Blogブログ

Lenny Kravitz/5(レニー・クラヴィッツ/5)

 

5』は、アメリカの歌手、レニー・クラヴィッツが1998年にリリースした、5枚目のアルバムである。

自信が殆どの楽器を演奏した衝撃の1st、ガンズのスラッシュ参加、クラッシック・ロックへのオマージュのような2nd、母国アメリカで初のトップ20入りを果たした3rd、ホーン・セクション、オーバー・ダブなしのストレートなR&R4th、そして本作である。

これまでのレニー作品との違いはレコーディング・ソフトによるコンピューター編集の導入である。リズム・トラックはサンプリング、ループ、打ち込みによってクラブ・ミュージックにも通じる洗練されたお洒落感が漂う曲もある。

とはいえ、これまで通り、自信が全ての楽器を演奏している曲も多く、上記のデジタル感はほんの一部といった感じだ。それよりも1番の違いは直球勝負的なロックンロールが鳴りを潜め、替わりに16ビートを基調としたファンク、ソウル・ナンバーが圧倒的多数ということだ。

中身の印象を書くと、いつもと変わらぬレニー節、エッジの立ったベースが効いた激しいファンクのオープニングチューン、A-1、「フライ」。打ち込みっぽい音だが、自信が叩く生ドラムのソウル・ナンバー、A-2、「スーパー・ソウル・ファイター」。ミュージック・ビデオも秀逸な切ないスロー・ナンバー、A-3、「アイ・ビロング・トゥー・ユー」。

B面に移ってハモンドとクラビネットが心地良い、B-1、「イフ・ユー・キャント・セイ・ノー」。奥行きを感じるパーカッション、ずっと流れていて欲しい感じのフェンダー・ローズが入る16ビート、B-2、「シンキング・オブ・ユー」。

C面に入り(2枚組のため)ファンキーなワウ・ペダルが耳に残る、C-2イッツ・ユア・ライフ」。アルバム中唯一バンド・スタイルで演奏したインスト・チューン、C-3、「ストレート・コールド・プレイヤー」。

D面に入りスペイシーなギターとアコギで聴かせるバラード、D-2、「キャン・ウイ・ファインド・ザ・リーズン」。ボーナス・トラックの、D-3、「アメリカン・ウーマン」と、D-4、「ウィズアウト・ユー

前述した通り、ファンク、ソウル・ナンバーが殆どであるにも関わらず、激しいビートあり、優しく切ないナンバーもありで、これまでのレニー・クラヴィッツ作品同様、存分に楽しめるアルバムとなっている。

Lenny Kravitz 5  タワーレコード・オンライン

Lenny Kravitz/5 Yahoo!ショッピング

関連記事