Blogブログ

THE KILLS/MIDNIGHT BOON

ザ・キルズ (The Kills) は、ジェイミー・ヒンス(通称ホテル イギリス出身)とアリソン・モシャート(通称ヴィヴィ アメリカ出身)からなるデュオ/バンド。繊細なヴォーカルと攻撃的でローファイなギターが奏でるガレージ・ロック、パンク、ブルースをルーツとするサウンドでUKロックの盛行を支え、絶大な支持を得る。

いつも通り、ジャケット、インナーともにオシャレ。

ダウンロード・コード付き。インナー・フォト、ジャケットの画像までいつも手抜きなしのビジュアルで気分もアガるカッコよさ。↑

 

THE KILLS 2人の出会い

ディスカウントというバンドでイギリス公演中だったヴィヴィが泊まったホテル。そこにはたまたまホテルも滞在しており、彼の部屋から漏れ聴こえる音楽にヴィヴィが興味を持って近付いたことで、2人は運命的な出会いを果たす。意気投合した2人は、ヴィヴィがアメリカに帰国してからも大西洋をはさんでお互いの自作の音源のやり取りを続け、その後合流。2001年にデモテープ発表。

ディスコグラフィー

2002年、ドミノから『Black Rooster EP』でデビュー。

20033月、1stアルバム『Keep on your mean side』(ブログ)リリース。 

20052月、2ndアルバム『No Wow』(ブログ)リリース。

20083月、3rdアルバム『Midnight Boon』(ブログ)リリース

20114月、4thアルバム『Blood Pressures』ブログ)をリリース

20166月、5thアルバム  『Ash & Ice』(ブログ)リリース。

202012月、『Little Busters』(ブログ)(Bサイドとレア音源の全曲リマスター編集盤)リリース。

現在まで6枚のアルバムをリリースしている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回紹介するのは2008年リリースの3rdアルバム『MIDNIGHT BOON(ミッドナイト・ブーン)』である。

Track List

1.U.R.A. Fever

2.Cheap and Cheerful

3.Tape Song

4.Getting Down

5.Last Day of Magic

6.Hook and Line

SIDE B

1.Black Balloon

2.M.E.X.I.C.O

3.Sour Cherry

4.Alphabet Pony

5.What New York Used to Be

6.Goodnight Bad Mornin

これまで2枚のアルバムと大きく違うところはアルマーニ・トリプルエクスチェンジ(スパンク・ロック)をドラム・プログラミングに起用したこと。そのためリズムが以前にも増して多彩で、よりスタイリッシュに生まれ変わったグラマラスなローファイ・サウンドとなっている。

アンニュイでルーズなノリのA-1。ダンサブルでコマーシャルなポップ・ナンバーA-2。ツイン・ボーカルが聴かせる1曲、A-4。ハードなローファイサウンドのA-6。ヒット・シングルB-1,凝ったリズム・トラックのB-2,アコースティック・ギターとシンプルなピアノの美しいバラード、B-6がクロージング・ナンバーとなる。

Midnight Boom    タワーレコード・オンライン

Midnight Boom   Yahoo!ショッピング

 

関連記事