Blogブログ

THE ROLLING STONES / ON AIR(ローリング・ストーンズ / オン・エアー)

『ON AIR』

2017年12月に発売されたTHE ROLLING STONES(ローリング・ストーンズ)の2枚組アルバムON AIR。

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)      

1971『Gimmie Shelter』

1972 『Exile On Main Street』

1973 『Goats Head Soup』

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)     

1976 『Black & Blue』

1983 『Under Cover』

1986  『Dirty Work 』

1995 『Stripped』

2016 『Blue & Lonesome』

ON AIR』

LP1

A1.Come On、2.(I Can’t Get No) Satisfaction、3.Roll Over Beethoven、4.The Spider And The Fly、5.Cops And Robbers、6.It’s All Over Now、7.Route 66
B1.Memphis, Tennessee、2.Down The Road Apiece、3.The Last Time、4.Cry To Me、5.Mercy, Mercy、6.Oh! Baby (We Got A Good Thing Goin’)、7.Around And Around、8.Hi Heel Sneakers、9.Fannie Mae
LP2
A1.You Better Move On、2.Mona、3.I Wanna Be Your Man、4.Carol.5.I’m Moving On、6,If You Need Me、7.Walking The Dog、8.Confessin’ The Blues

 

ジャケットの内側↑

ザ・ローリング・ストーンズが1963~1965年に出演した『Saturday Club』、『Top Gear』、『Rhythm and Blues』、『The Joe Loss Pop Show』といったBBCのラジオ番組での貴重なライヴ音源を収録したアルバム。

インナースリーブもポップで豪華↑

2枚組、全32曲のボリューム!ブラック・ミュージックを追い求めていた、溌剌としたストーンズが楽しめる好盤である。

Side  A

A1.Come On

チャック・ペリーのナンバー。ストーンズのデビュー・シングルとなるこの曲ではリチャーズのギターソロ、ジョーンズのハープソロ入っている。コーラス・ワークも丁寧だ。

2.(I Can’t Get No) Satisfaction

ストーンズ初の全米No.1ヒット。言わずと知れた名曲。ジョーンズがアコースティック・ギターを担当。今の形とはかなり異なりオリジナル・ヴァージョンに忠実。

3.Roll Over Beethoven

初の公式テイク!アップ・テンポでプレーしている。ギターはイーブンでドラムがハネる50年代のチャックベリースタイルにトライしている。ワイマンのベースがとてもグルービー。

4.The Spider And The Fly

ストーンズオリジナル。深いリバーブがかかったクセのあるジョーンズのギターがカッコ良い。

5.Cops And Robbers

ボ・ディドリー作。公式テイクなしでストーンズ版はこのライブ音源のみ。ブライアンはギターを弾かずハープに専念するという、デビュー直後にはよく見られたラインナップ。良い音で録られており、非常に奥行きを感じる演奏。

6.It’s All Over Now

全英No.1ヒット。突っ込み気味のリチャーズのソロが微笑ましい。

7.Route 66

ボビー・トゥループ作、チャック・ペリーのヒット曲。 タイトで端正なプレー。ツイン・ギターがくっきり分離し2人のスタイルの違いが良く分かる。

Side B

B1.Memphis, Tennessee

初の公式テイク。ブイブイうなるワイマンのベース、ジャガーの歌い方が思ったより優しい。

2.Down The Road Apiece

チャック・ベリー。ジョーンズがピアノを弾いている。ガレージ感たっぷりのワッツのスネアの破壊的なこと!

3.The Last Time

ストーンズオリジナル。ジャガーがタンバリンを打ちながら歌っている。

4.Cry To Me

ソロモン・バークのR&B。ピアノはイアン・スチュアートだろうか。しっとりとした味わい深い演奏。

5.Mercy, Mercy

ドン・コヴェイ。この曲はヴォーカルのオーバー・ダブがしてあるのかな、ジャガーの声がダブル・トラックのように聴こえる箇所がある。

6.Oh! Baby (We Got A Good Thing Goin’)

バーバラ・リンの曲。リズムを支えるリチャーズ、多彩なフレーズのジョーンズ、ツイン・ギターを楽しみたい。ジャガーもノリノリで歌っている。

7.Around And Around

チャック・ベリー・ナンバー。ラブ・ユー・ライブと聴き比べるのも面白い。初々しい演奏、音質があまりクリアで無いが、かえってガレージ感が強調されて悪くない。

8.Hi Heel Sneakers

トミー・タッカーのカバー、これまで公式テイクなし。ブリティッシュ・ビート・バンドが好んで取り上げた名曲。ストーンズもステージではたびたび取り上げていた。

9.Fannie Mae

バスター・ブラウン、本作が初リリースとなる。ラフで勢いのあるハープとギターの絡みが楽しめる。

Side C

C1.You Better Move On

アーサー・アレキサンダーのヒット曲。5人の息の合った演奏。ワッツのハイ・ハットの音が良い。

2.Mona

ボ・ディドリー作。フェイザーをかけたジョーンズのギター、ジャガーのマラカスが雰囲気を盛り上げている。コード・チェンジの少ない曲であるに関わらず、聴きごたえのある演奏。

3.I Wanna Be Your Man

言わずと知れたレノン/マッカートニー作。音質が若干劣るが荒々しい演奏でカッコ良い。ジョーンズのスライド・ギターも激しい。

4.Carol

チャック・ペリー・ナンバー。リチャーズの雄弁なギターが聴きもの。

5.I’m Moving On

原曲はハンク・スノウ。スライド・ギターはジョーンズ。ここでは、曲中も観客(?)の歓声が入っている。

6,If You Need Me

ウィルソン・ビケットのR&B。ジャガーとハモるジョーンズのヴォーカルもソウルフルだ。

7.Walking The Dog

ルーファス・トーマス・ナンバー。ここでも、ジョーンズのひしゃげた声のコーラスを楽しみたい。

8.Confessin’ The Blues

ジェイ・マクシャン楽団’41年発表のブルース。ストーンズはリトル・ウォルター・ヴァージョンを参考にしている。リチャーズのギターがかなりアグレッシブ。

Side D

D1.Everybody Needs Somebody To Love

ソロモン・バークがオリジナル。イアン・スチュのピアノで始まり、ラストがフェイドアウトでなくエンディングが聴ける演奏。

2.Little By Little

ナンカー・フェルジ作。女性ファンの歓声入り。ハープ・ソロはジャガー。

3.Ain’t That Loving You Baby

ジミー・リード。フェード・インで始まる。ガレージな音。ジャッキジャキのジョーンズのギター。

4.Beautiful Delilah

2ビートのロッキン・チューン。ストーンズ初リリース。キンクス、ストレイ・キャッツも演ってた曲。

5.Crackin’ Up

後にライブ盤LOVE YOU LIVEでもプレイしたトロピカルでグルービーなナンバー。

6.I Can’t Be Satisfied

マディ・ウォーターズ。イントロだけ聴くとまるでチェスの音源のようだ。黒っぽいジョーンズのスライドが聴きもの。

7.I Just Want To Make Love To You

マディ・ウォーターズ・ナンバー。パンキッシュなワッツのドラム!キメのところで、少しトチるのが分かるが勢いがあってカッコ良い。キレッキレのジョーンズのハープも最高。

8.2120 South Michigan Avenue

キース、ブライアンがギターでミックはハープで参加している。

これから初期のストーンズを聴き始める人や、ブライアン在籍時のアーリー・ストーンズが好きな人に!

『ON AIR』TOWER RECORDS ONLINE

『ON AIR』YAHOO!ショッピング

『ON AIR』楽天

 

 

THE ROLLING STONES & KEITH RICHARDS ブログ 一覧

ロッコ :本ブログVINYL DIARY(ビニール・ダイアリー)主催。レコードのことをビニール(又はヴァイナル)と呼ぶことから、この名称に。これまで少しずつ収集してきたロック、ジャズのアナログ盤、CDのレヴューを細く永く日記のように綴っていきたいと思っている。  またH・ペレットの雅号で画家としての顔も持つ(過去、絵画コンクールにて複数回の入選、受賞歴あり)ここ最近は主にミュージシャンの絵を描いている。(ジョニー・サンダース、キース・リチャーズ、トム・ウェイツ、他)絵画に興味ある方はご覧ください。

H・ペレット公式サイト

関連記事