Blogブログ

Tom Waits/The Heart Of Saturday Night

『The Heart Of Saturday』

The Heart Of Saturday(土曜日の夜)は1974年にリリースされたトム・ウェイツの2ndアルバム。

TRACK LIST

Side 1   1.New Coat Of Paint  2.San Diego Serenade   3.Semi Suite  4.Shiver Me Timbers    5.Diamonds On My Windshield   6.The Heart Of Saturday Night

Side 2   1.Fumblin’ With The Blues   2.Please Call Me , Baby   3.Depot, Depot   4.Drunk On The Moon   5.The Ghost Of  Saturday Night

Musicians

Tom Waits-piano  acoustic guitar vocal,  Mike Melvoin-piano(& orchestra arranged), Arthur Richards-electric guitar, Jim Hughart-uplight bass, Jim Gordon-drums percussion,  Bones howe-percussion, Oscar Brashear-trnmpet, Tom  Scott-tenor sax clarinet,

Production and  Sound by Bones Howe

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トム・ウェイツ

(Tom Waits、本名:Thomas Alan Waits、1949年12月7日生まれ)は、アメリカカリフォルニア出身のシンガーソングライター、俳優。

ヒストリー

1970年代初頭にロサンゼルスのクラブで歌うようになる。1971年、初のデモ・テープを制作。(この時の音源は、1990年代にコンピレーション・アルバム『Early Years Vol.1』(1991年)『同 Vol.2』(1993年)として世に出る)

〜アサイラム・レコード期〜

1972年、アサイラム・レコードと契約し、1973年にアルバム『Closing Time 』でデビュー。商業的には成功しなかったが、同作収録曲「オール55」をイーグルスがカヴァーして話題となった。1974年、ジャズ色を強めた2ndアルバム『The Heart Of Saturday Night』(ブログ)リリース。1975年、ライブ・アルバム『Nighthawks At The Diner』(ブログ)リリース。1976年、初のヨーロッパ・ツアーと3rdアルバム『Small Change』(ブログ)で初めて全米アルバム・チャートのトップ100にランク・イン(最高位89位)。1977年1月には初の日本ツアーを行う。同年4thアルバム『Foreign Affairs 異国の出来事』(ブログ)リリース。ベット・ミドラーとのデュエットを披露した。1978年3月には、二度目の日本公演を行う。同年5thアルバム『Blue Valentine 』リリース。また、映画『パラダイス・アレイ』で俳優デビューを果たす。1980年、ピアノよりもギターを全面に出した6thアルバム『Heartattack and Vine 」をリリース。この年、以後長きに渡ってトムの盟友となるベーシスト、グレッグ・コーエン、妻となるキャスリーン・ブレナン、映画監督のフランシス・フォード・コッポラらと出会う。1982年、トムが初めて音楽を担当した映画作品『One From The Heart』(監督:フランシス・フォード・コッポラ)公開。(トムは俳優としても端役で出演)クリスタル・ゲイルとの連名による同名のサウンド・トラック・アルバムはアカデミー編曲・歌曲賞にノミネートされた。

〜アイランド・レコード期〜

1983年、実験的な音作りの7thアルバム『Swordfishtrombones 』リリース。19858thアルバム『Rain Dogs』(ブログ)キース・リチャーズの参加が話題となった。(翌年ウェイツはストーンズのアルバム『Dirty Work』に参加した)1986年、初主演映画『Down  By Law』公開。19879thアルバム『Franks Wild Years』リリース。アルバムに伴うツアーの模様は録音・録画され、1988年、ライブ・アルバム『Big Time』及び同名ドキュメンタリー映画として発表された。1992年、再びリチャーズと共演した10thアルバム『Bone Machine』で、最優秀オルタナティヴ・レコード賞を受賞。1993年、トムが音楽を担当したミュージカル11thアルバム『The Black Rider リリース。

〜アンタイ・レコード期〜

1999年、アンタイ・レコードに移籍、12thアルバム『Mule Variations 』は初めて全米トップ40入りを果たし、ノルウェーなアルバム・チャートでは1位を獲得した。同作はグラミー賞のベスト・コンテンポラリー・フォーク・アルバム部門を受賞。2002年、13thアルバム『 Blood Money 14thアルバム『Alice (両方とも、トムとキャスリーンが関わったミュージカルの楽曲を再録音したもの)を同日にリリース。2004年、15thアルバム『Real Gone 』は、ピアノを一切使わないという新境地を見せた。2006年、アルバム未収録だった楽曲と新曲を合計54曲収録した3枚組CD16thアルバム Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards 』リリース。2009年ライブ・アルバム『Glitter and Doom Live』リリース。2011年、新録音のスタジオ・アルバムとしては7年振りの作品17thアルバム『Bad as Me リリース。久しぶりのキース・リチャーズの参加を得た同作でデビュー以来初の全米トップ10入りを果たし、ノルウェーでは自身にとって2度目のアルバム・チャート1位獲得を果たした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『The Heart Of Saturday』

1973年、1stアルバム『Closing Time』がリリースされた。ウェイツは同年4月と11月にアルバム・プロモーションの2度のツアーを行った。

1回目のツアー・メンバーはボブ・ウェッブ(ウッドベース)、リッチ・フェルプス(トランペット)、ジョン・ファンキー・フィンガース・フォーシャ(ギター)とウェイツを含む4人。1週間のリハーサルの後、主に東海岸の小さなナイトクラブを廻るツアーである。

2回目のツアーはフランク・ザッパ(ウェイツのマネージャーと同じであることが縁で)の前座として大学のキャンバス、公会堂を廻るツアー。この時はバンドではなく、前述したベースのウェッブとのデュオ。(この2回のツアーはどちらも赤字で終わったようだ)

こういった経緯を経て出来上がったのが本作である。プロデューサー、ボーンズ・ハウの手腕により、初期のウェイツが持つジャズのイメージが提示された。ウェイツの声はまだそこまでガラガラになっておらず、今と比べると随分ソフト。全11曲、丹念に作られたことが分かる、佳曲揃いの好盤である。

Side1 腰の座った、イキの合った演奏を聴かせるオープニング・ナンバー1.New Coat Of Paint』。2 San Diego Serenade』はしっとりとした聴かせる、沁みるスロー・ナンバー。3 .Semi Suite』は小粋なミュート・トランペットとブルージーなウェイツのピアノのスローなジャズ・チューン、4 Diamonds On My Windshield』はドラムレス、アコースティック・ギターとピアノの絡みが美しく、ヴォーカルのメロディラインと呼応するストリングスのアレンジも素晴らしい。ベースとドラムのみをバックにリズミカルに吠える、ウェイツ初のジャズ・ラップの5.Diamonds On My Windshield』。表題曲の6The Heart Of Saturday Night』ではアップライトベースのジャズっぽさとフット・ストンプの弾き語りプルーススタイルが見事に融合したシンプルこの上ない佳曲。アルバム中唯一ウェイツのアコースティック・ギターが聴ける曲である。

Side2、ノスタルジックなクラリネットとミュート・トランペットが秀逸な1.Fumblin’ With The Blues』。2.Please Call Me , Baby』はピアノ、ベース、ドラムの3ピースが基調となるシンプルな演奏にストリングスが乗るバラード。耳に残るキャッチーなリフと退廃的な雰囲気漂う気怠い3.Depot, Depot 』。4.Drunk On The Moon』は丁寧に切々とウェイツが歌う名曲。途中倍テンになって達者なミュージシャンによるジャジーでグルーヴィーなプレイが楽しめる。クロージング・ナンバー5.The Ghost Of  Saturday Night』はウェイツのピアノとベースのデュオ。その後のウェイツの特徴となるスポークン・ワードの原型とも言える演奏が聴ける。

ウェイツのヴォーカルが完全に確率されたとは言えないにしても、粒よりの名曲揃いのアルバムということで語ればアサイラム期でNo.1だと個人的には思っている。

本作のレコーディング後、再度ザッパと廻るツアーに出る。そして強力な2枚組ライブ『Nighthawks At The Diner』に続く。

『The Heart Of Saturday Night』 タワーレコード・オンライン

『The Heart Of Saturday Night』 Yahoo!ショッピング

関連記事