Blogブログ

IAN DURY & THE BLOCKHEADS (イアン・デューリー)/ New Boots And Panties

NEW BOOTS AND PANTIES1977年9月30日にStiff Recordsから英国でリリースされたIanDuryのデビューアルバムである。隣にいる子供は彼の実の息子のバクスターくん。

イアン・デューリーは美術学校時代、友人たちとキルバーン&ザ・ハイローズを結成し、1st.アルバム『Wotabunch!』、2nd.アルバム『Handsome』リリース。過激なライブ・パフォーマンスで一部で話題になるも、商業的な成功は得られず、すぐに解散した。

インナー・スリーブの写真↑。イアン・デューリー、とてもオシャレ。

このアルバムは購入した時、画像のシングル盤も同梱されていた↑

1977年、デューリーが34歳のとき、チャズ・ジャンケル(ギター)チャーリー・チャールズ(ドラムス)ノーマン・ワット=ロイ(ベース)ジョニー・ターンブル(ギター)ミッキー・ギャラガー(キーボード)と共に、イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズとして活動を開始。ファンキーな楽曲とステージングが話題を呼び、スティッフ・レーベルから発表されたシングル『Sex & Drugs & Rock & Roll』が全英チャート2位、1st.アルバム『New Boots and Panties!!』が全英チャート5位となる大ヒットになった。このタイトルは、デュリーが古着を購入する習慣に由来しており、彼が新しく購入することを主張した唯一の服のアイテムを指しているのだとか。

アルバム中身は、冒頭から揺蕩うようなグルーブで聴かせるA-1ウェイク・アップ・アンド・メイク・ラブ・ウィズ・ミー」。ジーン・ヴィンセントへのリスペクトを歌うロックンロール、A-2「「スィート・ジーン・ヴィンセント」。一風変わったレゲエ・チューン、A-3、「マイ・オールド・マン」。本作中、1番キュート、軽快でメロディアスな2ビート・ナンバー、A-4、「ビリー・リッキー・ディッキー」。巧みな演奏で聴かせる、本当に演奏が上手いと思うファンク・チューン、B-2、「イフ・アイ・ワズ・ウィズ・ア・ウーマン」。パブ・バンドの面目躍如のロックンロール、B-4、「プラスティック・パトリシア」。アルバム・ラストのパンキッシュなグロージング・ナンバー、B-5、「ブラックメイル・マン」。

パブ・ロックの範疇で語られるバンドではあるが、ファンクあり、レゲエあり、アーリー・ロックンロールありと、音楽的にはとても多彩。こういうグルーブで聴かせるロックンロール・バンドは個人的には米のミンク・デヴィル、英のイアン・デューリーと思っている。彼らを称してヒューマン・ディスコと呼ばれるが、それも納得のエモーショナルなグルーブを生み出す稀有なグルーブなのだ。

1986年、故忌野清志郎氏がこのメンバーをバックにアルバムRAZOR SHARPをレコーディングし、そのままツアーも行っている。

イアン・デューリーは2000年3月、癌のため亡くなった。

New Boots And Panties Yahooショッピング

関連記事