Blogブログ

BABY SHAMBLES/SHOTTER’S NATION

SHOTTER’S NATIONは2007年にリリースされたピート・ドハーティ率いるBABY SHAMBLESの2ndアルバムである。

Peter Doherty(ピーター・ドハーティ)

プロフィール

1979312日生まれ、英・ノーサンバーランド出身のミュージシャン。陸軍士官の父の影響で欧州各地の駐屯地で育つ。大学中退後はロンドンへ移り、ザ・リバティーンズを結成。2002年のデビュー・アルバムで一躍スターダムへのし上がり、商業的成功を収める。度重なるドラッグ中毒やスキャンダルによるトラブル・メーカーでもある。モデルや俳優、執筆活動など多岐に渡って才能を発揮。

1990年代後半にザ・リバティーンズという名のバンドを結成し、2002年にデビュー・アルバム『リバティーンズ宣言』をリリース、批評家筋から高く評価されて商業的にも成功し、カルト的とさえいえる支持を得た。ドハーティは、ここ数年のイギリスの音楽シーンに現われた最も有望なソングライターの1人としてファンや批評家からの賞賛を浴びた。200462ndアルバム 『リバティーンズ革命』(ブログ)リリース。活動初期からドハーティーには常に薬物依存によるトラブルがつきまとっていた。リバティーンズでの活動の終わり頃に結成したグループがベイビーシャンブルズである。

BABY SHAMBLESのメンバーは以下の通り

ピート・ドハーティ(ヴォーカル、ギター)

アダム・フィセク (ドラムス)

ドリュー・マコーネル (ベース)

ミック・フィットノール (ギター)

(ドラムのアダムとギターのミックは2ndアルバムから参加)

現在までに3枚のスタジオ・アルバムと1枚のライブ・アルバムをリリースしている。

 20051stアルバム『DOWN IN ALBION

20072ndアルバム『SHOTTER’S NATION

2008年ライブ・アルバム『OH! WHAT A LOVELY TOUR

20133rdアルバム『SEQUEL TO THE PREQUEL

 

2000年以降にデビューしたロック・バンドで、(マンドゥ・ディアオと並んで)僕がどハマりした数少ないグループの一つ、ベイビー・シャンブルズである。

今回紹介する2ndアルバムShotter’s Nationは1stアルバムとはギタリストとドラムスが代わり、1stアルバムよりも演奏が引き締まりタイトになっている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Shotter’s Nation

SIDE  A

1.Carry On Up The Morning
2.Delivery
3.You Talk
4.UnBiloTitled
5.Side Of The Road
6.Crumb Begging Baghead

SIDE B

7.Unstookie Titled
8.French Dog Blues
9.There She Goes
10.Baddies Boogie
11.Deft Left Hand
12.Lost Art Of Murder

プロデューサーはスティーブン・ストリート。(元クラッシュのミック・ジョーンズがプロデュースしていない初めてのドハーティの作品となった)。リバティーンズの頃からの印象だが、とにかくドハーティのソング・ライティングのセンスがズバ抜けている。それから本作から参加した骨太なアダムのドラムと、モッズ・ライクなミックの、タイトなジャキジャキのギターもこのバンドにベストマッチしていると思う。パンキッシュなナンバーから、横ノリでグルーヴィーな曲、スローバラードと変化に富んだ12曲が収められた。

笑ってしまうくらいコミカルで、なのにグッとくるイントロのギターでいきなり掴まれるA-1(これがまさしくドハーティのギターだ)。アルビオンの再来のような感動的なナンバーA-4。リバティーンズを彷彿とさせるパンク・チューンA-5。しっとり聴かせるB-1。ドハーティのヤンチャなヴォーカルが楽しいB-2。ライブではウッドベースやブラシを使っていてジャジーでオシャレな仕上がり、メンバー曰くルー・リードのワイルド・サイドを歩けの雰囲気を狙ったB-3。モータウンのリズムがイキなB-4。クロージング・ナンバーB-6はバート・ヤンシュが参加しており、これまでにない、深く心に沁みるアコースティックの演奏を聴かせてくれる。

Shotter’s Nation   タワーレコード・オンライン

Shotter’s Nation   Yahoo!ショッピング

関連記事