Blogブログ

THE ROLLING STONES/GOATS HEAD SOUP(ザ・ローリング・ストーンズ/山羊の頭のスープ)

『GOATS HEAD SOUP』

1973年に発売された、ストーンズのアルバム。

 

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)      

1971『Gimmie Shelter』

1972 『Exile On Main Street』

1973 『Goats Head Soup』

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)     

1976 『Black & Blue』

1983 『Under Cover』

1986  『Dirty Work 』

1995 『Stripped』

2016 『Blue & Lonesome』

 

GOATS HEAD SOUP

Track List

A1. Dancing With Mr. D. 、2.100 Years Ago 、3.Coming Down Again 、4.Doo Doo Doo Doo Doo (Heartbreaker) 、5.Angie

B1.Silver Train 、2.Hide Your Love 、3.Winter 、4.Can You Hear The Music 、5.Star Star

 

このアルバムは、ストーンズの中でもそれほど高く評価されてはいないようなのだけど、時々とても聴きたくなることがあって、未だに手離さず持っている、他のアルバムでは感じない手触りが良い。所有しているのは当時発売された日本盤の中古である。ジャケットはそこそこキレイだけど、インナースリーブとライナーはヤケとシミがある。それからアナログ盤特有の匂い。ジャケットの質感、ビニールの手触り、やはり70年代のレコードはいい。

注目は曲名が記載されたライナーノーツの一部↑

(画像参照)

曲名のすぐ下に鍵盤の担当だけが書かれている。

ニッキー・ホプキンスがA-135B-34

ピリー・プレストンがA-24

イアン・スチュアートがB-15

ミック・ジャガーもB-2でクレジットされている。

(もちろん、その下の方にはその他の参加ミュージシャンと担当楽器も記載されている)

ピアノをはじめとする鍵盤が全編に入っていて、その音が比較的大きく、全体的に鍵盤の比重が大きい。上記のクレジットは、「今回のアルバムはいつものギター・サウンドに加えてピアノ・アルバムでもある」というバンドからの意思表明なのだろうか。

アルバム全体がジャケットの画像に呼応して、霧がかかったような音作りというのか、いつものストーンズのカラッとした感じが薄く、むしろ湿り気がある感触がある。ギターはダイレクトな音よりも、エフェクトで音色が変えてある曲が多い。ボーカルもリバーブが深い曲が多い。ホーンとパーカッションはいつものようにしっかりと入っている。ドラムの音が太くて温かくていい。

A-1 DANCING WITH MR.Dから一気に引き摺り込まれる。キースのギターの音がズ太くてカッコいい。A-2 100 YEARS AGOは名手ピリー・プレストンのクラビネットがハマっていて、ギターよりもそっちに耳がいってしまう。A-3 COMING DOWN AGAINはキースがヴォーカルのバラード。A-4 HEARTBRAKERはサビのミックのヴォーカルのアウトする感じがクセになるロックンロール。A-5 ANGIEは大ヒットシングル。

B-1 SILVER TRAIN 流麗なスライド・ギターが抜群にかっこいい。ラストのミックのハープも良い。B-2 HIDE YOUR LOVE ストーンズらしいミディアム・チューン。この曲でのリバーブ深めのスライドとピアノの絡みがいい。B-3 WINTER  ミックが歌うバラード。後半のストリングスも感動的。B-4 CAN YOU HEAR THE MUSIC アルバム中1番ギターのエフェクトが濃い曲。B-5 STAR STAR ラストを飾るロッキン・チューン。

A-5B-5以外はあまり演奏されないし、派手さのないアルバムだが、聴き飽きない、ミック・テイラー在籍時の名盤である。

 

『GOATS HEAD SOUP』TOWER RECORDS ONLINE

『GOATS HEAD SOUP』YAHOO!ショッピング

『GOATS HEAD SOUP』楽天

 

 

THE ROLLING STONES & KEITH RICHARDS ブログ 一覧

ロッコ :本ブログVINYL DIARY(ビニール・ダイアリー)主催。レコードのことをビニール(又はヴァイナル)と呼ぶことから、この名称に。これまで少しずつ収集してきたロック、ジャズのアナログ盤、CDのレヴューを細く永く日記のように綴っていきたいと思っている。  またH・ペレットの雅号で画家としての顔も持つ(過去、絵画コンクールにて複数回の入選、受賞歴あり)ここ最近は主にミュージシャンの絵を描いている。(ジョニー・サンダース、キース・リチャーズ、トム・ウェイツ、他)絵画に興味ある方はご覧ください。

H・ペレット公式サイト

関連記事