Blogブログ

THE ROLLING STONES/ EXILE ON MAIN ST(ザ・ローリング・ストーンズ/メインストリートのならず者)

1972年に発売されたストーンズ初の2枚組アルバム。

 

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』(ブログ)

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)      

1971『Gimmie Shelter』(ブログ)

1972 『Exile On Main Street』(ブログ)

1973 『Goats Head Soup』(ブログ)

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)     

1976 『Black & Blue』(ブログ)

1986  『Dirty Work 』(ブログ)

1995 『Stripped』(ブログ)

2016 『Blue & Lonesome』(ブログ)

 

『EXILE ON MAIN ST』

Track List

A1.Rocks Off 、2.Rip This Joint 、3.Shake Your Hips 、4.Casino Boogie 、5.Tumbling Dice

B1. Sweet Virginia 、2.Torn And Frayed 、3.Sweet Black Angel 、4.Loving Cup 

C1.Happy 、2.Turd On The Run 、3.Ventilator Blues 、4.I Just Want To See His Face 、5.Let It Loose

D1.All Down The Line 、2.Stop Breaking Down 、3.Shine A Light 、4.Soul Survivor

 

数あるストーンズのアルバムから何枚か選ぶとしたら(ストーンズは作品があまりに多いので、その時の気分にもよるのだけど)レット・イット・ブリード、べカーズ・バンケットと並び本作は必ず上位に来る、それくらい好きで良く聴くアルバム。

作品の特徴はというと、レット・イット・ブリード、べガーズ・バンケットはコンセプトがある程度固まっている、というかアルバムのカラーが明確に感じられる。のだけど、メインストリートのならず者今自分たちが演れることなら、完成度は度外視して全部注ぎ込むぜという気迫、ブルース、ロックンロールからジャズ、ロカビリー、カントリーに至るまで、ストーンズのバック・ボーンが赤裸々なまでに露呈している、その雑多性、まとまりのなさが逆に大変な魅力に感じる作品なのだ。

SIDE-1

1 Rocks Off 

ミックの粘っこいボーカル、派手なホーンもカッコいいオープニング・ナンバー。

2 Rip This Joint

激しい縦ノリのロカビリー。

3 Shake Your Hips

スラップっぽいリム・ショットが効いた、1コードの呪術的なブギー。

4 Casino Boogie

ミックとキースのツイン・ボーカルが聴きもののルーズなブルース。

5 Tumbling Dice

言わずと知れた、シングルで大ヒットを記録した屈指の名曲。

SIDE-2

6 Sweet Virginia

分厚い女性バック・コーラスの迫力が感動の素晴らしいバラード。

7 Torn And Frayed 

オルガンがフィーチャーされたゴスペルっぽいナンバー。ミックとキースのツイン・ボーカル。

8 Sweet Black Angel 

印象的なギター・リフで始まるアコースティックなナンバー。バックの様々なパーカッションが心地良い。

9 Loving Cup 

映画シャイン・ア・ライトでのジャック・ホワイトとの共演、良かった。これも名曲。

SIDE-3

10 Happy 

シンプルこの上ないリフ、キースが文字通り楽しそうに歌う。

11 Turd On The Run 

実験的で未完成な雰囲気が逆にカッコいいアコースティックなロッキン・チューン。

12 Ventilator Blues

耳に残るギター・リフのブルース・ナンバー。チャーリーのドラムの音がプリミティブで良い。味出しのサックスはお馴染みボビー・キーズ。

13 I Just Want To See His Face 

またも呪術的な1コードのブルース・ナンバー。ハモンド?とトレモロの効いたギター・サウンドがいつまでも聴いていられる。

14 Let It Loose

官能的なギターのアルペジオから始まる美しいバラード。この曲もコーラス部分はゴスペルっぽさを感じる。

SIDE-4

15 All Down The Line 

キースのバッキング・ギターが抜群に気持ちいい、ストーンズお得意のロックンロール。ミック・テイラーのスライド・ギターも素晴らしい!

16 Stop Breaking Down

ルーズなノリのブルース・ナンバー。全編で吹かれるアンプリファイドされたハープが文句なしのカッコ良さ。スライド・ギターもグー。

17 Shine A Light

オルガン、ピアノが大きくフィーチャーされた、切なく悲しく美しいメロディーのスロー・ナンバー。ギター・ソロも感動的。

18 Soul Survivor

アルバム・ラストを飾る力強いクロージング・ナンバー。

相変わらずの音の厚みと良い意味でのルーズさにより、聴くたびに新しい発見があるスルメイカのようなアルバムなのである。

『EXILE ON MAIN ST』TOWER RECORDS ONLINE

『EXILE ON MAIN ST』YAHOO!ショッピング

『EXILE ON MAIN ST』楽天

関連記事