Blogブログ

THE ROLLING STONES/DIRTY WORK

1986年にリリースされたザ・ローリング・ストーンズの『DIRTY WORK』は全英全米共に4位の大ヒットを記録したアルバムである

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』(ブログ)

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)          

1972 『Exile On Main Street』(ブログ)

1973 『Goats Head Soup』(ブログ)

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)         

1986  『Dirty Work 』(ブログ)

2016 『Blue & Lonesome』(ブログ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『DIRTY WORK』

インナー・スリーブのイラストがポップで可愛い↑

TRACK LIST

SIDE-A :  1.ONE HIT  2.FIGHT  3. HARLEM SHUFFLE  4.HOLD BACK  5.TOO RUDE

SIDE-B  :  1.WINNING UGLY  2.BACK TO ZERO  3.DIRTY WORK  4.HAD IT WITH YOU  5.SLEEP TONIGHT

ジャガーがソロ活動と並行してのレコーディングということで、この時期リチャーズとの仲は最悪だったということなのだが、逆にそれが効を奏したのか、アグレッシブで熱いストーンズが楽しめる好盤である。

緊張感のあるアコースティック・ギターのイントロで始まるオープニング・ナンバーの 1.ONE HIT、には、ジミー・ペイジがエレキで参加。ロックンロールの、2.FIGHT は、激しいギターのカッティングがカッコ良い 。アメリカのソウル・デュオ ボブ&アールのカバーの、3. HARLEM SHUFFLE にはトム・ウェイツがコーラスで参加 。何かが憑依でもしたかのようなジャガーの声が凄まじい4.HOLD BACKハーフ・パイントのカバーの 5.TOO RUDE(元々のタイトルはWinsome)はリチャーズがヴォーカルのレゲエ・チューン。

キーボードの音がいかにも80年代て感じの1.WINNING UGLY は、ストーンズにしては珍しい曲調ではなかろうか。ジャガー/リチャーズのクレジットでちょっとビックリ。(因みに本作で”ジャガー/リチャーズ”の2人だけの名義はA-4.B-1.5の3曲のみで、このことからも、2人が上手くいっていなかったことが想像出来る)。2.BACK TO ZERO  、はファンク・チューン。3.DIRTY WORK と4.HAD IT WITH YOU  の2曲は、オーバー・ダブ控えめ、5人のピュアな演奏が楽しめる、ストレートなロックンロールに仕上がっている。特に4のワッツのドラムはリバーブ少なめで生音に近くとてもいい。クロージング・ナンバーはリチャーズが歌うクールなバラード、5.SLEEP TONIGHT。この後、クレジットにはないが隠しトラックで、亡くなったイアン・スチュのピアノのKey To The Highwayがほんの少し収録されていて泣かせる。

 

『Dirty Work』 タワーレコード・オンライン

『Dirty Work』 Yahoo!ショッピング

関連記事