Blogブログ

THE KILLS/BLOOD PRESSURES(ザ・キルズ/ブラッド・プレッシャーズ)

前作『Midnight Boom』から3年の月日を経て2011年にリリースされた『BLOOD PRESSURES』。

 

ザ・キルズ (The Kills) は、ジェイミー・ヒンス(通称ホテル イギリス出身)とアリソン・モシャート(通称ヴィヴィ アメリカ出身)からなるデュオ/バンド。繊細なヴォーカルと攻撃的でローファイなギターが奏でるガレージ・ロック、パンク、ブルースをルーツとするサウンドでUKロックの隆盛を支え、絶大な支持を得る。

THE KILLS 2人の出会い:ディスカウントというバンドでイギリス公演中だったヴィヴィが泊まったホテル。そこにはたまたまホテル滞在しており、彼の部屋から漏れ聴こえる音楽にヴィヴィが興味を持って近付いたことで、2人は運命的な出会いを果たす。意気投合した2人は、ヴィヴィがアメリカに帰国してからも大西洋をはさんでお互いの自作の音源のやり取りを続け、その後合流。2001年にデモテープ発表。

ディスコグラフィー

2002年、ドミノから『Black Rooster EP』でデビュー。

20033月、1stアルバム『Keep on your mean side』(ブログ)リリース。 

20052月、2ndアルバム『No Wow』(ブログ)リリース。

20083月、3rdアルバム『Midnight Boon』(ブログ)リリース

20114月、4thアルバム『Blood Pressures』ブログ)リリース

20166月、5thアルバム  『Ash & Ice』(ブログ)リリース。

202012月、 『Little Busters』(ブログ)(Bサイドとレア音源の全曲リマスター編集盤)リリース。

現在まで6枚のアルバムをリリースしている。

 

BLOOD PRESSURES

track list

A-1.FUTURE STARTS SLOW、2.SATELLITE、3.HEART IS A BEATING DRUM、4.NAIL IN MY COFFIN、5.WILD CHARMS、6.DNA

B-1BABY SAYS、2.THE LAST GOODBYE、3.DAMNED IF SHE DO、4.YOU DON’T OWN THE ROAD、5.POTS AND PAN

ホワイト・ストライプス 、ストロークスらと共に、ロックンロール・リバイバルを牽引する男女デュオザ・キルズの4thBloodPressures』

前作はトリプルエクスチェンジとのタッグで作られたが、今回はセルフ・プロデュース、しかもホテルとヴィヴィのたった2人でギター、ピアノ、メロトロン(オルガン式サンプラー)など全ての楽器を演奏、無駄を削ぎ落としたソリッドなサウンドを敏腕トム・エルムハーストがミックスし、エモーショナルで重厚なサウンドに仕上げている。

混声のツイン・ボーカルがクールなオープニング・ナンバー、A-1「FUTURE STARTS SLOW」。ヴィヴィのセクシーなヴォーカルとローファイな魅力がたっぷり詰まった、A-3『HEART IS A BEATING DRUM』。バンドの新境地とも言うべき、ポップでキュートなラブ・ソング、B-1『BABY SAYS』。柔らかいピアノの音色をバックに、甘くソフトにヴィヴィが歌う、B-2『THE LAST GOODBYE』。プリミティブなリズムとツイン・ボーカル、ブルージーで枯れたアコースティック・ギター、B-5「POTS AND PAN』でアルバムを締めくくる。

このアルバムから5年後の20166月にバンドは5thアルバム『Ash & Ice』をリリースする。

『BLOOD PRESSURES』TOWER RECORDS ONLINE

『BLOOD PRESSURES』YAHOO!ショッピング

『Blood Pressures』楽天

関連記事