パーキンス。3. Cherry Oh Baby、はジャマイカ出身のレゲエ・ミュージシャン、エリック・ドナルドソン1971年のヒット曲のカバー。ギターはウッド。4.Memory Motel スローなバラード、ギターはハーヴィ・マンデル。

Side B

B1 Hey Negrita 立体的なアレンジというか、各楽器の有機的なアレンジで非常に魅力的な1曲。ミッド・テンポのファンクをストーンズは完全に自分たちの音に仕上げている。ギターはウッド。この曲でストーンズはテイラーの後任をウッドに決めたのではないだろうか。2. Melody、本アルバム中の隠れベスト・トラックと呼びたい。これまでのストーンズには、この手のジャジーなナンバーはありそうで無かったと思う。オシャレで雰囲気もあるし、こういうのもこなせるんだというバンドの新たな側面である。この曲のギターはリチャーズだけのようだ。3.Fool To Cryアルバムからのシングル第1弾。イギリスで4位、アメリカで10位を記録。ギターはウェイン・パーキンス。ファルセットで歌うジャガーがセクシー。ジャガーはこの曲ではエレピも担当している。4.Crazy Mama イギリスでのシングル「Fool To Cry」のB面収録曲。ギターはリチャーズのみか。この曲ではリチャーズはベースも担当している。ストーンズ得意のミディアム・テンポの横ノリの圧巻のロックンロールで幕となる。

 

『BLACK & BLUE』YAHOO!ショッピング

『BLACK & BLUE』楽天

関連記事