Blogブログ

FLESH FOR LULU(フレッシュ・フォー・ルル)/BIG FUN CITY

ビッグ・ファン・シティーは1985年リリース、フレッシュ・フォー・ルルの2ndアルバムである。フレッシュ・フォー・ルルはイギリスはロンドン、ブリクストンで結成されたロックバンドで、1982年から1992年にかけて活動した。

Nick Marsh(ボーカルとギター)とJames Mitchell(ドラム)がバンドを結成し、すぐにRocco Barker(元々はWasted Youth、ギターとボーカル)とGlen Bishop(ベース)が加入。ジョン・ピールのセッションが好評だった後、1983年にポリドールレコードと契約し、その後すぐにベーシストのグレンビショップがアンダーツーフラッグスに参加するため脱退、Kevin Millsが加入してラインナップが整う。

198312インチシングル”Roman Candle”、(同曲は音楽誌フールズ・メイトで絶賛された)、19846月セカンドシンル”Subterraneans”、同年8月サードシングル,Restless”、セルフタイトルの1stアルバム『 Fresh For Lulu』(ブログ)リリース。

1985年、バンドはHybrid Recordsと契約し、CraigLeonと共同で制作したミニLP Blue Sisters Swing をリリース。 2人の修道女がキスをしているというジャケット画像により、アルバムは米国とヨーロッパで発売禁止となる。その後、フレッシュ・フォー・ルルは、その年の後半にStatikRecordsから”BIG FUN CITY”をリリースした。

下の画像は85年12月アルバムからの3曲入りの1st.12インチシングルとしてリリースされた”Baby Hurricane“。B面2曲目はストゥージズ/アイ・フィール・オールライトの激シブカバー!!

ジャケット裏面はキュートなブリジット・バルドー!!!

アルバムの印象としては、(アメリカ進出を念頭に置いてのことだろうか)、凝った作りの曲や繊細で技術的な小手先のギミックはなりを潜め、悪く言えば大味な、良く言えばストレートでシンプルなロックンロール路線に舵を切った感がある。サイケデリックな印象も強かった空間系の音処理も、本作では随分スッキリとしていて、ダイレクトなその音を楽しめる。おかげで、2本のギターの絡みがよく聴こえる良質なギター・ロック・アルバムに仕上がっている。

アルバムの中身は     

SIDE A1,Baby Hurricane  2,Cat Burglar  3,Let Go  4,Vaguely Human  5,Rent Boy

SIDE B1,Golden Handshake Girl  2,In Your Smile  3,Blue   4,Landromat Kat  5,Just One Second

1はシングル・カットされたミディアム・テンポのオープニング・ナンバー。ジャングル・ビート風のドラムがイカした、2。フィード・バック・ギターがパンキッシュな、4

B面に変わって、ジャキジャキのギターとメロディがキャッチーな、2。全体的にソフトなタッチで親しみやすい雰囲気の、3。一転してハード・ドライビングなニック節が聴ける4。アルバム・ラストを飾る感動的なバラード、5

ルックス良し、曲良し、演奏良しで売れない要素が見当たらないのに、何故か知名度はあまり高くないフレッシュ・フォー・ルル。再評価されることを望むばかりだ。

ニック・マーシュは201565日にガンにより他界、享年53歳。

Big Fun City  Yahooショッピング

Big Fun City / Blue Sisters Swing [Explicit] Amazon

関連記事