Blogブログ

PRIMAL SCREAM/MAXIMUM ROCK’NROLL THE SINGLES vol.2

Maximum Rock ‘n’ Roll: The Singlesはプライマル・スクリーム35年に渡る活動を網羅したシングル・コレクションで、Volume.2は「Accelerator(2000)から「100% or NothingKill All Hippies(2016)までのシングル曲全14曲を発売順に収録した2枚組アナログ盤である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

プライマルスクリーム  

プライマル・スクリームは1982年にスコットランドのグラスゴーでボビー・ギレスピーとジム・ビーティによって結成されたロックバンドである。 プライマル・スクリームはその長きにわたる活動の中で、音楽性を多分に変化させてきており、アルバム毎にかなり趣向が変わるのが特徴である。

ヒストリー

1984年、バンドはクリエイション・レコーズと契約し、ビーティが作り出す12弦ギターの音色が特徴的な「オール・フォール・ダウン」、「クリスタル・クレッセント」というシングル2枚を発売した。(レビューには、しばしザ・バーズ、スモール・フェイセズなどが引き合いに出され )

1987年、ファーストアルバム『ソニック・フラワー・グルーブ』を発売。メディアの高い評価とは裏腹に商業的な成功は収められなかった。

1989年に発売されたセルフタイトルのセカンドアルバム『プライマル・スクリーム』は、ガレージ色の濃いアルバムとなった。アルバムはインディチャートでトップとなる。

1991年「ローデッド」を含むバンドの出世作『スクリーマデリカ』発売。アルバムは50万枚のヒットを飛ばした。

1994年、70年代中期のローリング・ストーンズを模倣したような内容の『ギブ・アウト・バット・ドント・ギブ・アップ』発売。

1997年「コワルスキー」を先行シングルに、『バニシング・ポイント』発売。ダブの影響が色濃い作風となった。『バニシング・ポイント』は1971年アメリカで公開されたロード・ムービーで公開から年月が経った当時でもカルト的な人気を持っていた。アルバムタイトルはこの映画から採られたもので、「コワルスキー」はこの映画の主人公の名前である。同曲中には映画の中から取られた台詞、音声がいくつもサンプリングされている。

同年10月にはエイドリアン・シャーウッドによるダブ・リミックス・アルバム『エコー・デック』発売。

0001月に発売された『XTRMNTR(エクスターミネーター)』はクリエイション・レコーズ最後のアルバムとなった。今までにない政治的姿勢を打ち出した攻撃的な歌詞が並んだ。売り上げはさほど伸びかったものの、多数のメディアから好意的なレビューを贈られた。

2002年「ミス・ルシファー」を先行シングルに『イーブル・ヒート』発売。前作の路線を継承しつつパンクっぽさは減った。

20066『ライオット・シティー・ブルース』(ブログ)発売。近作のエレクトロニクス路線から大きく転換したストレートなロックンロール・アルバムになった。

20087月、Bユニークレーベル移籍後第1弾となるアルバム『ビューティフル・フューチャー』発表。

2013年、イグニッション・レコードから5年ぶりのスタジオ・アルバム『モア・ライト』リリース。同アルバムではジェイソン・フォークナー(元ジェリーフィッシュ)大部分の曲でベースを弾いた。

2016年『カオスモシス』リリース。

2018年10月『ギブ・アウト・バット・ドント・ギブ・アップ:オリジナル・メンフィス・レコーディング』(ブログ)

リリース。                    

2019年『マキシマム・ロックンロール:ザ・シングルス vol.1』『マキシマム・ロックンロール:ザ・シングルス vol.2』リリース。

2021年『Riot City Blues Sessions』リリース。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー    

                                                                                                                                                            

インナースリーブが美麗フォト↑

このシングル・コレクションは2019年にリリースされた。発売順にシングル曲が収められていて、プライマルの作品の変遷が分かりやすく編集されている。

【収録曲】

[LP1]

A1. Accelerator

A2. Miss Lucifer

A3. Autobahn 66

A4. Some Velvet Morning

B1. Country Girl

B2. Dolls (Sweet Rock and Roll)

B3. Sometimes I Feel So Lonely

[LP2]

C1. Can’t Go Back

C2. UptownA3. 2013

D1. It’s Alright, It’s OK

D2. Goodbye Johnny

D3. Where the Light Gets In

D4. 100% or Nothing

ラウドでノイジーでキャッチーなA-1. Accelerator」。凶暴で、かつセクシーなレイブ・チューンA-2. Miss Lucifer」。クラフトワーク・チックなエレクトロ・ポップ、A-3. Autobahn 66」と、A-4. Some Velvet Morning」。一転してオーガニックなロックンロールのB-1. Country Girl」。スリージーなタイトルもそのまんまのB-2. Dolls 」。美しく荘厳なバラード、B-3. Sometimes I Feel So Lonely」。唯一無二のエレクトロ・パンクなC-1. Can’t Go Back」。ストリングス・アレンジが秀逸なC-2. Uptown」。ミレニアルの究極のロックンロールの形、サックスにシビれるC-3.2013」。ストーンズ風のアメリカ南部っぽさが楽しめる、D-1. It’s Alright, It’s OK」。サイケデリックな香りが濃厚に漂うメロディアスなナンバー、D-2. Goodbye Johnny」。女性とのツイン・ヴォーカルという新しい形のコマーシャルなナンバー、D-3. Where the Light Gets In」。エレクトロとモータウンの完璧な融合、D-4. 100% or Nothing」。全14曲。これほど振り幅の大きいバンドも少ないのではないだろうか。

最後に、ギレスピーがシングル・レコードについて語った言葉を一部抜粋する。

1985年のデビュー作オール・フォール・ダウンからというもの、僕たちはシングルを美的な選択肢ととらえてアプローチしてきた。ラジオからデヴィッド・ボウイのサフラジェット・シティT・レックスのメタル・グルーが流れてくる中で育ってきた。セックス・ピストルズの4枚のシングルは素晴らしかった。」

 

Maximum Rock ‘n’ Roll: The Singles Volume 2  タワーレコード・オンライン

Maximum Rock ‘n’ Roll: The Singles Volume 2 Yahoo!ショッピング

関連記事