Blogブログ

ECHO & THE BUNNYMEN/PORCUPINE

1983年発売、ゴールドアルバムに認定されたエコー&ザ・バニーメンの3rdアルバム『PORCUPINE』

エコー&ザ・バニーメン

イアン・マッカロク  –  ヴォーカル、ギター

ブルージーで粘りがありエモーショナルな声、表現力。伸びのある太い声は時々ホーンのように聴こえたりする。公言する影響を受けたミュージシャン、アーティストはジム・モリソンヴェルヴェッツデビッド・ボウイレナード・コーエンなど。ロンドンよりもニューヨーク・パンク(テレヴィジョンパティ・スミス他)からの影響が強いそうだ

ウィル・サージェント  –  ギター

リバーブなど空間系のエフェクターを巧みに操るギタリスト。フェンダー、グレッチ系の粒立ちの良いギターの音色と攻撃的なハイ・テンションのキレの良いカッティングが持ち味。現在もイアンと共に活動を続けている。

レス・パティスン  –  ベース

竹を割ったような正確なフレージング、ベースだけでも曲を引っ張れるような個性的かつ立体的なベース・リフが作れる職人。解散した後の復活1作目には参加したが、その後は家庭の事情により不参加(メンバーとの不和ではない)

ビート・デイ・フレイタス  –  ドラムス

メンバー募集により最後にバンドに加入したドラマー(ピート加入までバンドは生ドラムの代わりにドラムマシンを代用していた、ピートが加入した当初はマシンを使っていたバニーメンを支持する声もあったらしい)セルフタイトルの5作目ECHO & THE BUNNYMENを完成させた後、バイク事故により死亡。

ビートルズを産んだリヴァプール出身のバンドである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

アルバム・ディスコグラフィー

1980 1st 『CROCODILES』(ブログ)17位。評論家の称賛を受け、イギリスでトップ20入りを果たす。

1981 2nd『Heaven Up Here』(ブログ)全英10位、全米184位。イギリスのアルバムチャートで10位に達し、NME紙の読者人気投票で年間ベスト・アルバムに選ばれた。

1983年 3rd 『PORCUPINE』(ブログ) 英2位、全米137位。先行シングルの“The Cutter”がイギリストップ10に入り、満を持して発表されたアルバムは英チャート2位にまで上り詰める。

19844th 『OCEAN RAIN』(ブログ) 全英4位、全米87位。“Killing Moon”“Silver”“Seven Seas”などのヒット曲が生み出された。また、同年4月には初来日も果たした。

1987 5th『Echo & the Bunnymen』ブログ全英4位、全米51位。

イアンは『Echo & the Bunnymen』を最後にソロアーティストに転身するため脱退。ドラムのピート・ディ・フレイタスが交通事故により他界する。

1990 6thReverberation』全英19位。

残されたメンバーのサージェントとパティスンは、リードシンガーとしてノエル・バークを、ドラマーとしてデイモン・リースを、キーボーディストとしてジェイク・ブロックマンを参加させ活動を継続。新体制で『Reverberation』をリリースしたが評論家には酷評され、マッカロクからも「Echo & the Bogusmen (偽者ども)」と揶揄される。商業的にも失敗に終わり、バンドは19935月に解散した。

1994年 二枚のソロアルバムを発表した後、マッカロクは新プロジェクトElectrafixionで再びサージェントと手を組み、セルフ・タイトルのアルバムをリリースするも単発で終わる。

1997 Evergreen』全英8位。マッカロクとサージェントはパティスンと一緒にエコー&ザ・バニーメンを再始動させた。(3人が集うのは5th以来10年ぶり)アルバムは批評家に熱狂的に支持され、シングル“Nothing Lasts Forever”はイギリスでトップ10に入った。

19998th What Are You Going to Do with Your Life? 』全英21位。パティスンが2度目の脱退(家庭の事情による脱退で、仲違いしたわけではない)をしたが、マッカロクとサージェントは新たにメンバーを加え活動を続ける。

2001 9thFlowers 全英56

2005 10thSiberia』全英83

200911th The Fountain 全英63

2014 12thMeteorites』全英37位、全米138

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イアン・カーティス(ジョイ・ディヴィジョンのヴォーカル)を失ったイギリスは、熱くプリミティブで、ダークさと叙情性を併せ持つ、こんなバンドを待ち望んでいたのだろう。1980年、衝撃的な1stCROCODILESでデビュー。

1981年、評論家に絶賛された2ndHEAVEN UP HEREを発表した後、満を辞して発売された傑作3rdアルバムが本作。

さて、このアルバムは彼らの作品の中でも1番アップ・テンポでコマーシャルで(内に向かうよりも)外に開かれた作品。今聴いても、エモーショナルな瑞々しさに溢れている傑作。1曲1曲キャラが立っていて、捨て曲なし、バニーメンを初めて聴く人にとっては1番入りやすい作品だと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

『PORCUPINE』

A-1 THE CUTTER

オリエンタルな摩訶不思議な音色のイントロから始まるダンサブルな曲。このアルバムから2枚目のシングルとしてリリースされた。この曲とA-2はライブでも頻繁にプレイされていた。

A-2 BACK OF LOVE

一気に沸点に達する激アツなエモーショナル・ナンバー。粘りつくようなイアンのヴォーカルが鬼気迫る雰囲気。アルバム発売前に最初のシングルとしてリリースされた。

A-3 MY WHITE DEVIL

一転してヒンヤリとした、アルバム・ジャケットにイメージがピッタリの曲。間奏にマリンバ(?)のソロが入り、また新境地を開いたといえる。

A-4 CLAY

ハイテンポなダンス・ナンバー。ウィルのリバーブの効いたアヴァンギャルドなギターがカッコいい。クールな演奏に熱いイアンのヴォーカル。こういう不思議な整合感の曲が多いのはバニーメンの一つの特徴といえる。

A-5 PORCUPINE

実験的な音を背後に散りばめたスローナンバー。ここでの呪術的なイアンのヴォーカルは、ジム・モリソンを彷彿とさせる。ストリングスが後半に入り、ドラマティックでアレンジも秀逸。

B-1 HEADS WILL ROLL

ブルージーなAメロとカラッとしたサビのメロディを併せ持つロック・チューン。オリエンタルなフレーズとウィルのギターのカッティングが攻撃的。

B-2 RIPENESS

ゴリゴリしたレスのベース・リフが印象的なナンバー。バッキングのコード・カッティングがハイ・ボルテージ。後半はイアンによるヴォーカルの掛け合いでエンディングを迎える。

B-3 HIGHER HELL

イアンのダブル・トラックのヴォーカルとウィルの弾くシンプルなギターのメロディが印象的なスローな曲。

B-4 GODS WILL BE GODS

レスの耳にこびりつくベース・リフと凝ったアレンジが冴え渡る。

B-5 IN BLUER SKIES

ハンドクラップとシーケンサー(?)のリズムをバックにした浮遊感漂う曲。因みにバニーメンはピートが加入するまではドラムマシンを使用していた。その頃の音源は「JOHN・PEEL・SESSIONS」で聴ける。

Porcupine  タワーレコード・オンライン

Porcupine   Yahoo!ショッピング

関連記事