Blogブログ

THE KILLS/NO WOW(ザ・キルズ/ノー・ワウ)

ザ・キルズ (The Kills) は、ジェイミー・ヒンス(通称ホテル)とアリソン・モシャート(通称ヴィヴィ)からなるデュオ/バンド。『NO  WOW』2005年にリリースされたザ・キルズの2ndアルバムである。

 

ザ・キルズ (The Kills) は、ジェイミー・ヒンス(通称ホテル イギリス出身)とアリソン・モシャート(通称ヴィヴィ アメリカ出身)からなるデュオ/バンド。繊細なヴォーカルと攻撃的でローファイなギターが奏でるガレージ・ロック、パンク、ブルースをルーツとするサウンドでUKロックの隆盛を支え、絶大な支持を得る。

THE KILLS 2人の出会い:ディスカウントというバンドでイギリス公演中だったヴィヴィが泊まったホテル。そこにはたまたまホテル滞在しており、彼の部屋から漏れ聴こえる音楽にヴィヴィが興味を持って近付いたことで、2人は運命的な出会いを果たす。意気投合した2人は、ヴィヴィがアメリカに帰国してからも大西洋をはさんでお互いの自作の音源のやり取りを続け、その後合流。2001年にデモテープ発表。

ディスコグラフィー

2002年、ドミノから『Black Rooster EP』でデビュー。

20033月、1stアルバム『Keep on your mean side』(ブログ)リリース。 

20052月、2ndアルバム『No Wow』(ブログ)リリース。

20083月、3rdアルバム『Midnight Boon』(ブログ)リリース

20114月、4thアルバム『Blood Pressures』ブログ)リリース

20166月、5thアルバム  『Ash & Ice』(ブログ)リリース。

202012月、 『Little Busters』(ブログ)(Bサイドとレア音源の全曲リマスター編集盤)リリース。

現在まで6枚のアルバムをリリースしている。

 

NO  WOW』

ダウンロードコード付き、インナー・フォトがそのまんま歌詞カードという作りの、いつもとってもオシャレなキルズさん↑

Track List

A1.No Wow 2.Telephone Radio Germany 3.Love Is A Deserter 4.Dead Road 7 5.The Good Ones 6.I Hate The Way You Love 7.I Hate The Way You Love Pt.2

B1.At The Back Of The Shell 2.Sweet Cloud 3.Rodeo Town 4.Murdermile 5.Ticket Man

アルバムのことを語ると、ゾクゾクするイントロからどんどんボルテージが上がっていくタイトル・チューン、A-1、『No Wow」。ラジオのノイズのインタールードがアクセントでカッコいい、A-2、「Telephone Radio Germany 」。ズ太いギターとデジタルなリズムの絡みが見事に融合したアルバムからの1stシングル、A-3、「Love Is A Deserter」。シンプルな構成のスロー・ナンバー、A-4、「Dead Road 7」。2人のツイン・リード・ヴォーカルが聴きもののポップ・チューン、シングルとしてリリースされUKチャートの23位を記録した A-5、「The Good Ones」。2部構成で楽しめるA-67I Hate The Way You Love (PT.2)

ハンド・クラップがリズムを支え、トリッキーなギター・リフが楽しめる、、B-1、「At The Back Of The Shell 」。1台のギターで作る驚愕のアンサンブルが聴ける B-2Sweet Cloud」。シンプルながらもメロディーの良さと適度なポップさで感動的なバラード、B-3、「Rodeo Town」。轟音ギターのリフとヴィヴィのヴォーカルとのコール&レスポンスが聴きものの、B-4、「Murdermile」。これ以上ないほどに削ぎ落とされた楽曲、単音のピアノとストンピングだけで構成されたクロージング・ナンバー、B-5、「Ticket Man」。

NoWow」はTVシリーズのPerson of Interest、シーズン5、エピソード1で、また「グッドワイフ」シーズン4、エピソード20でも使用された。

『NO WOW』TOWER RECORDS ONLINE

『NO WOW』YAHOO!ショッピング

『NO WOW』楽天

関連記事