Blogブログ

THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND/THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND(ポール・バタフィールド・ブルース・バンド)

THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND

『The Paul Butterfield Blues Band 』1965年発売の1stアルバム。全編、ブルース愛が詰まった熱い大名盤である。

Paul Butterfield ポール・バターフィールド :1942年イリノイ州シカゴ生まれ。少年期にフルートを専門的に学んだ後、大学生時代にはブルース・クラブを訪れるようになり、マディ・ウォーターズやリトル・ウォルターなどの演奏を間近に見て、彼らから直にブルースを学という音楽的にはかなり恵まれた環境に育った。
61年、シカゴの大学在学中にタルサ生え抜きのギタリスト、エルビン・ビショップと出逢い意気投合。2人は“The Buttercups”というバンドを結成し演奏活動を始める。1965年23歳の時、“The Paul Butterfield Blues Band”ポール・バターフィールド・ブルース・バンドを結成。当初のメンバーは、ポール(Vo,Harp)、マイク(Read Guit.)、エルヴィン(Rhy.Guit.)、マーク・ナフタリン(Organ)、ジェローム・アーノルド(Bass)、サム・レイ(Drams)の6人。シカゴでも有名になりつつあったバンドは、ロードアイランドで行われたニューポート・フォーク・フェスティバルへの出演を依頼され、1965年7月、そのステージに立ったものの、多くのフォーク・ファンは彼らのエレクトリック・ブルースに対してブーイングを発した。しかし、この時彼らの演奏を聴いて大きなショックを受けたBOB DYLAN(ボブ・ディラン)は、すぐにポールに声をかけ自分のステージのバックで演奏してくれるよう依頼する。(当時フォーク界でナンバー1の地位にいたボブ・ディランはこのフェスの大トリで、エレキ・ギターを携えてステージへ上がり、“プラグ・イン”、「ライク・ア・ローリング・ストーン」、「マギーズ・ファーム」などを披露。ステージから去るとき、彼のフォークソングを期待していた観客からはブーイングの嵐だった)結果的にこの出来事がバンドの知名度を上げることになった。エレクトラ・レコードと契約、1966年、「Born In Chicago」でレコード・デビュー。翌1966年「EAST-WEST」をリリース(ドラムス担当はサム・レイからビリー・ダヴェンポートに代わる)その後、レイ、67年にはブルームフィールドやアーノルドが相次いで脱退。The Paul Butterfield Blues Band黄金のラインナップでのアルバムはこの2作品のみである。

 

バタフィールド・ブルース・バンド・ディスコグラフィー

1965年『The Paul Butterfield Blues Band 』

1966年『East-West』

1967年 The Resurrection of Pigboy Crabshaw

1968年 In My Own Dream

1969年 Keep On Moving

1971年 Sometimes I Just Feel Like Smilin’ 

『The Paul Butterfield Blues Band 

Personnel : Paul Butterfield ポール・バターフィールド/ヴォーカル、ハープ、Mike Bloomfield マイク・ブルームフィールド/リード・ギター、Elvin Bishop エルヴィン・ビショップ/リズム・ギター、Jerome Arnold ジェローム・アーノルド/ベース、Mark Naftalin マーク・ナフタリン/オルガン、Sam Lay サム・レイ/ヴォーカル、ドラムス

Track List

A 1. Born In ChicagoA  2. Shake Your Money-Maker A 3. Blues With A Feeling A 4. Thank You Mr. Poobah A 5. I Got My Mojo Working A 6. Mellow Down Easy

B 1. Screamin’ B 2. Our Love Is Drifting B 3. Mystery Train B 4. Last Night B 5. Look Over Yonders Wall

 

Side A

A 1. Born In Chicago、オリジナルはNick Gravenites作。ソリッドでズ太いロッキン・ブルース。オープニングを飾るだけあってパーフェクトな演奏。本アルバム中ベスト・トラックの1曲。A 2. Shake Your Money-Makerはアップ・テンポ、ハネたリズムのエルモア・ジェイムスのカバー。ブルームフィールドの熱いスライド・ギターが楽しめる。A 3. Blues With A Feelingはリトル・ウォルター作、ミディアム・テンポのアーバン・ブルース。A 4. Thank You Mr. Poobahはオリジナルのインスト・ナンバー。ここではナフタリンの饒舌なオルガンソロが聴ける。A 5. I Got My Mojo Workingは御大マディ・ウォーターズで知られた曲で、シャッフル調の軽快なナンバー。ヴォーカルはドラムのレイで、結構マディに肉迫する仕上がり。A 6. Mellow Down EasyはChess Recordsの重鎮ウィリー・ディクソンのカバー。ディクソンはウッド・ベースのプレイヤーとしては勿論、ソングライターとしても優れた人であった。

Side B

B 1. Screamin’はブルームフィールド作のインストで、ハウリン・ウルフの”Shake for Me”タイプの曲。シカゴ・ブルースのお手本のような演奏である。B 2. Our Love Is Driftingはバタフィールドとビショップの共作。ブルームフィールドのエモーショナルなギターが素晴らしい。B 3. Mystery Trainはジュニア・パーカー作で、エルヴィスが歌ったことで有名な曲。この曲は映画「ラスト・ワルツ」でもバタフィールドが熱く歌っていた。もちろんバックを務めたのはザ・バンド。そのバージョンも最高。B 4. Last Nightはこのアルバムで2曲目のリトル・ウォルター作のスロー・ブルース。B 5. Look Over Yonders Wall、オリジナルはジェームス・クラーク。エルモア・ジェイムスがタイトルを替えて(“Look on Yonder Wall”)歌ったことで知られる。ここでは原曲より早いテンポで疾走感のあるナンバーに仕上がっている。

 

『The Paul Butterfield Blues Band 』TOWER RECORDS ONLINE

『The Paul Butterfield Blues Band 』YAHOO!ショッピング

『The Paul Butterfield Blues Band 』楽天

関連記事