Blogブログ

THE ROLLING STONES/DIRTY WORK(ザ・ローリング・ストーンズ/ダーティー・ワーク)

DIRTY WORK

1986年にリリースされた全英全米共に4位の大ヒットを記録したアルバムである

 

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)      

1971『Gimmie Shelter』

1972 『Exile On Main Street』

1973 『Goats Head Soup』

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)     

1976 『Black & Blue』

1983 『Under Cover』

1986  『Dirty Work 』

1995 『Stripped』

2016 『Blue & Lonesome』

 

DIRTY WORK

インナー・スリーブのイラストがポップで可愛い↑

TRACK LIST

SIDE-A :  1.ONE HIT  2.FIGHT  3. HARLEM SHUFFLE  4.HOLD BACK  5.TOO RUDE

SIDE-B  :  1.WINNING UGLY  2.BACK TO ZERO  3.DIRTY WORK  4.HAD IT WITH YOU  5.SLEEP TONIGHT

ジャガーがソロ活動と並行してのレコーディングということで、この時期リチャーズとの仲は最悪だったということなのだが、逆にそれが効を奏したのか、アグレッシブで熱いストーンズが楽しめる好盤である。

緊張感のあるアコースティック・ギターのイントロで始まるオープニング・ナンバーの 1.ONE HIT、には、ジミー・ペイジがエレキで参加。ロックンロールの、2.FIGHT は、激しいギターのカッティングがカッコ良い 。アメリカのソウル・デュオ ボブ&アールのカバーの、3. HARLEM SHUFFLE にはトム・ウェイツがコーラスで参加 。何かが憑依でもしたかのようなジャガーの声が凄まじい4.HOLD BACK。ハーフ・パイントのカバーの 5.TOO RUDE(元々のタイトルはWinsome)はリチャーズがヴォーカルのレゲエ・チューン。

キーボードの音がいかにも80年代て感じの1.WINNING UGLY は、ストーンズにしては珍しい曲調ではなかろうか。ジャガー/リチャーズのクレジットでちょっとビックリ。(因みに本作で”ジャガー/リチャーズ”の2人だけの名義はA-4.B-1.5の3曲のみで、このことからも、2人が上手くいっていなかったことが想像出来る)。2.BACK TO ZERO  、はファンク・チューン。3.DIRTY WORK と4.HAD IT WITH YOU  の2曲は、オーバー・ダブ控えめ、5人のピュアな演奏が楽しめる、ストレートなロックンロールに仕上がっている。特に4のワッツのドラムはリバーブ少なめで生音に近くとてもいい。クロージング・ナンバーはリチャーズが歌うクールなバラード、5.SLEEP TONIGHT。この後、クレジットにはないが隠しトラックで、亡くなったイアン・スチュのピアノのKey To The Highwayがほんの少し収録されていて泣かせる。

 

『DIRTY WORK』TOWER RECORDS ONLINE

『DIRTY WORK』YAHOO!ショッピング

『DIRTY WORK』楽天

 

THE ROLLING STONES & KEITH RICHARDS ブログ 一覧

ロッコ :本ブログVINYL DIARY(ビニール・ダイアリー)主催。レコードのことをビニール(又はヴァイナル)と呼ぶことから、この名称に。これまで少しずつ収集してきたロック、ジャズのアナログ盤、CDのレヴューを細く永く日記のように綴っていきたいと思っている。  またH・ペレットの雅号で画家としての顔も持つ(過去、絵画コンクールにて複数回の入選、受賞歴あり)ここ最近は主にミュージシャンの絵を描いている。(ジョニー・サンダース、キース・リチャーズ、トム・ウェイツ、他)絵画に興味ある方はご覧ください。

H・ペレット公式サイト

関連記事