Blogブログ

ECHO & THE BUNNYMEN/OCEAN RAIN (エコー&ザ・バニーメン/オーシャン・レイン)

『OCEAN RAIN』ECHO & THE BUNNYMENの4th、1984年に発表されたアルバムである。

エコー&ザ・バニーメン

イアン・マッカロク  –  ヴォーカル、ギター

ブルージーで粘りがありエモーショナルな声、表現力。伸びのある太い声は時々ホーンのように聴こえたりする。公言する影響を受けたミュージシャン、アーティストはジム・モリソン、ヴェルヴェッツ、デビッド・ボウイ、レナード・コーエンなど。ロンドンよりもニューヨーク・パンク(テレヴィジョン、パティ・スミス他)からの影響が強いそうだ

ウィル・サージェント  –  ギター

リバーブなど空間系のエフェクターを巧みに操るギタリスト。フェンダー、グレッチ系の粒立ちの良いギターの音色と攻撃的なハイ・テンションのキレの良いカッティングが持ち味。現在もイアンと共に活動を続けている。

レス・パティスン  –  ベース

竹を割ったような正確なフレージング、ベースだけでも曲を引っ張れるような個性的かつ立体的なベース・リフが作れる職人。解散した後の復活1作目には参加したが、その後は家庭の事情により不参加(メンバーとの不和ではない)

ビート・デイ・フレイタス  –  ドラムス

メンバー募集により最後にバンドに加入したドラマー(ピート加入までバンドは生ドラムの代わりにドラムマシンを代用していた、ピートが加入した当初はマシンを使っていたバニーメンを支持する声もあったらしい)セルフタイトルの5作目ECHO & THE BUNNYMENを完成させた後、バイク事故により死亡。

ビートルズを産んだリヴァプール出身のバンドである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アルバム・ディスコグラフィー

1980 1st『CROCODILES』(ブログ) 全英17位。評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

1981 2nd『Heaven Up Here』(ブログ)全英10位、全米184位。イギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME紙の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。

1983 3rd『PORCUPINE』(ブログ) 全英2位、全米137位。先行シングルの“The Cutter”がイギリストップ10に入り、満を持して発表されたアルバムは英チャート2位にまで上り詰める。

19844th 『OCEAN RAIN』(ブログ) 全英4位、全米87位。“Killing Moon”“Silver”“Seven Seas”などのヒット曲が生み出された。また、同年4月には初来日も果たした。

1987 5th『Echo & the Bunnymen』ブログ全英4位、全米51位。

イアンは『Echo & the Bunnymen』を最後にソロアーティストに転身するため脱退。ドラムのピート・ディ・フレイタスの交通事故により他界する。

1990 6thReverberation』全英19位。

残されたメンバーのサージェントとパティスンは、リードシンガーとしてノエル・バークを、ドラマーとしてデイモン・リースを、キーボーディストとしてジェイク・ブロックマンを参加させ活動を継続。新体制で『Reverberation』をリリースしたが評論家には酷評され、マッカロクからも「Echo & the Bogusmen (偽者ども)」と揶揄される。商業的にも失敗に終わり、バンドは19935月に解散した。

1994年 二枚のソロアルバムを発表した後、マッカロックは新プロジェクトElectrafixionで再びサージェントと手を組み、セルフ・タイトルのアルバムをリリースするも単発で終わる。

1997 Evergreen』全英8位。マッカロクとサージェントはパティスンと一緒にエコー&ザ・バニーメンを再始動させた。(3人が集うのは5th以来10年ぶり)アルバムは批評家に熱狂的に支持され、シングル“Nothing Lasts Forever”はイギリスでトップ10に入った。

19998th What Are You Going to Do with Your Life? 』全英21位。パティスンが2度目の脱退(家庭の事情による脱退で、仲違いしたわけではない)をしたが、マッカロクとサージェントは新たにメンバーを加え活動を続ける。

2001 9thFlowers 全英56

2005 10thSiberia』全英83

200911th The Fountain 全英63

2014 12thMeteorites』全英37位、全米138

12作品。これが現在までのアルバム・リリース、バンドの経緯。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回紹介するのは4枚目のオリジナル・スタジオ・アルバムである。ジャケットをそのまま音にしたような、あまりにも清冽で美しいアルバム、ほとんどの批評家がバンドの最高傑作に位置付ける作品かと思う。

ーー『Ocean Rain』ーー

トラック・リスト

A-1″Silver”

A-2″Nocturnal Me”

A-3 “Crystal Days”

A-4″The Yo Yo Man”

A-5″Thorn of Crowns”

B-1 “The Killing Moon”

B-2″Seven Seas”

B-3″My Kingdom”

B-4 “Ocean Rain”

日本盤のライナーにこのようなイアンの言葉がある。「基本的に僕らは”いい曲は、必ずアコースティック・ギターで弾けるものだ”というコンセプトを持っている」。この言葉からも分かるように、スタジオワークに頼らず、シンプルに歌の良さを引き出すようなやり方で1曲1曲作られたのだと思う。これまでの演奏スタイルであるエレクトリックな音の厚みはいくらかスッキリした印象で、適度な隙間がある、ある意味アーシーな手触りの作品である。それから、ストリングスが大胆に導入されていることも大きなチャレンジの一つで、アルバムをよりヨーロッパ的な耽美な世界に連れ行くことに成功していると思う。

A-1はアコースティック・ギターのイントロに導かれダンサブルなリズムが心地良いオープニング・ナンバー。歌のバッキングとギターソロのバッキングでストリングスの入れ方をはっきりと変えているアレンジがニクい。A-2は、ストリングスとホーンのアレンジが素晴らしく、荘厳な1曲に仕上げられている。一転してリラックスして聴けるA-3はポップなナンバーで新境地を開いた感がある。イアンのリズム・ギターがカッコいいし、ウィルのギターリフは音色がマージー・ビートしている。ブラシを使っていると思われるドラムがドライブするグルービーなA-4、イアンのツイン・ボーカルも凝っていて凄みすら感じる。A面ラストを飾るA-5はオリエンタルなムードのトリッキーなリズムの曲。調性も無調っぽくフリーキーな演奏。なのに統制の取れた演奏は、唯一無比としかいいようがない。鬼気迫るイアンのボーカルも素晴らしい。

B-1、ミディアム・ナンバーのヒットシングル。ソロ部分のギターとベースの対位が何度聞いても感動してしまう。軽快なテンポのB-2もヒットシングル。この曲もA-3の流れか、レイドバックしたリバプールライクなギターリフ。(リッケンバッカーを使用しているのだろうか)。印象的なベースラインのB-3はイアンのユニゾンのツイン・ボーカルがクールな1曲。音のメリハリ、明暗、陰陽の対比が問答無用のカッコ良さ。B-4はブラシとウッド・ベースを使用しているのか、音があたたかい。アルバムラストを飾るに相応しい、全てを洗い流していくような美しいクロージング・ナンバー。イアンの渾身のボーカルがいつまでも耳に残る名曲。

通して聴くと整合感があり、コンセプト・アルバムのような感覚も覚える、溜息の出るような美しさ、あっという間の37分である。バニーメンは現在も活動を続けていて、今も良質な作品、ライブを展開している。

Ocean Rain タワーレコード・オンライン

Ocean Rain  Yahoo!ショッピング

関連記事