Blogブログ

ECHO & THE BUNNYMEN / CROCODILES

Echo & The Bunnymen衝撃の1stアルバム。1980年リリース『CROCODILES』。

エコー&ザ・バニーメン

イアン・マッカロク  –  ヴォーカル、ギター

ブルージーで粘りがありエモーショナルな声、表現力。伸びのある太い声は時々ホーンのように聴こえたりする。公言する影響を受けたミュージシャン、アーティストはジム・モリソン、ヴェルヴェッツ、デビッド・ボウイ、レナード・コーエンなど。ロンドンよりもニューヨーク・パンク(テレヴィジョン、パティ・スミス他)からの影響が強いそうだ

ウィル・サージェント  –  ギター

リバーブなど空間系のエフェクターを巧みに操るギタリスト。フェンダー、グレッチ系の粒立ちの良いギターの音色と攻撃的なハイ・テンションのキレの良いカッティングが持ち味。現在もイアンと共に活動を続けている。

レス・パティスン  –  ベース

竹を割ったような正確なフレージング、ベースだけでも曲を引っ張れるような個性的かつ立体的なベース・リフが作れる職人。解散した後の復活1作目には参加したが、その後は家庭の事情により不参加(メンバーとの不和ではない)

ビート・デイ・フレイタス  –  ドラムス

メンバー募集により最後にバンドに加入したドラマー(ピート加入までバンドは生ドラムの代わりにドラムマシンを代用していた、ピートが加入した当初はマシンを使っていたバニーメンを支持する声もあったらしい)セルフタイトルの5作目ECHO & THE BUNNYMENを完成させた後、バイク事故により死亡。

ビートルズを産んだリヴァプール出身のバンドである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バンドのアルバム・ディスコグラフィー

1980 1st『CROCODILES』(ブログ) 全英17位。評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

1981 2nd『Heaven Up Here』(ブログ)全英10位、全米184位。イギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME紙の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。

1983 3rd『PORCUPINE』(ブログ)全英2位、全米137位。先行シングルの“The Cutter”がイギリストップ10に入り、満を持して発表されたアルバムは英チャート2位にまで上り詰める。

19844th 『OCEAN RAIN』(ブログ)全英4位、全米87位。“Killing Moon”“Silver”“Seven Seas”などのヒット曲が生み出された。また、同年4月には初来日も果たした。

1987 5th『Echo & the Bunnymen』ブログ全英4位、全米51位。

イアンは『Echo & the Bunnymen』を最後にソロアーティストに転身するため脱退。ドラムのピート・ディ・フレイタスが交通事故により他界する。

1990 6thReverberation』全英19位。

残されたメンバーのサージェントとパティスンは、リードシンガーとしてノエル・バークを、ドラマーとしてデイモン・リースを、キーボーディストとしてジェイク・ブロックマンを参加させ活動を継続。新体制で『Reverberation』をリリースしたが評論家には酷評され、マッカロクからも「Echo & the Bogusmen (偽者ども)」と揶揄される。商業的にも失敗に終わり、バンドは19935月に解散した。

1994年 二枚のソロアルバムを発表した後、マッカロクは新プロジェクトElectrafixionで再びサージェントと手を組み、セルフ・タイトルのアルバムをリリースするも単発で終わる。

1997 Evergreen』全英8位。マッカロクとサージェントはパティスンと一緒にエコー&ザ・バニーメンを再始動させた。(3人が集うのは5th以来10年ぶり)アルバムは批評家に熱狂的に支持され、シングル“Nothing Lasts Forever”はイギリスでトップ10に入った。

19998th What Are You Going to Do with Your Life? 』全英21位。パティスンが2度目の脱退(家庭の事情による脱退で、仲違いしたわけではない)をしたが、マッカロクとサージェントは新たにメンバーを加え活動を続ける。

2001 9thFlowers 全英56

2005 10thSiberia』全英83

200911th The Fountain 全英63

2014 12thMeteorites』全英37位、全米138

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『CROCODILES』

   Track List

A-1.GOING UP 2.STARS ARE STARS 3.PRIDE 4.MONKEYS 5.CROCODILES

B-1.RESCUE 2.VILLIER S TERRACE 3.PICTURES ON MY WALL 4.All THAT JAZZ 5.HAPPY DEATH MEN

このバンドの音を初めて聴いた時のことは忘れられない。ディレイやリバーブが深くかかったヴォーカルの音処理と、粘っこく時にはホーンのようにエモーショナルに響く声、正確で激しいカッティングのギター、竹を割ったようなジャストなタイム感を持ち、耳に残る印象的なフレーズを紡ぐベース、原始のリズムを想起させるドラム。静と動というかクールさとウォームさというのか、寡黙な中にある熱くほとばしる情熱がその音に刻まれている。

ヴォーカルのイアン・マッカロクのことを語る時によく引き合いに出されるのはジム・モリソンで、確かに声は憑依したかのように似ている瞬間がある、それから昔読んだ記事で覚えているのが、ジギー・スターダストの時のデビッド・ボウイにかなり入れ込んでいたこと(アラジン・セインで一気に冷めたとも語っていたと思う)、リズム・ギターの技術をルー・リードの「ウェイティング・フォー・ザ・マン」から学んだこと、など。

まだ機材を充実させる程の余裕はなかったのか、レコーディングにはそれぞれ1本ずつのエレキ・ギターと、たった1本のアコースティック・ギターしか使わない最小限で臨んだのだとか。

シンプルでシャープなギターの音色が印象的なオープニング・ナンバー、A-1「ゴーイング・アップ」。ライブでも頻繁に演奏される、A-2「スターズ・アー・スターズ」。ポスト・パンクの名に相応しいパンキッシュな表題曲、A-5「クロコダイルズ」。シングルでもリリースされた、A-6「レスキュー」。トニー・ウィルソン(ジョイ・ディビジョン/ファクトリー・レコードの指導者)が傑作と太鼓判を押した、A-7「ヴィリアーズ・テラス」。ヘビーなビートのリズム隊が魅力のA-9「オール・ザット・ジャズ」他全10曲。

アルバムはUKチャートの20位にランク・イン。そして批評家から絶賛される2ndアルバム『HEAVEN UP HERE(ヘブン・アップ・ヒア)をリリースする。

Crocodiles  タワーレコード・オンライン

Crocodiles  Yahoo!ショッピング

関連記事