Blogブログ

MORPHINE/GOOD(モーフィン/グッド)

GOOD変則的な構成の3人組。ダークでムーディーな唯一無比の世界観でLOW ROCK(ロウ・ロック)という言葉を世に知らしめたバンド

 

モーフィンMorphine)はニュー・イングランドで結成されたアメリカのロック・バンド。メンバーはマーク・サンドマンヴォーカル、二弦スライド・ベース(1989–1999)、デイナ・コーリー – バリトン、テナー・サックス(1989–1999)。ドラムは時期によって異なりジェローム・デュプリー (1989–1991, 1991–1993, 1998–1999)、ビル・コンウェイ (1991, 1993–1999)の2人がつとめた。酔っ払ったミュージシャンがビール瓶をスライドバー代わりにしてベースを弾いていたのを見て、自身もトライ。最初は1弦のみでプレイしていたがハーモニーを出せるように2弦に改良。ピックアップはプレシジョンをリヤとフロントにマウントした、こうしてマーク・サンドマンは自分のスタイルを確立した。

ヒストリー:1989年元Treat Her Rightのマーク・サンドマン(ボーカル、スライドベース)と、ボストンのローカル・バンドで活動していたデイナ・コーリー(サックス)、ジェローム・デュプリー(ドラム)によって結成される。結成当初、サンドマンは弦を1本のみ張ったベースをスライド・バーを用いて演奏していたが、後に弦をもう1本追加して独特の2弦スライドベースを編み出した。サンドマンのベースに、コーリーのバリトン・サックス、そしてドラムから構成される変則トリオは低音を主軸としたジャズ、ブルース寄りの独特のロックを展開。その音楽は“Low Rock”と形容された。

19921stアルバム『GOOD』(ブログ)を地元のインディーレーベルから発表。19932ndアルバム『Cure For Pain』(ブログ)カレッジラジオを中心に評判を呼んだ。リリース後はアメリカ、ヨーロッパ、日本をツアーして周る。19953rdアルバム「Yes』、19974thアルバム『Like Swimming 』と続けてアルバムを発表。しかし、199973日、イタリア・パレストリーナでのライヴ中にマーク・サンドマンが心臓発作で倒れ、客死。突然の悲劇でフロントマンを失ったバンドはすぐに解散を発表した。

2000年には遺作となる5thアルバム『The Night』がリリースされ、残されたメンバー二人は“Orchestra Morphine”という9人編成のバンドを率いてアメリカ東海岸でトリビュート・コンサートを行った。また、2011年にはマーク・サンドマンの生涯を描いたドキュメンタリー映画『Cure for PainThe Mark Sandman Story』が公開された。スタジオ・アルバム以外にもライブ・アルバム、2000 「Bootleg Detroit』を、コンピレーション・アルバム、1997 『B-Sides and Otherwise』、2003 『The Best of Morphine: 1992-1995』、2004 『Sandbox: The Mark Sandman Box Set』、2009 『At Your Service』の4枚をリリースしている。

 

『GOOD』

ノワールな香りプンプンのインナーフォト↑

Track List

A1. Good、2.The Saddest Song、3.Claire、4.Have A Lucky Day、5.You Speak My Language、6.You Look Like Rain

B1.Do Not Go Quietly Unto Your Grave、2.Lisa、3.The Only One、4.Test-Tube Baby/Shoot’m Down、5.The Other Side、6.I Know You(Part1)、7.I Know You(Part2

 

これはそのモーフィンの92年発売のデビューアルバム。オープニング・ナンバーのGOODから既にオリジナリティに溢れるバンドの音が完成している!アルバムはムーディーでダークでメローな曲調が多い。スライドベースがフレットレスっぽい音である上に、サックスがメインのバンドだから全体的にはかなりジャジーな印象を受けるが曲調はブルースやロックがベースにある(と思う)メンバーそれぞれ、本命のバンドがあったにも関わらず、それとは別に遊びで集まって演奏したら、あれよあれよと売れてしまってデビューに至ったという珍しい経歴のバンドだ(因みにサンドマンはR&Bのバンドをしていた)

マーク・サンドマンは大変な読書家。メンバー3人とも映画や文学が好きで、集まれば音楽よりもそんな話ばかりしていたらしい。確かに、このアルバムには映画のサントラを聴いているような雰囲気もある。サンドマンの甘く、時にエッジーな声、ジャジーなデイナ・コーリーの腹に響くバリトンサックス、下からタイトに支えるジェローム・デュプリーのドラム。帰宅中の車の中とか、自宅でお酒を飲みながらとか、どちらかというと夜に合う音楽だと思う。

ただ、メロウでムーディーな曲が多いと書いたけどA-5の”YOU SPEAK MY LANGUAGE”やB-4 “TEST-TUBE BABY/SHOOT DOWN”のようなハードでエキサイティングな曲も所々に挟んでいてそれがアクセントになり聴いていて飽きない。

99年、イタリアでのライブ中、マーク・サンドマンが心臓発作で客死してしまう。製作途中だった最後のアルバム”THE NIGHT”を残ったメンバーで完成し、解散してしまったモーフィン。でも3人が残した音楽は色褪せることなく、世代を超えてファンを獲得していくことだろうと思う。

 

『GOOD』TOWER RECORDS ONLINE

『GOOD』YAHOO!ショッピング

『GOOD』楽天

関連記事