Blogブログ

THE ROLLING STONES/BLUE & LONESOME(ザ・ローリング・ストーンズ/ブルー&ロンサム)

『BLUE & LONESOME』

キャリア54年目にしてグループ初となる全曲ブルースのカバー・アルバム、2016年リリース

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)      

1971『Gimmie Shelter』

1972 『Exile On Main Street』

1973 『Goats Head Soup』

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)     

1976 『Black & Blue』

1983『Under Cover』

1986  『Dirty Work 』

1995 『Stripped』

2016 『Blue & Lonesome』

『BLUE & LONESOME』

 Track List
A1.Just Your Fool、2.Commit A Crime、3.Blue And Lonesome
B1.All Of Your Love、2.I Gotta Go、3.Everybody Knows About My Good Thing
C1.Ride ‘Em On Down、2.Hate To See You Go、3.Hoo Doo Blues
D1.Little Rain、2,Just Like I Treat You 、3.I Can’t Quit You Baby

制作期間は約3日間(!)でオーバーダブも殆どされてないらしい。エリック・クラプトンが45年ぶりにストーンズのアルバムに参加しているのも話題になった。全編通してミックのヴォーカルとハープが全開、ギミック使わず荒々しい音のまま仕上げたような手触りがあり、そのプリミティブさが大変な魅力である。

 

 A1.Just Your Fool

オープニングはバディ・ジョンソン作の腰にクル、横ノリのブルース。いきなり猛々しいジャガーのハープが飛び込んできて、それは完全に振り切れている。ギミック無しの、ラウドでシンプルでプリミティブなプレー・スタイルに熱くなる。

2.Commit A Crime

ハウリン・ウルフ作の1コードのディープなブルース。ロニーの軽快なギター・リフが前に出てくるが、キースのギターも裏でかなり効いている。チャーリー・ワッツのスネアの音が、まるでスタジオ、目の前で聴いているかのようで、実に良い。ジャガーのヴォーカルはエネルギーに満ち溢れていて、ハープも非常にエモーショナル。

3.Blue And Lonesome

リトル・ウォルターによるタイトル・ソングは、スロー・ブルース。ウッドの重く、タメの利いたギター、歪んだ荒い音のリチャーズのギター、ジャガーの情熱的な歌い方、全てが非常にバランス良く仕上げられている。

B1.All Of Your Love

ブルース・ギターの名手マジック・サム作のスロー・ブルース。何かが憑依しているようなミックの表現力が凄まじく、実にイキイキと歌っている。ブルージーなピアノ・ソロはチャック・リーヴェル?エンディングのギターはリチャーズか。

2.I Gotta Go

リトル・ウォルターのアッパーなロッキン・ブルース。ノリノリのミックのハープ、ヴォーカルが共に素晴らしい。この曲でも、ツヤがあり、良く伸びる声を披露している。

3.Everybody Knows About My Good Thing

リトル・ジョニー・テイラーの、3連のスロー・ブルース。クラプトン?の粘りがあり、流れるようなスライド・ギターは見事としか言いようがない。荒っぽくもエモーショナルなギター・ソロはリチャーズか。後半に向かって熱くなる演奏がたまらない。

C1.Ride ‘Em On Down

エディ・テイラー作の横ノリのブルース・チューン。ギターの音が目一杯振り切れてる感じで大変な凄みがある。ウッドが歌心あふれるギター・ソロを披露。ワッツのドラムが生み出すグループも素晴らしい。

2.Hate To See You Go

リトル・ウォルター作のシンプルな1コードのブルース。アンプリファイドされたジャガーのハープ、歪み気味のヴォーカル、ここでも大変な瞬発力と、説得力のある演奏である。

3.Hoo Doo Blues

オーティス・ヒックス、ジェリー・ウェストによる重い、スロー・ブルース。ここでのスライド・ギターはウッドか。タイトル通り、ディープで呪術的な演奏が楽しめ、一体感のあるプレーが聴ける。

D1.Little Rain

ストーンズが昔からよく取り上げているジミー・リード作。2本のズ太く温かいギターの絡みが妖艶なまでに美しい。ジャガーのヴォーカルもセクシーだ。音に隙間があるので、ことのほか、各楽器の音の良さが際立っている。

2,Just Like I Treat You

ウィリー・ディクソン作のノリノリのロッキン・ブルースをストーンズはタイトな演奏でまとめている。リチャーズの刻むズ太いギター、コロコロ転がるピアノが小気味良い。フロントを煽るワッツのドラムも力強くて素晴らしい。

3.I Can’t Quit You Baby

ウィリー・ディクソン作。クラプトン参加。ギタリスト3人が、ぶつかることなく、実に芳醇で贅沢な音での演奏である。ジャガーを初めメンバー皆がグルーブに酔い、嬉々としてプレーしているのが目に浮かぶようだ。ジャガーが曲中、イェーを度々発するのも分かる熟練の演奏である。

初期のストーンズとはまた違う、熟成された荒々しさみたいなものを感じる傑作である。

『BLUE & LONESOME』TOWER RECORDS ONLINE

『BLUE & LONESOME』YAHOO!ショッピング

『BLUE & LONESOME』楽天

 

THE ROLLING STONES & KEITH RICHARDS ブログ 一覧

ロッコ :本ブログVINYL DIARY(ビニール・ダイアリー)主催。レコードのことをビニール(又はヴァイナル)と呼ぶことから、この名称に。これまで少しずつ収集してきたロック、ジャズのアナログ盤、CDのレヴューを細く永く日記のように綴っていきたいと思っている。  またH・ペレットの雅号で画家としての顔も持つ(過去、絵画コンクールにて複数回の入選、受賞歴あり)ここ最近は主にミュージシャンの絵を描いている。(ジョニー・サンダース、キース・リチャーズ、トム・ウェイツ、他)絵画に興味ある方はご覧ください。

H・ペレット公式サイト

関連記事