Blogブログ

ECHO & THE BUNNYMEN / ECHO & THE BUNNYMEN

前作4th『OCEAN RAIN』から3年、満を辞してリリースされたセルフ・タイトルの5thアルバム『ECHO & THE BUNNYMEN

エコー&ザ・バニーメン

イアン・マッカロク  –  ヴォーカル、ギター

ブルージーで粘りがありエモーショナルな声、表現力。伸びのある太い声は時々ホーンのように聴こえたりする。公言する影響を受けたミュージシャン、アーティストはジム・モリソン、ヴェルヴェッツ、デビッド・ボウイ、レナード・コーエンなど。ロンドンよりもニューヨーク・パンク(テレヴィジョン、パティ・スミス他)からの影響が強いそうだ

ウィル・サージェント  –  ギター

リバーブなど空間系のエフェクターを巧みに操るギタリスト。フェンダー、グレッチ系の粒立ちの良いギターの音色と攻撃的なハイ・テンションのキレの良いカッティングが持ち味。現在もイアンと共に活動を続けている。

レス・パティスン  –  ベース

竹を割ったような正確なフレージング、ベースだけでも曲を引っ張れるような個性的かつ立体的なベース・リフが作れる職人。解散した後の復活1作目には参加したが、その後は家庭の事情により不参加(メンバーとの不和ではない)

ビート・デイ・フレイタス  –  ドラムス

メンバー募集により最後にバンドに加入したドラマー(ピート加入までバンドは生ドラムの代わりにドラムマシンを代用していた、ピートが加入した当初はマシンを使っていたバニーメンを支持する声もあったらしい)セルフタイトルの5作目ECHO & THE BUNNYMENを完成させた後、バイク事故により死亡。

ビートルズを産んだリヴァプール出身のバンドである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バンドのアルバム・ディスコグラフィー

1980 1st『CROCODILES』(ブログ) 全英17位。評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

1981 2nd 『Heaven Up Here』(ブログ) 全英10位、全米184位。イギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME紙の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。

1983 3rd『PORCUPINE』(ブログ)全英2位、全米137位。先行シングルの“The Cutter”がイギリストップ10に入り、満を持して発表されたアルバムは英チャート2位にまで上り詰める。

19844th 『OCEAN RAIN』(ブログ)全英4位、全米87位。“Killing Moon”“Silver”“Seven Seas”などのヒット曲が生み出された。また、同年4月には初来日も果たした。

1987 5th『Echo & the Bunnymen』ブログ全英4位、全米51位。

イアンは『Echo & the Bunnymen』を最後にソロアーティストに転身するため脱退。ドラムのピート・ディ・フレイタスが交通事故により他界する。

1990 6thReverberation』全英19位。

残されたメンバーのサージェントとパティスンは、リードシンガーとしてノエル・バークを、ドラマーとしてデイモン・リースを、キーボーディストとしてジェイク・ブロックマンを参加させ活動を継続。新体制で『Reverberation』をリリースしたが評論家には酷評され、マッカロクからも「Echo & the Bogusmen (偽者ども)」と揶揄される。商業的にも失敗に終わり、バンドは19935月に解散した。

1994年 二枚のソロアルバムを発表した後、マッカロクは新プロジェクトElectrafixionで再びサージェントと手を組み、セルフ・タイトルのアルバムをリリースするも単発で終わる。

1997 Evergreen』全英8位。マッカロクとサージェントはパティスンと一緒にエコー&ザ・バニーメンを再始動させた。(3人が集うのは5th以来10年ぶり)アルバムは批評家に熱狂的に支持され、シングル“Nothing Lasts Forever”はイギリスでトップ10に入った。

19998th What Are You Going to Do with Your Life? 』全英21位。パティスンが2度目の脱退(家庭の事情による脱退で、仲違いしたわけではない)をしたが、マッカロクとサージェントは新たにメンバーを加え活動を続ける。

2001 9thFlowers 全英56

2005 10thSiberia』全英83

200911th The Fountain 全英63

2014 12thMeteorites』全英37位、全米138

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ECHO & THE BUNNYMEN』

   Track List

A-1 THE GAME

A-2 OVER YOU

A-3 BEDBUGS AND BALLYHOO

A-4 ALL IN YOUR MIND

A-5 BOMBERS BAY

B-1 LIPS LIKE SUGAR

B-2 LOST AND FOUND

B-3 NEW DIRECTION

B-4 BLUE BLUE OCEAN

B-5 SATELLITE

 B-6 ALL MY LIFE

このアルバムがこれまでの作品と違うところ、まずはジャケットである。これまで自然の中で佇む遠景の写真ばかりだが、ここに来て4人のバスト・アップのしかもモノクロの写真である。(撮影は著名カメラマン、アントン・コービン)

また、タイトルもバンド名だけのシンプルなセルフ・タイトルである。このことから、自分たちのクリエイトしてきた作品に対する確たる自信と、ここからまた新しい1歩を踏み出そうといった気概を感じるのだがどうだろうか。

さて音の方はというと、これまでの彼らのカラーを踏襲しつつもサイケデリック色が若干後退したことと、張り詰めた緊張感がいくらか和らいだ代わりに、よりダイナミックでシンプルでストレートなロック・バンドになった、という印象である。

日本盤のライナーによると、「前作オーシャン・レインでは曲作りが中途半端なままにスタジオ入りしたことを反省している」と後にマッカロクは語っている。このことから、本作では入念な曲作りを行ったことがうかがえる。確かに本作収録曲は、それぞれ起承転結が明快で、キャッチーな楽曲が並んでいるように思う。また作りこめたことで一層ボトムが太くなった感がある。

アルバムで特に耳を引くのはA-3.BEDBUGS AND BALLYHOO」。フレイタスのブラッシュ・ワークが冴える16ビートのファンク・チューン。シンプルなギターと鍵盤の有機的な絡みが素晴らしい。それから、この曲でのキーボード(オルガン?)はマンザレクではないだろうか。そう、このアルバムには、あの伝説のバンド、ドアーズのオルガニスト、レイ・マンザレクが参加しているのだ。彼の参加でメンバーも大いに燃え、勇気をもらえたであろうことは容易に想像出来る。

そしてB-1.LIPS LIKE SUGAR」。サラッと聴き流すことも出来るのだけれども、よく耳を傾けてみてほしい。メロディの良さはさることながら、押しと引きの妙、非常に緻密に計算されたアレンジ、ダイナミズム、何度聴いても味わえる新しさ。このアルバムでのベスト・トラックであるとともに、これまでのバニーメンの中でも上位に位置付けたい名曲である。

ディスコグラフィーにも記載している通り、このアルバムリリース後にヴォーカルのマッカロクはグループを脱退、そしてドラムのフレイタスの死によりバンドは失速していく。

 

『Echo & the Bunnymen』Yahoo!ショッピング

関連記事