Blogブログ

THE LIBERTINES/2nd リバティーンズ革命

『THE LIBERTINES』は2004年にリリースされたTHE LIBERTINESの2ndアルバムである。

Peter Doherty(ピーター・ドハーティ)

プロフィール

1979312日生まれ、英・ノーサンバーランド出身のミュージシャン。陸軍士官の父の影響で欧州各地の駐屯地で育つ。大学中退後はロンドンへ移り、ザ・リバティーンズを結成。2002年のデビュー・アルバムで一躍スターダムへのし上がり、商業的成功を収める。度重なるドラッグ中毒やスキャンダルによるトラブル・メーカーでもある。モデルや俳優、執筆活動など多岐に渡って才能を発揮。

〜THE LIBERTINES〜

Pete Doherty  :  ヴォーカル、ギター

Carl Barât  :  ヴォーカル、ギター

John Hassall  :  ベース

Gary Powell  :  ドラムス

ザ・リバティーンズはガレージ・ロック・リバイバル・ムーブメントにおけるバンドの1つ。バンドの中心人物、作詞・作曲を共同で行っていたカール・バラーとピート・ドハーティは当初は目立った成功を収められずにいたが、2000年代前半からしだいに注目を集め、2002年デビュー・アルバム『Up The Bracket(リバティーンズ宣言)をリリース。ついにはイギリスチャートでアルバム1位、シングル2位を獲得するバンドとなった。200412月にリリースされた2ndアルバム『The Libertines』ブログ(リバティーンズ革命)ではNME年間ベストアルバムで2位に選ばれた。

成功の一方で、バンド内部ではドハーティのドラッグ中毒を原因とするトラブルが絶えず、結果的にこれが2004年の解散につながった。

断続的に再結成〜フェス出演などを繰り返し20159月、3rdアルバム『Anthems for Doomed Youth』(ブログ)をリリース。

現在までに3枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『 THE LIBERTINES』

SIDE  A

1.CAN’T STAND ME NOW  2.LAST POST ON  THE BUGLE  3.DON’T BE SHY  4.THE MAN WHO WOULD BE KING  5.MUSIC WHEN THELIGHTS GO OUT  6.NARCISSIST   7.THE HA HA HAll

SIDE B

8.ARBEIT MACHT FREI  9.CAMPAIGN OF HATE
10.WHAT KATIE DID  11.TOMBLANDS  12.THE SAGA  13.ROAD TO RUIN   14.WHAT BECOME THE LIKELY LADS

まずはこのバンド、曲作りのセンスが抜群に良いことを挙げたい。Aメロに入る前のイントロ部分、意表をつくAメロ導入部、Bメロ、サビ、ブリッジやブレイクの組み立て方、展開の仕方など、言うことのないクオリティの高さである。

加えてメロディに合わせたテンション・コードの使い方なども卓越している。ただ、曲のクオリティに対して演奏能力が比例しているとは言えず、ある意味雑で荒々しく、そこがこのバンドの魅力の一つだと思う。

またフロント・マンの2人のヴォーカルが交互に頻繁に変わるのだけれども、ここまでマイクを奪い合うようにして歌うスタイルも最近のグループにはあまり見かけることがなく、新しく感じる。もしかしたら、自分が書いたリリック部分は自分が歌う、というようなやり方なのだろうか。もちろん、このハモり、ビートルズ的とはいえ、かなり荒削りである。こういったコーラス・ワークも、リハーサルが充分でない、出たとこ勝負的な雰囲気が合って、危うさ、不安定さがうかがえるのだけれども、そこがかえって魅力的に映る。

A面オープニング・ナンバーの、1.CAN’T STAND ME NOW、と、2.LAST POST ON  THE BUGLE  、は上記したバンドの良さが全て詰まったような2曲で、バンドの持ち味全開である。9thコードを多用しているミディアム・ナンバー、3.DON’T BE SHY、は激しくもタイトな演奏がブルージーに響く。美しく切ないバラード、 5.MUSIC WHEN THELIGHTS GO OUT  。痛快極まりないガレージ・チューン、6.NARCISSIST

B面 8.ARBEIT MACHT FREI 12.THE SAGA2曲は3分に満たないメロディアスでハイ・テンポなパンク・チューン。愛らしいキュートなバラード、ギターの下手さがサイコーな、10.WHAT KATIE DID 。クロージング・ナンバー、 14.WHAT BECOME THE LIKELY LAD S、はギター・ポップ風なロックンロール。曲後半隠しトラックなのか、クレジットはないが、2人のアコースティック・ギター弾き語りが聴ける。これが部屋で生録りしたかのようなプライベートな音で、そのギターの下手上手さもあいまってなんとも言えない妙味というのか、非常に聴かせるトラックに仕上がっている。

ガレージ、パンク・チューンとミディアム・テンポ、それからスローな歌と、バラエティに富んだ楽曲がバランスよく並べられていて飽きが来ない。カバー曲ばかり演奏していた頃の初期ビートルズの雰囲気も感じるカッコ良いアルバムである。

ここからバンドは3rdアルバムAnthems for Doomed Youth』リリースまで、11年を要することになる。

 

THE LIBERTINES タワーレコード・オンライン

THE LIBERTINES Yahoo!ショッピング

関連記事