Blogブログ

NEWYORK DOLLS(ニューヨーク・ドールズ)/TOO MUCH TOO SOON(悪徳のジャングル)

TOO MUCH TOO SOON(悪徳のジャングル)1974年にリリースされたニューヨーク・ドールズ2ndアルバムである。このブログでもたびたび紹介しているジョニー・サンダースのキャリアの原点となる、最初のバンドがニューヨーク・ドールズである。

ニューヨーク・ドールズのメンバーは、デヴィッド・ヨハンセン ボーカル、ハープ—ジョニー・サンダースギター、ボーカル—シルヴェイン・シルヴェインギター、ボーカル—アーサー・キラー・ケインベース—ジェリー・ノーラン ドラム、5人。

1971年ジョニー・サンダース、アーサー・ケイン、リック・リヴェッツ(ギター)、ビリー・マーシア(ドラム)が母体となるバンド“Actress”結成。後にニューヨーク・ドールズと改名。翌年、ギターのリックが脱退しシルヴェイン・シルヴェイン,、およびデヴィッド・ヨハンセンが加入。アルバム未発売であるにも関わらずロッド・スチュアートの前座として招聘され渡英した際、滞在先でドラムのビリーが死亡(ホテルの浴槽で溺死)。バンドには新たにジェリー・ノーランが加わわったことで、黄金期のラインナップとなり、ここからドールズの快進撃が始まる。

アルバムの内容は、2本のギターの絡みと女性のバック・コーラスが文句なしのカッコよさの、A-1、「バビロン」。エキゾチックなAメロ部分と転調してBメロのシャッフルが聴かせる、A-2、「ストランディッド・イン・ザ・ジャングル」。ジョニーのイカしたストレートなギター・ソロが楽しめるロッキン・チューン、A-3、「フー・アー・ザ・ミステリー・ガール」。切ないメロディーがグッとくるミディアム・バラッドR&BA-4、「ショウダウン」。A面ラスト、要所でデビッドのハープが炸裂する、A-5、「イッツ・トゥー・レイト」。

B面に入ってこれぞまさにドールズ!なロックンロール・ナンバー、B-1、「プッシン・ブーツ」。ドールズの2枚のアルバム中唯一、ジョニーがリード・ヴォーカルを取るキラー・チューン、B-2、「チャター・ボックス」。オリエンタルなフレーズと、ちょっとコミカルな雰囲気さえ漂よう軽快なシャッフル、B-3、「バッド・ディテクティブ」。プルースマン、サニー・ボーイ・ウィリアムソンの名曲カバー、シルヴェインのギターとデビッドのハープ・ソロが楽しめる快作、B-4、「ドント・スタート・ミー・トーキン」。アルバム・ラストのクロージング・ロッキン・チューン、B-5、「ヒューマン・ビーイング」。オープニングからラストまで熱い演奏が聴けるあっという間の全10曲である。

ほんの数年活動して2枚のアルバムを残しただけの、ニューヨークのあだ花ともいえる存在だったバンド、ストーンズへのアメリカからの回答などとも謳われたニューヨーク・ドールズ。残された未発表のスタジオやラジオ音源などがリリースされ続けていることから未だに根強い人気があることが分かる。

1stアルバムはトッド・ラングレン、2ndはシャドウ・モートンがプロデュース。ジョニー・サンダースとジェリー・ノーランは事あるごとに、この2枚のアルバムのプロデュース・ワークは最悪だったと語っているのは有名な話なのだが、果たしてどうだろうか。

Too Much Too Soon  タワーレコード・オンライン

Too Much Too Soon  Yahoo!ショッピング

関連記事