Blogブログ

Tom Waits/Foreign Affairs(異国の出来事)

『Foreign Affairs』

Foreign Affairs(異国の出来事)は1977年にリリースされたトム・ウェイツの5thアルバム。

TRACK LIST

Side 1   1.Cinn’s Waltz   2.Muriel   3.I Never Talk To Strangers    4.MEDLEY : Jack & Neal California Here I Come  5.A Sight For Sore Eyes

Side 2   1.Potter’s Field   2.Burma Shave  3.Barber Shop   4.Foreign Affairs

Musicians

Tom Waits-piano & vocal,   Jim Hughart-bass, Shelly Man-drums.  Jack Sheldon-trnmpet, Frank Vicari-tenor sax .Gene Cipriano-clarinet, Orchestra arranged & conducted by Bob Alciver

Production and  Sound by Bones Howe

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トム・ウェイツ

(Tom Waits、本名:Thomas Alan Waits、1949年12月7日生まれ)は、アメリカカリフォルニア出身のシンガーソングライター、俳優。

ヒストリー

1970年代初頭にロサンゼルスのクラブで歌うようになる。1971年、初のデモ・テープを制作。(この時の音源は、1990年代にコンピレーション・アルバム『Early Years Vol.1』(1991年)『同 Vol.2』(1993年)として世に出る)

〜アサイラム・レコード期〜

1972年、アサイラム・レコードと契約し、1973年にアルバム『Closing Time 』でデビュー。商業的には成功しなかったが、同作収録曲「オール55」をイーグルスがカヴァーして話題となった。1974年、ジャズ色を強めた2ndアルバム『The Heart Of Saturday Night』(ブログ)リリース。1975年、ライブ・アルバム『Nighthawks At The Diner』(ブログ)リリース。1976年、初のヨーロッパ・ツアーと3rdアルバム『Small Change』(ブログ)で初めて全米アルバム・チャートのトップ100にランク・イン(最高位89位)。1977年1月には初の日本ツアーを行う。同年4thアルバム『Foreign Affairs 異国の出来事』(ブログ)リリース。ベット・ミドラーとのデュエットを披露した。1978年3月には、二度目の日本公演を行う。同年5thアルバム『Blue Valentine 』リリース。また、映画『パラダイス・アレイ』で俳優デビューを果たす。1980年、ピアノよりもギターを全面に出した6thアルバム『Heartattack and Vine 」をリリース。この年、以後長きに渡ってトムの盟友となるベーシスト、グレッグ・コーエン、妻となるキャスリーン・ブレナン、映画監督のフランシス・フォード・コッポラらと出会う。1982年、トムが初めて音楽を担当した映画作品『One From The Heart』(監督:フランシス・フォード・コッポラ)公開。(トムは俳優としても端役で出演)クリスタル・ゲイルとの連名による同名のサウンド・トラック・アルバムはアカデミー編曲・歌曲賞にノミネートされた。

〜アイランド・レコード期〜

1983年、実験的な音作りの7thアルバム『Swordfishtrombones 』リリース。19858thアルバム『Rain Dogs』(ブログ)キース・リチャーズの参加が話題となった。(翌年ウェイツはストーンズのアルバム『Dirty Work』に参加した)1986年、初主演映画『Down  By Law』公開。19879thアルバム『Franks Wild Years』リリース。アルバムに伴うツアーの模様は録音・録画され、1988年、ライブ・アルバム『Big Time』及び同名ドキュメンタリー映画として発表された。1992年、再びリチャーズと共演した10thアルバム『Bone Machine』で、最優秀オルタナティヴ・レコード賞を受賞。1993年、トムが音楽を担当したミュージカル11thアルバム『The Black Rider リリース。

〜アンタイ・レコード期〜

1999年、アンタイ・レコードに移籍、12thアルバム『Mule Variations 』は初めて全米トップ40入りを果たし、ノルウェーなアルバム・チャートでは1位を獲得した。同作はグラミー賞のベスト・コンテンポラリー・フォーク・アルバム部門を受賞。2002年、13thアルバム『 Blood Money 14thアルバム『Alice (両方とも、トムとキャスリーンが関わったミュージカルの楽曲を再録音したもの)を同日にリリース。2004年、15thアルバム『Real Gone 』は、ピアノを一切使わないという新境地を見せた。2006年、アルバム未収録だった楽曲と新曲を合計54曲収録した3枚組CD16thアルバム Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards 』リリース。2009年ライブ・アルバム『Glitter and Doom Live』リリース。2011年、新録音のスタジオ・アルバムとしては7年振りの作品17thアルバム『Bad as Me リリース。久しぶりのキース・リチャーズの参加を得た同作でデビュー以来初の全米トップ10入りを果たし、ノルウェーでは自身にとって2度目のアルバム・チャート1位獲得を果たした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『Foreign Affairs』

ここまできっちり年一枚のペースで活動しているウェイツである。本物の飲んだくれには、こんな芸当(規則正しいリリースのこと)は出来るはずがない、との本人の弁には思わず笑ってしまう。このアルバムでは、これまでのレコーディング方法とは異なり、デモを何種類も用意して吟味した後、磨きをかけたバージョンを録音する、というやり方が取られた。この新しい楽曲からフイルム・ノワールを連想したプロデューサーのボーンズ・ハウはジャケットのアート・ワークもその路線で作った。シェリー・マン、フランク・ピカリ、ジム・ヒューアートが再び参加している。オーケストラ・アレンジはボブ・アルシヴァー。

この時ウェイツは27歳。音楽業界ではパンク旋風が本格的に吹き荒れ始める頃である。

A-1“Cinn’s Waltz”はウェイツのピアノ+ストリングスのオープニング・ナンバー。ラストに入ってくるトランペットが美しい。インスト・ナンバーがオープニングを飾るのはウェイツのアルバムでは初めての試みではなかろうか。いつも何かしら新しいことにチャレンジする、そういう姿勢がウェイツらしい。

A-2  “Muriel”は居なくなった恋人、ミュリエルを想う気持ちを切々と唄うジャジーなナンバー。ミュリエルとは実は葉巻の銘柄で、ここでは女性の名前とダブル・ミーニングで、切なくもコミカルに歌っている。

A-3  “.I Never Talk To Strangers “はバーで会った男と女の面白おかしい会話を、ベット・ミドラーを相手に仕上げたデュエット。ハモりもなかなか息があっている。余談だが、この頃ミドラーはかなりウェイツにお熱で、何度も頼んでやっと彼は自宅に入れてくれたらしい。ガスコンロはタバコに火を点ける時にだけ使用し、冷蔵庫の中には工具しか無かったとか。

A-4   “MEDLEY : Jack & Neal California Here I Come”。タイトルのジャックとニールはもちろんジャック・ケルアックとニール・キャサディのことで、ウェイツなりのビートニクへのオマージュといったところか。歌詞は結構キワどいワード満載で、ストーリー・テラーとしてのウェイツの面白さが遺憾なく発揮されている。

A-5 “A Sight For Sore Eyes”バーで再会した旧い友達に語りかけるノスタルジックな1曲。耳に残るメロディのウェイツのピアノとベースのみのシンプルな演奏。

B-1 .”.Potter’s Field”はノワールな雰囲気たっぷりのウッド・ベースとテナー・サックスをバックにストーリー・テラー、ウェイツの手腕が発揮された語りの曲。一杯おごってくれれば、俺が見た犯罪の一部始終を聞かせてやるぜ、という内容。見事な起承転結で生き生きとその顛末が語られていく。ミュージカル・ライクなオーケストラがややトゥー・マッチな感じもするが、新境地ともいえる。

B-2 “.Burma Shave”はジャジーなピアノ弾き語りのスローな歌。バーマ・シェイプとはシェービング・クリームのことで、ここでは暗喩的に行き着く地というような意味で歌われている。

B-3 “Barber Shop”は一転してリズミカルでアッパーなブギウギ・ナンバー。よく歌うパーカッションとベースだけをバックに、韻を踏んだ詞のウェイツのヴォーカルも心地良くスイングしている。

B-4  アルバム・ラストを飾るタイトル・チューン“Foreign Affairs”は、ウェイツのピアノ弾き語りに美しいアレンジのオーケストラが乗るバラード。

27歳の青年が作ったとは思えない作品である。ここから個人的には初期ウェイツの傑作と思っている『ブルー・ヴァレンタイン』に繋がっていく。

『Foreign Affairs(異国の出来事)』 タワーレコード・オンライン

『Foreign Affairs(異国の出来事)』 Yahoo!ショッピング

関連記事