Blogブログ

STEVIE RAY VAUGHAN(スティービー・レイ・ヴォーン)/LIVE ALIVE(ライブ・アライブ)

1986年発売、早逝したギタリストの怒涛のライブ・アルバム。

ジャケット内側↑

スティービー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルは

スティービー・レイ・ヴォーン:ギター:ヴォーカル

トミー・シャノン:ベース

クリス・レイトン:ドラムス

のトリオ編成。

 

その歴史をざっくりと紹介すると、

1981年にこのメンバーに定着。

1982年、アルバム未発売にも関わらずモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。

1983デビット・ボウイのアルバムLet’s Danceにスティービーが参加。同年1stアルバムTexas Floodで衝撃的なデビュー。

19842ndアルバムCouldn’t Stand the Weather“発表。

19853rdアルバムSoul to Soul発表。このアルバムからキーボーディストのリース・ワイナンスが加入し4人体制になる。またこの年、最初で最後となる来日公演が実現している。

そして1986年に本作が発売される。

(僕が初めて購入したのは3rdアルバム、そこから1st2ndを聴いて、このライブ・アライブに辿り着いた)

19894th”In Stepはグラミー賞を受賞。

1990年、ヘリコプター事故により35歳という若さで亡くなる。

今や伝説のギタリストであり、逸話も数多い。僕も彼に関する書籍が出る度に購入し読み漁ったものです。

彼の魅力はなんといってもそのズ太い音色の華麗なギタープレイなのだけど、僕の記憶が正しければ、1弦が0.13のヘビーゲージ(かわりにチューニングは全弦半音下げ)。使用ギター、ストラトのトレモロユニットは特殊なセッティングによりスプリングがギッチギチで、ベンドするのに相当な力を要する固さ。ティアドロップ型のピックの尖っていない、丸い方でピッキングする。

チョーキングする時の形相。頭の上や、背中にギターを回してのトリッキーなプレイ。あのエリック・クラプトンが「僕が幼い頃に思い描いたギタリストそのもの」といった発言などなど、今となっては語り草の話が数限りなくある人なのです。

尚、本アルバムでは上記4人のメンバーに加えてスティービーの実兄ジミー・ヴォーン3曲、ギターで参加している。

Side ONE

1Say What

3rdアルバム“Soul to Soul”のノリノリのロッキン・インスト・オープニング・ナンバー。変則的なワウ・ギターの曲なのだけど、これはワウ・ペダル2台を繋げて、同時に踏み込むという荒技でプレイしている。リースの鍵盤もスティービーに負けず劣らずエモーショナルで素晴らしい。

2Ain’t Gone ‘N’ Give Up On Love

3rdアルバム“Soul to Soul”から。スティービー作のスロー・ブルース。ギターの音のツヤがなんともいえない魅力。

3Pride And Joy

1stアルバム“Texas Flood”からスティービー作のノリノリのシャッフル。トリオの演奏とはまた違って、4人での演奏もいい。ソロ前半はリースのピアノ、その後スティービー。

4Mary Had A Little Lamb

1stアルバム“Texas Flood”収録、バディ・ガイ作。バディ・ガイはコブラ〜チェス・レコード出身のギタリスト/ヴォーカリスト、スティービーのアイドルの1人。スティービーも彼には随分可愛がられていたようで、共演も果たしている。8ビートに16のノリを入れたスティービーのソロがむちゃくちゃカッコいい。

Side TWO

1Superstition

スティービー・ワンダー作の名曲でスタジオ・アルバム未収録の貴重なテイク。

2I’m Leaving You (Commit A Crime)

CBurnett作でこの曲もスタジオ・アルバム未収録。他のライブでも演っているのを見かけない貴重なテイク。1コード、シンプルなリフのナンバーでグイグイとクる。

3Cold Shot

2ndアルバム“Couldn’t Stand the Weather”

刺さるような音のギター・リフで始まるミディアム・チューン。2nd収録のモノも良いが、鍵盤が入ってカラフルになったこの曲もまた違った雰囲気で良い。

4Willie The Wimp

スタジオ・アルバム未収録、本作以外、では耳にすることがなく貴重なテイク。実兄ジミーがギターで参加している。

Side THREE

1Look At Little Sister

3rdアルバム“Soul to Soul”から。前半の3コーラスのギター・ソロはジミー。スティービーに比べると音が柔らかく控えめで堅実な演奏。

2Texas Flood

1stアルバム“Texas Flood”収録のスロー・ブルース。ギターもヴォーカルも入魂のスティービーの神懸かったプレイが楽しめる。

 

3Voodoo Chile (Slight Return)

2ndアルバム“Couldn’t Stand the Weather”  収録。スティービーのギター・ヒーローの1ジミ・ヘンドリクスのカバー。9分を越す熱演でギターの様々なリックが繰り出されて存分に楽しめる。

Side FOUR

1Love Struck Baby

1stアルバム“Texas Flood”収録のロッキン・チューン。実兄ジミーがギターで参加。ソロは2コーラス担当、その後4コーラスがスティービーのソロ。リースのキーボードも食い込んできて、かなり賑やかなソロになっている。楽しんで演奏しているのが伝わってくる。

2Change It

3rdアルバム“Soul to Soul”から。この曲にもジミーが参加、低音部を弾いている。バッキングもかなり兄に任せている。ソロはスティービーのみの3コーラス。エンディングのソロもスティービー。

3Life Without You

3rdアルバム“Soul to Soul”収録、アルバムラストを飾る感動的なR&B的ソウル・ミュージック。

3rdアルバムから本作にかけて、スティービーは過度のドラッグ、アルコール中毒により入院(たしかこの時、クラプトンは病院を訪ね激励していたはず)

100%クリーンになって見事復活。4thアルバム、名作“In Step”が生まれることになります。

LIVE ALIVE タワーレコード・オンライン

Live Alive Yahoo!ショッピング

関連記事