Blogブログ

Bob Dylan/Together Through Life(ボブ・ディラン/トゥゲザー・スルー・ライフ)

トゥゲザー・スルー・ライフ』は2009年リリース。ボブ・ディラン33作目のスタジオ・アルバム。アメリカ、イギリスでチャート首位となった大ヒット作である。ジャケット表裏ともにとても良い写真。

インナースリーブも丁寧な作り↑

アルバム制作までの経緯を書くと、最初にフランスの映画監督オリヴィエ・ダアンに自信の監督作の作曲を依頼されたことがきっかけである。レネー・ゼルウィガーとフォレスト・ウィテカー出演の映画『My Own Love song』、車いす生活となった元歌手とその友人がアメリカ南部へと車で向かうロード・ムーヴィーがそれである。

ここで、オリヴィエ・ダアン監督は10曲以上の書き下ろしをディランに依頼する。それに感激したディランはグレイトフル・デッドの歌詞を手掛けていたロバート・ハンターと共同で曲作りを開始。最初に出来た「ライフ・イズ・ハード」が本作を作り進めていく指標となった。

前述したように、楽曲のほとんどをグレイトフル・デッドの作詞家のロバート・ハンターと共作している。レコーディング参加メンバーは2008年のツアー・メンバーに加えトム・ペティ&ザ・ハートプレイカーズマイク・キャンベルがギターとマンドリンで、ロス・ロボスデビッド・イダルゴがアコーディオンとギターでディランを盛り立てている。

特筆すべきは「マイ・ワイフズ・ホーム・タウン」という曲がマディ・ウォーターズの「アイ・ジャスト・ワナ・メイク・ラヴ・トゥ・ユー」の元ネタということから、この曲にはウィリー・ディクソンの名前もクレジットされている。そこからも分かる通りこのアルバムはディープで芳醇なテキサス、テックス・メックス系の音楽、アメリカ南部を旅するロード・ムービー、かつてのチェスの名盤の数々を彷彿とさせる作品に仕上がっている。

プリミティブなガレージ感すら漂よう、A-1、「ビヨンド・ヒア・ライズ・ナッシン」、切ないマンドリンが印象に残る、A-2、「ライフ・イズ・ハード」。牧歌的なアコーディオンが郷愁を誘う、B-1、「イフ・ユー・エバー・ゴー・トゥー・ヒューストン」。リズムを刻むブラシとバンジョーが心地良いブルース・ナンバー、B-2、「フォーゲットフル・ハート」。C面に移り(本作は2枚組)ノリノリのシャッフル・チューン、C-1、「ジョリーン」。トラディショナルなフィドルが華を添える、C-2、「ディス・ドリーム・オブ・ユー」。ストレートなロッキン・ブルース、C-3、「シェイク・シェイク・ママ」。アルバム中1番メロディアスでウォームな印象の、D-1、「アイ・フィール・ア・チェンジ・カミン・オン」。アルバム・ラストを飾るジョン・リー・フッカーを彷彿させるワン・コードのブギー・ナンバー、D-2、「イッツ・オール・グッド」。

職人的な技術に裏打ちされた参加メンバー間の結束、大音量で聴くと、そのメンバーの立ち位置が見えるかのような錯覚を覚えるほどの臨場感を感じるアルバムである。

Together Through Life タワーレコード・オンライン

Together Through Life Yahoo!ショッピング

関連記事