Blogブログ

MORPHINE(モーフィン)/CURE FOR PAIN

デビューアルバムから1年のインターバルを経てリリースされた2ndアルバム「CURE FOR PAIN

モーフィンMorphine)はニュー・イングランドで結成されたアメリカのロック・バンド。5枚のアルバムを発表した後の1999年に解散した。

メンバー

マーク・サンドマンヴォーカル、二弦スライド・ベース(1989–1999)酔っ払ったミュージシャンがビール瓶をスライドバー代わりにしてベースを弾いていたのを見て、自身もトライ。最初は1弦のみでプレイしていたがハーモニーを出せるように2弦に改良。ピックアップはプレシジョンをリヤとフロントにマウントした、こうしてマーク・サンドマンは自分のスタイルを確立した。

デイナ・コーリーバリトン、テナー・サックス(1989–1999)

ジェローム・デュプリードラムス、パーカッション(1989–1991, 1991–1993, 1998–1999)

ビル・コンウェイドラムス、パーカッション (1991, 1993–1999)

ヒストリー

1989年元Treat Her Rightのマーク・サンドマン(ボーカル、スライドベース)と、ボストンのローカル・バンドで活動していたデイナ・コーリー(サックス)、ジェローム・デュプリー(ドラム)によって結成される。結成当初、サンドマンは弦を1本のみ張ったベースをスライド・バーを用いて演奏していたが、後に弦をもう1本追加して独特の2弦スライドベースを編み出した。サンドマンのベースに、コーリーのバリトン・サックス、そしてドラムから構成される変則トリオは低音を主軸としたジャズ、ブルース寄りの独特のロックを展開。その音楽は“Low Rock”と形容された。

19921stアルバム『GOOD』(ブログ)を地元のインディーレーベルから発表。19932ndアルバム『Cure For Pain』(ブログ)カレッジラジオを中心に評判を呼んだ。リリース後はアメリカ、ヨーロッパ、日本をツアーして周る。

19953rdアルバム「Yes』、19974thアルバム『Like Swimming 』と続けてアルバムを発表。しかし、199973日、イタリア・パレストリーナでのライヴ中にマーク・サンドマンが心臓発作で倒れ、客死。突然の悲劇でフロントマンを失ったバンドはすぐに解散を発表した。

2000年には遺作となる5thアルバム『The Night』がリリースされ、残されたメンバー二人は“Orchestra Morphine”という9人編成のバンドを率いてアメリカ東海岸でトリビュート・コンサートを行った。また、2011年にはマーク・サンドマンの生涯を描いたドキュメンタリー映画『Cure for PainThe Mark Sandman Story』が公開された。

スタジオ・アルバム以外に以下のアルバムをリリースしている。

〜ライブ・アルバム〜

2000 「Bootleg Detroit

〜コンピレーション・アルバム〜

1997 『B-Sides and Otherwise

2003 『The Best of Morphine: 1992-1995

2004 『Sandbox: The Mark Sandman Box Set

2009 『At Your Service

ーーーーーーーーーーーーーーーー

CURE FOR PAIN

TRACK LIST

1.DAWNA  2.BUENA  3.I’M FREE NOW  4.ALL WRONG  5.CANDY  6. A HEAD WITH WINGS  7.IN SPITE OF ME  8.THURSDAY  9.CURE FOR PAIN  10.MARY WON’T YOU CALL MY NAME?  11.LET’S TAKE  A TRIP TOGETHER  12.SHEILA  13.MILES DAVIS’ FUNERAL  14.DOWN LOVE’S TRIBUTARIES

LOW ROCKを更に推し進めたモーフィンの2ndアルバム「CURE FOR PAIN』である。”レイモンド・チャンドラーの探偵小説のBGM”とも言われる彼らの、前作に引き続きムードたっぷりのアルバムである。

本作ではドラムスがジェローム・デュプリー からビリー・コンウェイに代わっている。(もっともコンウェイは前作のアルバム「GOOD」でも2曲で叩いている)サンドマン のスライド・ベースとコーリー のバリトン・サックスに合うように、コンウェイのドラムもバリトンにチューニングされているとのことだ。

重低音のサックスとベース、乾いたスネアの音が有機的に絡み付いた2.BUENA 。甘い声でサンドマンがメロウに歌う3.I’M FREE NOW 。ベースとサックスの見事なユニゾンが聴ける4.ALL WRONG  。マンドリン(?)が新鮮に響き、囁くようにサンドマンのが歌うメロディアスな7.IN SPITE OF ME。これぞ”モーフィン流ロックンロール”の8.THURSDAY。引き続きグルーヴィーでノリノリな10.MARY WON’T YOU CALL MY NAME? 。映画のBGMにそのまま使えそうな、アコースティック・ギターも入る、ノワールなムード全開のインスト・チューン13.MILES DAVIS’ FUNERAL  、他全14songs。

これからバンドは、この新作を引っ提げアメリカ本土、欧州、そして日本へのツアーに出発することになる。

 

『Good』 Yahoo!ショッピング

関連記事