Blogブログ

VAN MORRISON(ヴァン・モリソン)/COMMON ONE(コモン・ワン)

『Common One』は、1980年にリリースされた北アイルランドのシンガーソングライターVan Morrisonによる12枚目のスタジオアルバムである。

1964年にゼムを結成し、デビュー。「グロリア」(パティ・スミスのカバーでも有名)などのヒットを飛ばし、当時イギリスで隆盛したブルー・アイド・ソウルの歌手として人気を博す。

1966年、アメリカ・ツアー終了後、モリソンはゼムを脱退し、一旦は帰国するもののバート・バーンズの誘いに応じてアメリカに渡りソロに転向する。1968Astral Weeks1970Moondance など、傑作を次々と発表。現在でも優れた作品を発表し続けている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インナー・スリーブが歌詞カードになっている↑

アルバムは、フランスのリビエラにあるニース近くのスーパーベアスタジオで9日間にわたって録音された。この作品は、コマーシャルな要素を排した宗教色の濃い作品で、ポップの主流外の音楽ということで、批評家にはあまり受け入れられなかった。15分を越す楽曲2曲を含む、大作6曲という構成。2部構成がとられているSUMMERTIME IN ENGLANDでは、ワーズワース、ブレイク、エリオットなど詩人の名が綴られていく。また、オープニング・トラックのHOUNTS OF ANCIENT PEACEは、アルフレッドオースティン(桂冠詩人1896–1912)の(1902)の本にちなんで名付けられている。

参加ミュージシャン

VAN MORRISON    ALL SONGS COMPOSED & PERFORMED

PETER VAN HOOKE    DRUMS

DAVID HAYES  – BASS

JOHN ALLAIR    KEYBOARDS

HERBIE ARMSTRONG    ACOUSTIC & ELECTRIC RHYTHM GUITAR

MICK COX    LEAD GUITAR

MARK ISHAM    TRUMPET & FLUEGELHORN

PEE WEE ELLIS    SAX & FLUTE

 

TRACK LIST

A-1. HAUNTS OF ANCIENT PEACE

A-2. SUMMERTIME IN ENGLAND

A-3. SATISFIED

B-1. WILD HONEY

B-2. SPIRIT

B-3. WHEN HEART IS OPEN

オープニングを飾るA-1. HAUNTS OF ANCIENT PEACEは、スロー・ナンバー。ゴスペルぽさも感じさせるスピリチュアル・ソウル。全ての楽器がモリソンの声に寄り添うように演奏されている。続くA-2. SUMMERTIME IN ENGLANDは、最初は軽快なファンク・チューン。ホーン、ストリングス、リズム隊とモリソンの声が見事に溶け合っている。途中一旦スロー・ダウンし、しっとりと聴かせてから、またテンポ・アップしていく、といった凝った作り。指を鳴らしながら歌うあたりは心から歌うことを楽しんでいることが感じられる。最後はストリングスの音色で静かなエンディングを迎える。A-3. SATISFIEDはミディアム・テンポのR&B。この曲もサティスファイドの掛け合いがゴスペルっぽさを感じる、ファンキーなナンバー。

ストリングス・アレンジも美しいB-1. WILD HONEYはモリソンが情感たっぷりに歌う壮大なソウル・ミュージック。同じくB-2. SPIRIT、もモリソン流ソウル・ミュージック。モリソンの瞬発力のある歌唱と、アイシャムのミュート・トランペットのソロが素晴らしい。B-3. WHEN HEART IS OPEN は、おそらくインプロビゼーションであろう、(ほとんどヒーリング・ミュージックのような瞬間もある)崇高な気高さ漂う、ポール・ウィンターらにも通じそうなスピリチュアル・チューン。

 

『Common One』LP Yahoo!ショッピング

『Common One』CD Yahoo! ショッピング

 

関連記事