Blogブログ

THE ROLLING STONES/BLUE & LONESOME(ブルー&ロンサム)

2016年に発売されたこのアルバムはストーンズ初となるカバー・アルバム。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ROLLING STONES : ローリング・ストーンズは、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、ミック・ジャガー、キース・リチャーズによって結成、その後間もなくビル・ワイマンとチャーリー・ワッツが参加した。

ーEARLY STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ブライアン・ジョーンズ(G 196269)

2017 『On Air 』(ブログ)

ーMIDDLE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ミック・テイラー(G  196974年脱退)          

1972 『Exile On Main Street』(ブログ)

1973 『Goats Head Soup』(ブログ)

ーLATE STONESー

ミック・ジャガー(Vo)、キース・リチャーズ(G)、チャーリー・ワッツ(Dr 19622021)、ビル・ワイマン(B 196293年脱退)、ロン・ウッド(G  1974)       

1986  『Dirty Work 』(ブログ)

2016 『Blue & Lonesome』(ブログ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

制作期間は約3日間(!)でオーバーダブも殆どされてないらしい。エリック・クラプトンが45年ぶりにストーンズのアルバムに参加しているのも話題になった。全編通してミックのヴォーカルとハープが全開、ギミック使わず荒々しい音のまま仕上げたような手触りがあり、そのプリミティブさが大変な魅力である。

 

1 ジャスト・ユア・フール 

オープニングはバディ・ジョンソン作の腰にクル、横ノリのブルース。

2 コミット・ア・クライム

ハウリン・ウルフ作の1コードのブルース。ロニーのギターが前に出てるがキースのギターも裏でかなり効いている。

3 ブルー・アンド・ロンサム

リトル・ウォルター作のタメの効いたスロー・ブルース。ロニーが頑張っている。

4 オール・オブ・ユア・ラヴ

ブルース・ギターの名手マジック・サム作のスロー・ブルース。何かが憑依しているようなミックの表現力が凄まじい。

5 アイ・ガッタ・ゴー

リトル・ウォルターの2ビートのロッキン・ブルース。ノリノリのミックのハープが素晴らしい!

6 エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング 

クラプトンの流れるようなスライド・ギターは見事としか言いようがない。

7 ライド・エム・オン・ダウン

エディ・テイラー作の横ノリのナンバー。ギターの音が目一杯振り切れてる感じで凄みがある。

8 ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー

リトル・ウォルター作の1コードのブルース。

9 フー・ドゥー・ブルース

オーティス・ヒックス、ジェリー・ウェストによるスロー・ブルース。

10 リトル・レイン

ストーンズが昔からよく取り上げているジミー・リード作。2本のズ太く温かいギターの絡みが妖艶で美しい。

11 ジャスト・ライク・アイ・トリート・ユー

ウィリー・ディクソンらしいロッキン・ブルースをストーンズはタイトな演奏でまとめている。

12 アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビ

ウィリー・ディクソン作。クラプトン参加。

初期のストーンズとはまた違う、熟成された荒々しさみたいなものを感じる傑作である。

Blue & Lonesome タワーレコード・オンライン

Blue & Lonesome Yahoo!ショッピング

関連記事